スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/28のツイートまとめ

choihappier

内緒のお話。大阪にて前日準備中、「愛ちゃんと一緒に食べて」とK南さんがチョコレート1袋を差し入れてくれたのだが、そのままホテルに持って入り、夜中にすごく食べたくなって我慢できず一人で全部食べちゃったー!!!!!!! …とりあえず黙っとこう、と思っている…。
11-28 22:56

関連記事
スポンサーサイト

11/22のツイートまとめ

choihappier

宇都宮にて、公園で一人ランチなう。膝に載せた上着の上を歩く小さなクモ、可愛く愛おしい。ことほどさように世界は愛に満ちている。
11-22 12:36

関連記事

11/21のツイートまとめ

choihappier

さあ、明日は映画のエキストラ! …実は、場所が自宅の非常なる至近距離なのだ(汗)。徒歩10分、いや5分かなあ。いずれにせよ、ちょっと楽しみー♪
11-21 01:03

ありがとうございます。楽しんできます♪ RT @masayasutwit 楽しみですね!頑張って下さい。 RT @choihappier さあ、明日は映画のエキストラ! …実は、場所が自宅の非常なる至近距離なのだ(汗)。徒歩10分、いや5分かなあ。いずれにせよ、ちょっと楽しみー♪
11-21 13:25

ありがとうございます♪ そうなの、すぐ近くなんですよ~。びっくりです。この際、役者になったつもりで(笑)頑張ってきます♪ @michikirie 映画頑張って下さい^^どんな映画もエキストラなくして成り立ちませんよね☆御自宅が撮影場所から近いんですね "@choihappier:
11-21 13:29

大川真輝『受験の心構え』読了。線を引くところだらけの、充実の一冊だった。そして「あとがき」。まるで自分のために書かれたような。感動と共に読み終えた。
11-21 16:01

関連記事

11/20のツイートまとめ

choihappier

ある日の出来事。M宅さんが「のーぬーです」と言う、その手元にあったもの、それは……「布」。
11-20 01:19

え、やだ、来年のNHK朝ドラって、堀北真希ちゃんなんだ! 今知ったー。まずいな、観なきゃ。(はい、実は隠れファンです。なぜ隠れる必要があるのかは定かではない。)そんなわけで先日「白夜行」も観ちゃいましたぜ。非常に嫌なお話でしたが、主演の二人はよかった。
11-20 15:50

私には、長らく「志」を見失っていた時期があった。同時に、自分が何者であるかも、本来どうあるべきであるかも、何もかも分からなくなっていた。ただ、「ここから抜け出すにはどうしたらいいのか」、そればかりを考えていた。そこを抜けて半年、まだ自分を取り戻しきれずにいた頃、ある人の姿を見た。
11-20 16:03

その姿は、静かな尊さを、人知れず放っていた。その姿の中に、私は自分の本来あるべき姿を見た。そこから、私の人生は大きく展開した。今年を振り返って思うこと、それは、間違いなくこれまでの人生で最も幸福な一年であったということ。そのきっかけをつくってくれたその人に、感謝と尊敬と、祝福を。
11-20 16:09

でも、つくづく思うのです、「心の指針」ってまさに「仏の慈悲の結晶」だなと。ありがたいことです。本当に。
11-20 16:47

関連記事

11/19のツイートまとめ

choihappier

今日も、とても幸せでした、皆様、本当にありがとうございます。それから、前日準備の作業中、途中でめちゃめちゃ体調不良になり、ぐったりしていたところ、何度も声をかけ気遣ってくれた方、アメをくれた方、薬いろいろ持ってますけど要りますかと聞いてくれた方、テプラ貼りを手伝ってくれた方など…
11-19 02:06

一つ一つ思い返すにつけ、感謝で一杯です。もうちょっと健康管理に気をつけ、常にちゃんと役立てるようでありたい。明日は少し遅れて来てもいいと言われたけど、せっかくの楽しい現場に遅れて行くなんてもったいないので、普通に行くつもり。楽しみ♪ 楽しみ♪ …ちなみに、準備を終えて職場に戻り…
11-19 02:10

