スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『間宮兄弟』を見て

さてさて、「ジャニーズの歴史を変えた!“男”井ノ原快彦」報道が過熱する(←誇張あり)中、みなさま、いかがお過ごしでしょうか。



大丈夫、今日は普通の記事(笑)ですからご安心ください。



この映画も、人気が高くてなかなか借りられなかった(TSUTAYA DISCUSで、予約リストに入れていたものの、なかなか届かなかった)のですが、ようやく見ることができました。



間宮兄弟 スペシャル・エディション (初回限定生産)

間宮兄弟 スペシャル・エディション (初回限定生産)



これは、うむ、さすがに森田芳光監督だけあって、うまく、面白くできていました。



非の打ち所がないと言ったら大げさですが、特にあげつらうべき点も見当たらず、普通に楽しむことができました。



原作もよかったんだろうなあ。読んでないけど。



間宮兄弟

間宮兄弟

江國 香織



実は、監督が森田芳光ということで、少し警戒しながら見ました。



正直、個人的な好き嫌いで言えば、あまり得意な監督ではないので。



でも、この作品は大丈夫。鼻につくほどの嫌味みたいなものはほとんど感じませんでした。



どういう点が「あまり得意ではない」かというと、たぶん近親憎悪的なものだと思うのですが(笑)、この監督、そうとうひねくれた人だと思うのですよね。ひねってひねってひねって、出してくる。「どうだ。予想を裏切られただろう?」と、得々としている感じが透けて見える時がある。その、あざとさみたいなものが、鼻につく時があるわけです。



今回は、むしろ逆に、うまいな、と素直に称賛できたし、普通に面白く見ることができました。



さまざまな人間模様やそれぞれの心理が、わりとストレートに表現されていて、分かりやすかったですね。



兄弟を演じたのが佐々木蔵之介と塚地武雄(ドランクドラゴン)、というのも絶妙な配剤でした。



確か塚地さんはこの作品の演技で幾つか新人賞か何かを(いつもながら曖昧情報ですみません)取ったんですよね。



女の子(北川景子)に背後から抱きつかれて戸惑う場面など、デリケートな感情表現も正確で、なるほど、伊達に賞を取ったわけじゃないな、と納得しました。



ほのぼのとした、可愛らしい作品でした。



一点、「ああ、やっぱ森田芳光だ」って思ったところを挙げるなら、たとえばタイトル(映画の題名)の出し方ですかね。



最初、「普通なら、ここでタイトルだな。しかし、ここで出したら、いかにもだな」と思う場面があったのですが、そこでは出ず、ある程度、場面展開があって、こちら側がタイトルのことなんて忘れてしまった頃になって、出す。



「ホラ、忘れてたでしょ?」とでも言いたげ。「あ~、そう来たか!」という。



面白かったので、素直にお勧めです。



←ランキングに参加しています。クリックして頂けると励みになります♪

ブログランキング・にほんブログ村へ←もし気が向いたらこちらもクリックして頂けるとさらに励みになります♪

関連記事

だいぶ前になるのですが、TBを頂き、ありがとうございました。

ほんわかしてて、温かい映画でした。



話が変わりますが、イノッチの結婚、彼らしくていいですね。男らしいと思います。

彼のおおらかな所も好きです。

また、よろしくお願いします。

カオリさん、はじめまして。

コメントありがとうございます。

確かに、兄弟があれほど仲良しでほのぼの暮らしているって、それ自体がある種のファンタジーですよね。

不思議な物語でした。

現実離れしているのかもしれませんが、見ていてホッとするものがありますよね。

はじめまして。TBありがとうございます。

考えてみれば、「兄弟」というと和洋問わず仲が悪い話が多いような気がします。(古いところで言えばカインとアベルとか)。そういうところから観るとこのお話はどこか安心感がありました。姉妹もいいけど兄弟もいいもんだなと思えます。

くりこさん、こんばんは♪

「ありそうで無いような、理解できるようでできないような江國香織の世界」って、すごく言い得ている!!気がします。

それを映像化するのは難しいことですよね。

原作を読んでいないので明言はできませんが、あまり変な癖というか嫌味のない映像だったので、監督も、自分がこう表現したい、ということより、原作に寄り添うことを大事にしたのかもしれないですね。

江國香織には妹さんがいるんですか。

あんな(間宮兄弟のような)雰囲気の姉妹、いいですね。

現実にいても、兄と弟ほどは気持ち悪くなさそうかも。

すごく絶妙なバランスで作られている映画ですよね。

わたしも大好きです。

ありそうで無いような、理解できるようでできないような江國香織の世界が、とても忠実に映像化されたような気がします。



間宮兄弟の関係性が、江國香織とその妹との関係性にすごく近いなぁって思いながら見てました。

そんなこと思ってる人 あんまりいないかもしれないけど。







ジマちゃん、こんばんは♪

私も、いま予約リストに入れてるの、ほとんど届かなそうなやつばっかりなんですよね~。

で、結局、近所のレンタル屋さんで借りちゃったりして。

塚地さんは、「キサラギ」の時は普段のコントの延長みたいな印象だったのですが(それもおそらく監督に求められてのことなのでしょうが)、この作品では普通に実力派の役者という感じでした。

早く見られるといいですね~!