冷蔵庫に保管してあったペプシネックスを飲んだあたりから、急速に回復した気がする。この前も、ペプシネックスを飲んだら途端にすごく元気になった時があった。もしかしてコイツには薬効があるのではないかと真剣に思いつつある。…それにしても、本当にフォローし合い、プラスの言葉を投げかけ合い…
11-19 02:15

支え合う集団だ、私たちって。これってすごいことだよね。こんな素晴らしい人たちが現実に実在するなんて。夢のようだ。嘘のようだ。この人たちはたぶん天使なんだろう。その中にちゃっかりうっかり潜り込めている私、これぞ勿怪の幸いってやつですかな。この際ついでに天使の仲間入りを目指すべし…♪
11-19 02:24

…そんなことを言いながら、今朝はやっぱり寝坊。表面意識は6時37分に起きる予定だったのに、潜在意識は「遅れてもよい」という旨、しっかり認識していたようで、目覚ましを止めた記憶なく目覚めれば9時38分。少々申し訳なく。とはいえ、今日もとても幸福でした。皆様、ありがとうございました。
11-19 22:43

関連記事

11/17のツイートまとめ

choihappier

今日は、特に何があったというわけじゃないんだけど、改めて、今この部署にいられてホントにHAPPYだったなと思った。仕事面白いし、そう、めちゃめちゃ面白いし、何よりものすごく自由性が高い。やりたいことやれる。提案すれば、よい提案なら、誰もダメと言わない。夢のようだ。天国だ、ここは。
11-17 01:44

関連記事

11/14のツイートまとめ

choihappier

単なる自己実現だけでは無理です。その反対である、無我による全体の発展を目指さなくてはなりません。「心を空しゅうしながら全体の発展を目指していく」という気持ちを持たないと駄目なのです。(大川隆法『未来創造のマネジメント』第4章「発展する組織について」より)
11-14 21:25

わあああああ、冷蔵庫の中が空っぽだー!!!!!!!
11-14 22:06

ああ、やっぱりデビルマン、めちゃめちゃかっこいい! 大好き…♪(爆)(←嵐・櫻井翔出演の、今夜の「HEY!×3」を観て。一瞬映っただけだけど)やっぱ、あの体の青さ(笑)と、「元・悪魔という暗い過去」(笑×2)が、たまらんのだわー。うぅ、萌えるー♪♪♪
11-14 22:46

関連記事

佐々木常夫・監修『40代からやっておくべき50の習慣』

佐々木常夫さんの著書でこのテーマなら読みたいな、と思ってアマゾンで注文したところ、「著」じゃなくて「監修」でした。
(いや、ちゃんと「監修」って書いてあるので、単に私の見落としなんですが。)
ちょっとがっかり。

40代からやっておくべき50の習慣40代からやっておくべき50の習慣
(2011/09/08)
佐々木 常夫

商品詳細を見る


B5判の、いわゆるムック本ですね。

内容は、確かに納得できるもので、いずれも正しく素晴らしい項目ばかりが並んでいますが、しかし、普通と言えば言える。
この著者の本を一冊も読んだことがないとか、この種の本を一冊も読んだことがないとかいう人には、非常に参考になる部分が大きいかもしれないのですが、私にとっては、あえて読む必要があったか微妙な気もします。

ただ、実は内心、業務上の参考資料として読みたい、という下心(!?)もあったので、無駄というわけではなかったのですが。

……この方を狙っている編集者は、数多くいることでしょう。
オファーはひっきりなしで、そのほとんどは、「忙しい」という理由により断られるのでしょう。
そこを食い込んでいく、この著者の心を射止める企画、とは。
そんなことを、ついつい考えてしまう。
書籍編集者時代の癖がどうも抜けない。
5年ぐらいやっていたから。
異動してから、まだ1年ちょっと。今のほうが短いから、まだ。
でも、そういう見方も持って生きているということは、決してマイナスではないと思っている。
この見方を持っていることは、絶対、今の業務にも生かせる。
しかし、別に私が担当しなくてもいいので、この方の著書を、ぜひ出したいですね。

この方の本では、↓こちらもオススメしておきたいと思います。

そうか、君は課長になったのか。そうか、君は課長になったのか。
(2010/02/20)
佐々木 常夫

商品詳細を見る


↓いつもありがとうございます。何とぞクリックのほどよろしくお願い申し上げます。
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

つんく♂『一番になる人』感想

けっこう前から読みたくて、ずーっと積ん読状態だったのだが、ついに読んだ。

一番になる人一番になる人
(2008/08/05)
つんく♂

商品詳細を見る


期待していた以上に、内容のある本だった。
(著者は)しっかりした考えを持っている人なんだろうなあ、という漠然とした期待はあったけど、それ以上に、いわば「哲学」を持った人なんだな、と。

売れるモノをつくりたい、と思っている人はもちろん、ヒトとしてちゃんとした生き方をしたい、と思っている人なら誰でも、何らか参考になる一冊、なのではないかと思います。

ハッとした箇所を、自分用のメモの意味も兼ねて、引用します。

おそらくどの世界においても、「一番になる人」は世の中にプラスのエネルギーを、人間としての徳が上がるようなエネルギーを発信しているのではないか。そんなふうに思えてなりません。
自分という人間を生かしているエネルギーに思いをいたすことも、また、大切なことです。
いま、この時代に、生をうけたということは、いったい何を意味しているのか。
僕という人間を生み出したエネルギーは、僕に何を求めているのか。
この世に生まれてきたのは試練を経るためであると、いつのころからか、考えるようになりました。
エネルギー業者としてみずからの役割をきわめていくことが、一人ひとりの人間に課せられた試練であり、使命でもある。
逆にいえば、使命を果たしている人はみな、オンリーワンであり、一番ともいえるのです。
一番になれるかどうか。それはすなわち、それぞれに与えられた使命に気づき、その使命を十全に果たしているかどうかに、じつはかかっているのかもしれません。
(96ページより)


文中の「エネルギー業者」というのは著者の造語で、えーと、各人が何らかの仕事を通して、誰かにエネルギーを発信したり与えたり注いだりしている(たとえば接客業の人がお客様に対して、とか、お母さんが子供に対して、など)、という意味で、すべての人がある種の「エネルギー業者」だと言える、というような文脈の言葉。

私がハッとしたのは、「徳」という言葉。
まさかこの本の中で「徳」という言葉に出会うとは、思っていなかったので。

厳密には、この直前の箇所でも一度、出てきていて、そこが初出なので、ハッとしたのはそっちではあったのだが。
こんなくだり。

エネルギーの扱い方次第で、人間としての徳が上がることもあれば、下がることもある。それくらい、エネルギーを扱いには、注意が必要だと考えています。

真摯に、丁寧に人生を生きている人なんですね。

自らを天才ではなく凡人と自覚し、それゆえにこそ、天才と呼ばれる人のやり方を研究し尽くして、少しでもそこに近づこうと努力する、という行き方(←ここ、「生き方」の誤字じゃないです)は、とても正しいし、誰にとっても参考にできる。
ためになる一冊でした。
オススメ。

↓いつもありがとうございます。何とぞクリックのほどよろしくお願い申し上げます。
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

続きを読む

関連記事

theme : 読んだ本の紹介
genre : 本・雑誌

非凡な著者による、極めて凡庸な一冊(羽生善治『大局観』感想)

前に読んだ『決断力』は、わりとよかったという記憶があるのですが、こちらの一冊は、何だろう……読み終えて、「何だったんだろう」という気持ちが湧いています。

大局観  自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)大局観 自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)
(2011/02/10)
羽生 善治

商品詳細を見る


何か、奥深くて、「ああ、本当にそうだなあ。そういうことが大切だよなあ」とか、そんな感慨を抱ける本かもしれないと思って読んだんだけど、うーん、なんていうか、わりと普通のことの羅列だった。

この本は、何だろう、『決断力』が売れたから、またこの著者で出せば売れる、という主旨で企画されたものなのでしょうか?
うーん。
別に「大局観」について書かれた本でもなかったし。
羽生さんの雑感をまとめたような一冊でした。
それなりに立派な方だとは思いますが、考えていることは、意外と大したことないのかなあ、と思えてしまいました。
その意味で、著者として気の毒。
非凡な著者を得ながら、極めて凡庸な一冊が生まれてしまった。
本として、失敗作……のような気がします。
担当編集者に猛省を促したい。