すみれさん、またまたこんばちわ!

すみれさんのお勧めとあらば、読まずばなるまい!!

他の方のレビューで、「原作より映画のほうがいい」と言っているものがあったので、「じゃあ、原作は読まなくていいかな」と思っていたのですが、やはり読んでみます。

やはり、映画は監督の持ち味が色濃く出ますから、原作はまた雰囲気が違いそうですね。

mottiさん、コメントありがとうございます。



そうそう、どこか現実離れしていて、ファンタジー的に楽しめますよね。

あんな兄弟がいたら、……もし現実にいたら不気味なのかもしれないけれど、作品の中では可愛かったです。



月18~20枚はすごいですね!

私は頑張ってもせいぜい月に、う~ん、なかなか10枚も行かないですね。

もしかしたらモトを取れていないのでは、という気もしますが、返却が楽なので、利用しています。

人気のある作品がなかなか借りられないのが玉にきずですけどね。

私も予約してるのにまだ借りれません(悲)

いいなぁ。塚地はとてもいい役者だと思ってるので、楽しみなんです。





こんばちわ♪



原作、超オススメです。

原作の方が、映画よりも、もっと素敵な世界ですよ。

TBありがとうございました♪

いい年になったらああいう兄弟はあり得ないだろうなあなんて見てましたが、そこがファンタジーです。

童貞くささがどこまで通用するのかが見どころでしたw



ところでツタヤディスカス僕もやってました。

今はお休み中なのですが来月あたり再開予定です。

借り放題コースで月18~20枚いきましたよ!
Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

間宮兄弟

この兄弟をみて和むのか、引くのか…。私は引きました…。というか、おしつけがましい感じがしたのです。「こういうのいいでしょ?でし...

『間宮兄弟』を観たぞ~!

『間宮兄弟』を観ました。ベストセラー作家 江國香織の同名小説を『家族ゲーム』『阿修羅のごとく』の森田芳光監督が映画化。いい歳して

映画のご紹介(148) 間宮兄弟

ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(148) 間宮兄弟-「間宮兄弟」に感じる、気持ちの悪さとうらやましさは、なにが根源だろう。こんな兄弟あり得ない。多くのブログで語られているこの映画に関する直截な感想だ

間宮兄弟 TV

「間宮兄弟」を観ました~♪年末?年始?にテレビ放映されてたのを彼女が録画して、DVDに焼いてくれたヤツです!最近、流行のダルダルの映画ですね!?兄弟で二人暮しをしている間宮明信(佐々木蔵之介)&徹信(ドランクドラゴンの塚地)。二人で贔屓のプロ野球

お鍋料理の情報です

ぽかぽかお鍋で心も体もぽっかぽかに!日本各地のお鍋料理を掲載致しております。ご参考までにどうぞ♪

間宮兄弟

公開日から1ヶ月以上たって、やっと見れました。会社帰りに見れる時間帯が、ずっとなかったんです。2週間前からは、1日1回の上映になったのですが、それが調度いい時間帯で、ラッキーでした。見た方の感想を聞いたら「ソーダ水のような映画だった」そうで・

間宮兄弟

江國香織原作。

『間宮兄弟』

感動度[:ハート:][:ハート:]        2006/05/13公開   (公式サイト) (公式ブログ)笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:][:ラッキー:]癒し度[:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:]満足度[:星:][:星:][:星:]【監督】

劇場『間宮兄弟』

監督&脚本:森田芳光 出演:佐々木蔵之介、塚地武雅、常盤貴子、沢尻エリカ、中島みゆき、戸田菜穂、高嶋政宏、他 面白かったです。面白度合いは、期待通りです。が、“大冒険の末ハッピーエンド”でないところが予想と違ってました。なんだか色々あったけど、結局今ま

映画「間宮兄弟」

私には兄弟はいません。でも確か妹たちはいたはずなんですが…(苦笑)

DVD『間宮兄弟』

間宮兄弟 スペシャル・エディション (初回限定生産)(2006/日本)ビール会社の商品開発研究員の兄・間宮明信と小学校校務員の弟・間宮徹信は、30歳を過ぎても仲良く同居生活を送っていた。兄弟は女性から恋愛の対象として見られることはなく、ありふれた日常にさ

間宮兄弟(06・日)

キャスティングの妙。兄役が佐々木蔵之介、弟役がドランクドラゴンの塚地、そして母親役に中島みゆき。原作もしっかりしてるんでしょうけれど、これで面白くないはずがない。たくさん笑わせてもらいました!似たもの同士の兄弟の同居生活。兄はビール工場

沢尻エリカ「スーパーモーニング」謝罪で号泣【動画】

沢尻エリカ「スーパーモーニング」謝罪で号泣【動画】

間宮兄弟

「間宮兄弟」 2006年 日★★★仲のいい兄弟で、羨ましい事^^30代になっても同居を続ける兄と弟の、ちょっと風変わりな生活とその日常の中で起こる小さな出来事を綴る。兄の明信(佐々木)は、身長182、体重70キロ・・・顔も悪くないが何

#102.間宮兄弟

「夏風邪は馬鹿が引く」との、昔の偉い人が言った言葉通り、夏風邪を引いているバカです。こんばんは。こないだ大阪に行った時の「0泊3日」(行きも帰りも夜行バス)が効いたらしい。その後も睡眠不足続いてしまったし。その割に、『ソドムの市』とか、頑張って見てしま

間宮兄弟

森田芳光監督毎日を真面目に暮している間宮兄弟。趣味のものに囲まれ、ビデオやTV視聴、食事も一緒にして、三十路を過ぎた今も仲がいい。ある日、その日常は保ちつつも、ちょっとだけ踏み出してみた。弟の勤務先の小学校の先生と、レンタルショップの店員という二

【劇場鑑賞58】間宮兄弟

『信じられないな。ここに女の人が来るなんて』『母さんが二人来ると思えばいいんだよ』『猫か犬の写真とか貼らなくていいのか?』食べる 飲む 働く集める 寝る 誘うふられるドキドキする遊ぶ 喜ぶ 脅される 怒るなぐさめる

間宮兄弟

2006年製作の日本映画。30代になっても同居を続ける仲のよい兄弟の日常を描いた江國香織の原作を、森田芳光監督が映画化。弟・徹信は恋人のいない兄のために、ふたりの女性を自宅に招きカレーパーティーを企画する。佐々木蔵之助と塚地武雅(ドランクドラゴン)共演作

間宮兄弟

佐々木蔵之介とドランクドラゴン塚地という、誰も考え付かないような組み合わせが主演を勤める映画。言ってしまえば実に典型的な日本映画だと思います。なんかこう、壮大なスペクタクルも無く、社会に訴えかけるものも無い、ただただマッタリと物語が進む感覚。でも

間宮兄弟

間宮兄弟 スペシャル・エディション (初回限定生産)監督:森田芳光出演:佐々木蔵之介、塚地武雅、常盤貴子、沢尻エリカ、北川景子、戸田菜穂...「だって間宮兄弟を見てごらんよ...

間宮兄弟:もてない男ライフの理想型?

★監督:森田芳光(2006年 日本作品) 京都シネマにて鑑賞。 公開初日は舞台挨拶(森田芳光&佐々木...

「間宮兄弟」

「間宮兄弟」ヤクルトホールで鑑賞AOIちゃんの当てた「ママが泣いた日」にするか私が当てた「間宮兄弟」にするかAOIちゃんに聞いたら「間宮兄弟」というのでこちらを鑑賞しました。原作が江国香織というのがなんとも魅力的、そしてこの兄弟アブナイと紙一重な

シネマ日記 間宮兄弟

平凡な毎日を’しあわせ’に過ごす方法は、マニアになること。この間宮兄弟のように。(映画ブロガーの皆さんは、既に’しあわせ’にお過ごしでしょうが)日々の生活の中に、楽

間宮兄弟

ボクたちは、いつも一緒。

間宮兄弟

小さな幸せがいっぱいだって間宮兄弟を見てごらんよ。いまだに一緒に遊んでるじゃん。2006年 日本こんな兄弟有り得ない!なんて思いながらも、ちょっと姉の顔を思い浮かべてみたり・・・兄弟・姉妹がいる人にはなんとなく、むず痒いような懐かしいような

間宮兄弟

  評価:★5点(満点10点) 2006年 119min 監督:森田芳光主演:佐々木蔵之介 塚地武雅 常盤貴子 沢尻エリカパーティの後は今日の反省会!ビールとコーヒー牛乳で乾杯だぁ~!  ↑人気ブログランキングに投票