↓いつもありがとうございます。何とぞクリックのほどよろしくお願い申し上げます。
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

続きを読む

関連記事

theme : 感想
genre : 本・雑誌

長谷部誠『心を整える。』感想

いい本でした。

心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣
(2011/03/17)
長谷部誠

商品詳細を見る


あまりにもベストセラーで、かつ、「今ごろになって読むのはちょっと遅いのでは」感もあり、また、「どうせ大した内容じゃないんじゃないか」的な先入観もあって、読むかどうか迷ったんだけど、やっぱり読んでみたかったので。

読んでみて、いや、繰り返しますが実にいい本でした。

結局、最大の主眼は「チーム力最大化の秘訣」的な部分かな。

具体的には、「組織の穴を埋める。」というくだりなど。
ドイツのチームに移籍して、自我の強いタイプの選手が多い中、「自分はそういう選手の後押しをする側に回ろう」と努めた(←全然、正確な引用ではないですが)、という箇所に、特に感銘を受けました。

一人ひとりが最高に輝くことによって、全体の成果をあげていく。そのために、一人ひとりの力を最大限に引き出していく。
組織のリーダーにもいろんなタイプがいると思うけど、やはり、そういうタイプのリーダーこそ最も尊敬に値するし、ドラッカー的でもある。

ハッとするようなフレーズが幾つも見つかる本でしたが、一カ所だけ引用します。

優勝の秘訣なんて分からないけれど、みんなが勝利のために何をできるかを考え、互いにリスペクトしあう集団になっていることが、少なくともタイトルを目指すうえでのスタートラインになると思う。(229~230ページより)

どんな組織にも、いちばん必要なこと。

私はサッカーについてはほとんど無知なので、試合運びの話などになると全く意味不明でしたが、そこは問題なく読めました。

あと、幼少時の思い出など、半自伝的な部分もよかったなあ。亡き祖父への思いとか。
そういう、ちょっとしたエピソードの織り込み方など、単調にならずに面白く読ませる力を持った、バランスのよい一冊だったという印象。
さすが幻冬舎、というところか。

若いけど、しっかり考えながらいい人生を歩んでいる人の言葉は、学びになりますね。
読んでいない方は、一読をお勧めします。

↓いつもありがとうございます。何とぞクリックのほどよろしくお願い申し上げます。
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

続きを読む

関連記事

theme : オススメの本
genre : 本・雑誌

11/05のツイートまとめ

choihappier

にのちゃんはさ、髪短いほうが絶対似合うよね! (などとつぶやいて、何となくゴメン相葉くん、的な気分…♪)
11-05 23:19

関連記事

11/04のツイートまとめ

choihappier

職場を舞台とした夢を見た。そこで明らかになった事実は、Y田・I川・N澤3氏が「天体観測ファン」であるということ。そしてY田は、自らの「瞋(じん=怒りの心)」についての反省の弁を述べ。そうこうするうち大地震が起き、ガラスの割れる音が聞こえ、フロア内は何かのウィルスに汚染されたー!!
11-04 11:42

やっぱ「禁断」なだけに、さすがに一線は越えないのかなー…。(ドラマ「蜜の味」に関する雑感)
11-04 11:50

関連記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

ちょいハピのオススメ


比較幸福学の基本論点 (OR books)比較幸福学の基本論点 (OR books)
(2014/09/30)
黒川 白雲

商品詳細を見る

知的幸福整理学 (OR books)知的幸福整理学 (OR books)
(2014/09/23)
黒川 白雲

商品詳細を見る

実戦英語仕事学 (OR books)実戦英語仕事学 (OR books)
(2014/08/30)
木村 智重

商品詳細を見る

新しき大学とミッション経営 (OR books)新しき大学とミッション経営 (OR books)
(2014/06/27)
九鬼 一

商品詳細を見る

幸福の科学大学の目指すもの―ザ・フロンティア・スピリット (OR books)幸福の科学大学の目指すもの―ザ・フロンティア・スピリット (OR books)
(2014/06)
九鬼 一