『間宮兄弟』

間宮兄弟 スペシャル・エディション (初回限定生産)原作:江國香織 監督:森田芳光CAST:佐々木蔵之介、塚地武雄、常盤貴子、沢尻エリカ 他STORY:間宮明伸(佐々木蔵之介)と徹信(塚地武雄)は仲のいい兄弟。二人は一緒に暮らし、共に女性にモテずいつも

間宮兄弟/佐々木蔵之介、塚地武雄

小説のタイトルからしてとっても気になる作品だったんですが、主演が佐々木蔵之介さんにドランクドラゴンの塚地武雄さん。そしてヒロインには常盤貴子さん、沢尻エリカさん、戸田菜穂さんという豪華女優陣というこのキャスティングにはかなり胸躍らせてしまいました。だ

映画の歴史

映画の歴史に残る興行成績の高い日本の作品といえば、1位「千と千尋の神隠し」の300億円。2位「ハウル...

DVD「間宮兄弟」

監督:森田芳光、出演:佐々木蔵之介、塚地武雅、常盤貴子、沢尻エリカ「30代独身で二人暮らしの仲の良い間宮兄弟。きちんとした生き方・生活が好きなそんな二人が恋をした?」江國香織さんの原作が好きだったので、映画化され時とっても期待してました!でも何

間宮兄弟

40歳の童貞男と違うのは日本人の国民性みたいなもんか...。間宮兄弟 スペシャル・エディション (初回限定生産)posted with amazlet on 07.06.26角川エンタテインメント (2006/10/20)売り上げランキング

間宮兄弟

2006年/日本 監督/森田芳光「空気感の勝利」モテない仲の良すぎる兄弟物語。ストーリーとしてさしたる起伏があるわけでもないのに楽しめるのは何と言っても森田監督の作り出す空気感に尽きる。日常生活の何でもない、「出来事」と呼ぶことすらはばかれる小さなひ

★「間宮兄弟」佐々木蔵之介、塚地武雅、常盤貴子、沢尻エリカ、...

役者の顔ぶれと雰囲気だけで見せてる映画。最初からノレなくて引きまくってしまった。内容は、女のことでダラダラするばかり、ベタベタ仲良し兄弟に違和感アリアリだ。台詞も聞き取りにくいし字幕が欲しかった。キャラも薄く、洗練とは無縁な世界だった。興味の持てる人

間宮兄弟

予想はしてたのですが… なんだか、観る方によって、随分、評価が異なり、そういう意味でも興味深いなぁ、と感じてしまいました。オハナシは、30代でも、兄弟して仲よく暮らしてる2人。だけど、マニアックすぎる部分も災いしてか、モテないのが、唯一の泣きどこ

間宮兄弟

『間宮兄弟』公開:2006/05/13監督:森田芳光原作:江國香織 『間宮兄弟』(小学館刊)出演:佐々木蔵之介、塚地武雅、常盤貴子、沢尻エリカ、北川景子、戸田菜穂兄弟っていいなぁ~でも仲良過ぎじゃない? ←兄弟仲がいいのは良いことだ。じゃポチっとしてね♪

感想/間宮兄弟(試写)

江國香織のヒット小説の映画化。5月13日公開(20日だと思ってたぜ)『間宮兄弟』。森田芳光監督。原作が面白かったので映画も観てきたっス。出演は佐々木蔵之介、塚地(ドランクドラゴン)、常磐貴子、沢尻エリカ、北川景子、中島みゆき、戸田菜穂、佐藤隆太など。そ

映画『間宮兄弟』

ちょっぴりシュール、ちょっぴり切なく、ちょっぴり哀しい、けれど何度もふきだしてしまう可笑しさがある・・江國香織の同名小説が、ユーモラスに綴られる・・間宮明信(佐々木蔵之介)と間宮徹信(塚地武雅)、30代独身の兄弟が東京の下町で仲良く同居して

検索フォーム

RSSリンクの表示

ちょいハピのオススメ


比較幸福学の基本論点 (OR books)比較幸福学の基本論点 (OR books)
(2014/09/30)
黒川 白雲

商品詳細を見る

知的幸福整理学 (OR books)知的幸福整理学 (OR books)
(2014/09/23)
黒川 白雲

商品詳細を見る

実戦英語仕事学 (OR books)実戦英語仕事学 (OR books)
(2014/08/30)
木村 智重

商品詳細を見る

新しき大学とミッション経営 (OR books)新しき大学とミッション経営 (OR books)
(2014/06/27)
九鬼 一

商品詳細を見る

幸福の科学大学の目指すもの―ザ・フロンティア・スピリット (OR books)幸福の科学大学の目指すもの―ザ・フロンティア・スピリット (OR books)
(2014/06)
九鬼 一

商品詳細を見る

大学教育における信仰の役割 (OR books)大学教育における信仰の役割 (OR books)
(2014/06/30)
九鬼 一

商品詳細を見る

20代で身につけたい仕事で自信を持つための6つの力20代で身につけたい仕事で自信を持つための6つの力
(2014/05/08)
不明

商品詳細を見る

本多静六の努力論―人はなぜ働くのか (新・教養の大陸BOOKS 2)本多静六の努力論―人はなぜ働くのか (新・教養の大陸BOOKS 2)
(2014/02/14)
本多 静六

商品詳細を見る

2020年の日本と世界2020年の日本と世界
(2014/01/30)
山崎 秀夫

商品詳細を見る

幸福実現党、かく戦えり 革命いまだ成らず幸福実現党、かく戦えり 革命いまだ成らず
(2013/11/29)
幸福の科学第五編集局

商品詳細を見る

逆境をはねかえす不屈の生き方逆境をはねかえす不屈の生き方
(2013/11/21)
HSエディターズ・グループ

商品詳細を見る

反日日本人は修学旅行でつくられる反日日本人は修学旅行でつくられる
(2013/09/28)
森 虎雄

商品詳細を見る

加瀬英明のイスラム・ノート―はじめての中東入門加瀬英明のイスラム・ノート―はじめての中東入門
(2013/08/31)
加瀬 英明

商品詳細を見る

尖閣・沖縄が日本の領土である動かぬ証拠 (HRPブックレットシリーズ)尖閣・沖縄が日本の領土である動かぬ証拠 (HRPブックレットシリーズ)
(2013/03/19)
不明

商品詳細を見る

大富豪の条件 (新・教養の大陸BOOKS 1)大富豪の条件 (新・教養の大陸BOOKS 1)
(2013/05/16)
アンドリュー・カーネギー

商品詳細を見る

ストーリーで学ぶ仕事で悩まないための3つの心がけストーリーで学ぶ仕事で悩まないための3つの心がけ
(2013/04)
HSエディターズグループ

商品詳細を見る

神国日本の精神―真の宗教立国をめざして (OR books)神国日本の精神―真の宗教立国をめざして (OR books)
(2013/03)
大川 咲也加

商品詳細を見る

機嫌のいい子に育つママの口ぐせ機嫌のいい子に育つママの口ぐせ
(2013/03/01)
上田 隆

商品詳細を見る

大富豪になる方法 (新・教養の大陸シリーズ)大富豪になる方法 (新・教養の大陸シリーズ)
(2013/02/14)
安田 善次郎

商品詳細を見る

対日戦争を仕掛ける男 習近平の野望対日戦争を仕掛ける男 習近平の野望
(2012/12)
相馬 勝

商品詳細を見る

日本の国益―野蛮・中国に勝つための10の論点日本の国益―野蛮・中国に勝つための10の論点
(2012/12)
潮 匡人、河添 恵子 他

商品詳細を見る

革命いまだ成功せず―孫文伝革命いまだ成功せず―孫文伝
(2012/12/07)
黒須 義宏、チームIJINDEN 他

商品詳細を見る

実践・私の中国分析―「毛沢東」と「核」で読み解く国家戦略実践・私の中国分析―「毛沢東」と「核」で読み解く国家戦略
(2012/12)
平松 茂雄

商品詳細を見る

世界経済の覇権史―辺境ゆえに日本の世紀がやってくる世界経済の覇権史―辺境ゆえに日本の世紀がやってくる
(2012/12)
増田 悦佐

商品詳細を見る

映画「神秘の法」完全ガイド (OR books)映画「神秘の法」完全ガイド (OR books)
(2012/10)
「神秘の法」シナリオプロジェクト

商品詳細を見る

映画「神秘の法」が明かす近未来シナリオ―公式ガイドブック〈1〉 (OR books)映画「神秘の法」が明かす近未来シナリオ―公式ガイドブック〈1〉 (OR books)
(2012/08/29)
不明

商品詳細を見る

幸福感の強い人、弱い人―最新ポジティブ心理学の信念の科学幸福感の強い人、弱い人―最新ポジティブ心理学の信念の科学
(2012/07/26)
千田 要一

商品詳細を見る

中国――崩壊と暴走、3つのシナリオ中国――崩壊と暴走、3つのシナリオ
(2012/05/29)
石平(せき へい)

商品詳細を見る

放射能・原発、これだけ知れば怖くない!放射能・原発、これだけ知れば怖くない!
(2012/05/29)
高田 純

商品詳細を見る

なぜ、その商品がほしくなるのかなぜ、その商品がほしくなるのか
(2012/05/29)
平林 千春(ひらばやし ちはる)

商品詳細を見る

映画ファイナル・ジャッジメントの秘密に迫る―企画から製作秘話まで (OR books)映画ファイナル・ジャッジメントの秘密に迫る―企画から製作秘話まで (OR books)
(2012/04)
大川 宏洋

商品詳細を見る

雨宮経理課長の憂鬱雨宮経理課長の憂鬱
(2012/02)
麦生 郁

商品詳細を見る

日本政治の常識破壊日本政治の常識破壊
(2012/05/18)
ついき 秀学

商品詳細を見る

迫りくる!中国の侵略から沖縄を守れ! (HRPブックレットシリーズ VOL. 3)迫りくる!中国の侵略から沖縄を守れ! (HRPブックレットシリーズ VOL. 3)
(2012/05/12)
幸福実現党出版局

商品詳細を見る

増税亡国論 (HRPブックレットシリーズ)増税亡国論 (HRPブックレットシリーズ)
(2012/03/09)
不明

商品詳細を見る

しっかりわかる!幕末・維新(別冊ザ・リバティ)しっかりわかる!幕末・維新(別冊ザ・リバティ)
(2011/12/02)
不明

商品詳細を見る

ざっくりわかる!三国志 超入門(別冊ザ・リバティ)ざっくりわかる!三国志 超入門(別冊ザ・リバティ)
(2011/11/21)
不明

商品詳細を見る

偉人たちの告白偉人たちの告白
(2011/11/17)
HSエディターズ・グループ

商品詳細を見る

伝道師―仏教、キリスト教はいかにして世界宗教になったか伝道師―仏教、キリスト教はいかにして世界宗教になったか
(2011/11/17)
HSエディターズ・グループ

商品詳細を見る

これが真実(ホント)の放射能の話―「風評」にまどわされないで! (HRPブックレットシリーズ)これが真実(ホント)の放射能の話―「風評」にまどわされないで! (HRPブックレットシリーズ)
(2011/11/10)
放射能問題研究会

商品詳細を見る

別冊ザ・リバティ 2011年 10月号 [雑誌]別冊ザ・リバティ 2011年 10月号 [雑誌]
(2011/09/06)
不明

商品詳細を見る

日本経済再建宣言―幸福実現党の「新・所得倍増計画」でGDP世界一を目指せ!日本経済再建宣言―幸福実現党の「新・所得倍増計画」でGDP世界一を目指せ!
(2011/07/11)
ついき 秀学、中野 雄太 他

商品詳細を見る

狙われたシリウス狙われたシリウス
(2011/06)
山田 典宗

商品詳細を見る

元気出せ!ニッポン〈第1集〉日本を復興させる12人元気出せ!ニッポン〈第1集〉日本を復興させる12人
(2011/05)
「元気出せ!ニッポン」制作部

商品詳細を見る

P0244.jpgあなたの願いがかなうハッピー開運BOOK (Odein Mook 88)
(2011/05/25)
不明

商品詳細を見る

マンガ本当にあった宇宙人のヒミツマンガ本当にあった宇宙人のヒミツ
(2011/04/21)
不明

商品詳細を見る

あなたにも起きる奇跡のヒミツ (Odein Mook 83)あなたにも起きる奇跡のヒミツ (Odein Mook 83)
(2011/03/24)
不明

商品詳細を見る

マンガ30分でわかるあの世のヒミツ (Odein Mook 84)マンガ30分でわかるあの世のヒミツ (Odein Mook 84)
(2011/03/02)
不明

商品詳細を見る

高貴なる義務を果たせ―幸福の科学学園の未来創造教育高貴なる義務を果たせ―幸福の科学学園の未来創造教育
(2011/03/01)
幸福の科学学園

商品詳細を見る

ニュー・フロンティア戦略―「宇宙」と「海洋」を拓けば日本は甦るニュー・フロンティア戦略―「宇宙」と「海洋」を拓けば日本は甦る
(2011/01)
杉山 徹宗

商品詳細を見る

ワールドゲイナートレーディングカードゲームワールドゲイナートレーディングカードゲーム
(2010/12)
不明

商品詳細を見る

日本人だけが知らない宇宙人とUFOの秘密 (Odein Mook 82)日本人だけが知らない宇宙人とUFOの秘密 (Odein Mook 82)
(2010/12/02)
不明

商品詳細を見る

史上最強の都市国家ニッポン 逆・日本列島改造論史上最強の都市国家ニッポン 逆・日本列島改造論
(2010/12/01)
増田 悦佐、三橋 貴明 他

商品詳細を見る

未来はこうなる!―日本発ビッグプロジェクト未来はこうなる!―日本発ビッグプロジェクト
(2010/11/10)
山本 俊政

商品詳細を見る

がんの幸せな受け入れ方がんの幸せな受け入れ方
(2010/09/03)
朝日 俊彦

商品詳細を見る

クリエイティブパワークリエイティブパワー
(2010/06/07)
ドクター 中松

商品詳細を見る

国難に備えよ―日本の安全保障を問う!国難に備えよ―日本の安全保障を問う!
(2010/05/27)
矢内 筆勝饗庭 直道

商品詳細を見る

政治のしくみ超・入門政治のしくみ超・入門
(2010/04)
幸福実現党日本の未来について本気で考える

商品詳細を見る

君がそばにいても僕は君が恋しい君がそばにいても僕は君が恋しい
(2006/10)
リュ シファ

商品詳細を見る

スナフキンの午睡スナフキンの午睡
(2009/12)
麦生 郁

商品詳細を見る

フレンドリー・スノー―心に舞い降りた雪の物語フレンドリー・スノー―心に舞い降りた雪の物語
(2008/11/27)
M・スコット・ペック

商品詳細を見る

ちいさな木ちいさな木
(2006/10/28)
Towaシミズ ヒロ

商品詳細を見る

LINK(リンク) ―きずなLINK(リンク) ―きずな
(2006/11/17)
平田 芳久

商品詳細を見る

ボディ・ジャックボディ・ジャック
(2006/05)
光岡 史朗

商品詳細を見る

時のエリュシオン時のエリュシオン
(1997/03)
景山 民夫

商品詳細を見る

最善主義が道を拓く最善主義が道を拓く
(2009/11/18)
タル・ヘ゛ン・シャハー

商品詳細を見る

HAPPIER―幸福も成功も手にするシークレット・メソッド ハーバード大学人気No.1講義HAPPIER―幸福も成功も手にするシークレット・メソッド ハーバード大学人気No.1講義
(2007/12)
Tal Ben‐Shahar、

商品詳細を見る

いじめ栄えて国亡ぶ―教育再生の鍵はゼロトレランスにありいじめ栄えて国亡ぶ―教育再生の鍵はゼロトレランスにあり
(2009/12/08)
加藤 十八

商品詳細を見る

エマソンの「偉人伝」―天才たちの感化力で、人生が輝く。 (教養の大陸BOOKS)エマソンの「偉人伝」―天才たちの感化力で、人生が輝く。 (教養の大陸BOOKS)
(2009/10)
R.W.エマソン

商品詳細を見る

代表的日本人―日本の品格を高めた人たち (教養の大陸BOOKS)代表的日本人―日本の品格を高めた人たち (教養の大陸BOOKS)
(2009/10)
内村 鑑三

商品詳細を見る

自助論 西国立志編 上―努力は必ず報われる (教養の大陸BOOKS)自助論 西国立志編 上―努力は必ず報われる (教養の大陸BOOKS)
(2009/10/05)
サミュエル・スマイルズ/中村 正直

商品詳細を見る

自助論 西国立志編 下―努力は必ず報われる (教養の大陸BOOKS)自助論 西国立志編 下―努力は必ず報われる (教養の大陸BOOKS)
(2009/10/05)
サミュエル・スマイルズ/中村 正直

商品詳細を見る

学問のすすめ 他一篇―真の独立人になるために (教養の大陸BOOKS)学問のすすめ 他一篇―真の独立人になるために (教養の大陸BOOKS)
(2009/10)
福沢 諭吉

商品詳細を見る

「ありがとう」と言えてよかった。―介護と看取りの心を見つめて「ありがとう」と言えてよかった。―介護と看取りの心を見つめて
(2008/02)
荻田 千榮

商品詳細を見る

あなたがいてくれてよかった。―愛する人を看取るときあなたがいてくれてよかった。―愛する人を看取るとき
(2006/06)
荻田 千榮

商品詳細を見る

あなたの心を守りたい ―女性医師が現場でつかんだ心の危機管理術あなたの心を守りたい ―女性医師が現場でつかんだ心の危機管理術
(2006/10/28)
舘 有紀

商品詳細を見る

でも、生きていく。―「自殺」から立ち直った人たちでも、生きていく。―「自殺」から立ち直った人たち
(2006/05)
「ザリバティ」編集部

商品詳細を見る

未来を創るエジソン発想法未来を創るエジソン発想法
(2009/05/19)
浜田 和幸

商品詳細を見る

シークレットアドバイス-世界トップの企業家&CEOが明かした「私の働き方」シークレットアドバイス-世界トップの企業家&CEOが明かした「私の働き方」
(2008/09/03)
「フォーチュン」編集部

商品詳細を見る

伝説の再建人――倒産か再建か―瀕死の企業に挑むCEO のリーダーシップ伝説の再建人――倒産か再建か―瀕死の企業に挑むCEO のリーダーシップ
(2008/12/08)
スティーブ・ミラー

商品詳細を見る

荘子の心―自由に生きるヒント荘子の心―自由に生きるヒント
(2008/06/06)
于 丹

商品詳細を見る

ブログランキング

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2Blog Ranking

リンク

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご挨拶

※このブログは、2005年12月からhttp://choi-happy.jugem.jp/にて書いてきたものを、2009年4月初旬にこちらへ移植したものです。そのため、以前の記事は行間が広すぎるなど、見苦しい点もありますが、何とぞご了承ください。

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブックマーク

FC2カウンター

プロフィール

ちょいハピ

Author:ちょいハピ
【2010年12月30日更新】

久々にプロフィールを更新してみます。

ツイッターを始めてから、すっかり「自動まとめ記事」ばかりが中心になってしまいつつあるこのブログ。
それでも、本や映画の感想などをきちんと書きたい時などにはどうしても不可欠の、私にとって大切な場でもあります。

以下、簡単に自己紹介というか自らの特徴を述べてみます。

まず、人生最大の娯楽は「書店で本を眺める」ことと「映画館で映画を観る」こと。
また、連ドラフリークでもあります。

嵐ファン歴は、約6年半。
(つまり、こんなにブレイクする何年も前からファンだったのだ!ということをここで強調したいわけだったりして)

趣味は散歩、そして不審な挙動(汗)。

そのほか、語学も好きで、特に文字が大好き。
文字に対する愛情というか愛着というか偏愛?は、我ながらかなり強い。

とりあえずはこんな感じです。
ぼちぼちお付き合いいただけましたらたいへん幸いです。


【以下、旧バージョン(1)】

2008年12月18日現在、少し古くなっていたこのプロフィールを、久々に書き直してみます。

このブログを始めたのは、40歳になって間もないころでした。
人生80年時代とはいいつつ、40歳を過ぎると、いろいろな病気などで、けっこう突然な感じで亡くなる方も、少なくありません。
ですから、自分も40代に入った時、「これで少し落ち着けるかな」という安堵の気持ちと同時に、「いつ死んでも悔いのないようにしておこう」という覚悟みたいなものも持ちました。
そこで、「いつ死ぬか分からない中、たとえば今、急に死んだとして、何か自分に言い残したことはないだろうか?」と考えた時に、それを自分なりに探りながら書いてみたい、という思いが湧き、そんな動機から、このブログを始めてみたのです。

最初の記事の日付が2005年12月5日ですから、いつの間にか、もう3年も経っています。
相変わらず、大した内容は書けていないし、この3年でそんなに成長したという実感も、あまりないというのが正直なところ。
しかし、これはこれなりに、何らか意味のあるものでありたいし、そのために、何を書いていくべきなのか、日々、模索し続けています。
不惑を越えながらも、いまだ発展途上──。
このブログには、たぶんそんな私の等身大の姿が、浮き彫りにされているのかもしれません(と、ひとまず言い方だけはかっこよくキメてみましたが、その浮き彫りにされた等身大の姿が全然かっこよくないところが悲喜こもごも)。

ブログタイトルは、文字通り、「小さなことの中に喜びを見いだしていこう。与えられていないものに対して不満を抱くことよりも、与えられているものに対して感謝を抱いて生きていこう」といった意味合いが込められています。
実際に、そういった内容になっているかは何とも言いかねますが、少なくとも当初の志としては、書いている自分も、読んでくれた人も、少しだけ、よりハッピーになれたらいいな、という願いが根本にあります。

これからも、引き続きご愛読いただき、「ちょっぴりハッピー」な気持ちになっていただけたら幸いです。


【以下、旧バージョン(2)】
人生80年と言われる時代ですが、私も、一応80歳を目標にしています。
42歳の今、残り半分を切り、これからの後半生を、一日一日、大切に生きたいと願っています。
人生において、いちばん大切なことは何なのか。
その実現のために、今、そしてこれから、何をしなくてはならないのか。
それを模索しながら、少しずつでもいいから前進し続けたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。