商品詳細を見る

大学教育における信仰の役割 (OR books)大学教育における信仰の役割 (OR books)
(2014/06/30)
九鬼 一

商品詳細を見る

20代で身につけたい仕事で自信を持つための6つの力20代で身につけたい仕事で自信を持つための6つの力
(2014/05/08)
不明

商品詳細を見る

本多静六の努力論―人はなぜ働くのか (新・教養の大陸BOOKS 2)本多静六の努力論―人はなぜ働くのか (新・教養の大陸BOOKS 2)
(2014/02/14)
本多 静六

商品詳細を見る

2020年の日本と世界2020年の日本と世界
(2014/01/30)
山崎 秀夫

商品詳細を見る

幸福実現党、かく戦えり 革命いまだ成らず幸福実現党、かく戦えり 革命いまだ成らず
(2013/11/29)
幸福の科学第五編集局

商品詳細を見る

逆境をはねかえす不屈の生き方逆境をはねかえす不屈の生き方
(2013/11/21)
HSエディターズ・グループ

商品詳細を見る

反日日本人は修学旅行でつくられる反日日本人は修学旅行でつくられる
(2013/09/28)
森 虎雄

商品詳細を見る

加瀬英明のイスラム・ノート―はじめての中東入門加瀬英明のイスラム・ノート―はじめての中東入門
(2013/08/31)
加瀬 英明

商品詳細を見る

尖閣・沖縄が日本の領土である動かぬ証拠 (HRPブックレットシリーズ)尖閣・沖縄が日本の領土である動かぬ証拠 (HRPブックレットシリーズ)
(2013/03/19)
不明

商品詳細を見る

大富豪の条件 (新・教養の大陸BOOKS 1)大富豪の条件 (新・教養の大陸BOOKS 1)
(2013/05/16)
アンドリュー・カーネギー

商品詳細を見る

ストーリーで学ぶ仕事で悩まないための3つの心がけストーリーで学ぶ仕事で悩まないための3つの心がけ
(2013/04)
HSエディターズグループ

商品詳細を見る

神国日本の精神―真の宗教立国をめざして (OR books)神国日本の精神―真の宗教立国をめざして (OR books)
(2013/03)
大川 咲也加

商品詳細を見る

機嫌のいい子に育つママの口ぐせ機嫌のいい子に育つママの口ぐせ
(2013/03/01)
上田 隆

商品詳細を見る

大富豪になる方法 (新・教養の大陸シリーズ)大富豪になる方法 (新・教養の大陸シリーズ)
(2013/02/14)
安田 善次郎

商品詳細を見る

対日戦争を仕掛ける男 習近平の野望対日戦争を仕掛ける男 習近平の野望
(2012/12)
相馬 勝

商品詳細を見る

日本の国益―野蛮・中国に勝つための10の論点日本の国益―野蛮・中国に勝つための10の論点
(2012/12)
潮 匡人、河添 恵子 他

商品詳細を見る

革命いまだ成功せず―孫文伝革命いまだ成功せず―孫文伝
(2012/12/07)
黒須 義宏、チームIJINDEN 他

商品詳細を見る

実践・私の中国分析―「毛沢東」と「核」で読み解く国家戦略実践・私の中国分析―「毛沢東」と「核」で読み解く国家戦略
(2012/12)
平松 茂雄

商品詳細を見る

世界経済の覇権史―辺境ゆえに日本の世紀がやってくる世界経済の覇権史―辺境ゆえに日本の世紀がやってくる
(2012/12)
増田 悦佐

商品詳細を見る

映画「神秘の法」完全ガイド (OR books)映画「神秘の法」完全ガイド (OR books)
(2012/10)
「神秘の法」シナリオプロジェクト

商品詳細を見る

映画「神秘の法」が明かす近未来シナリオ―公式ガイドブック〈1〉 (OR books)映画「神秘の法」が明かす近未来シナリオ―公式ガイドブック〈1〉 (OR books)
(2012/08/29)
不明

商品詳細を見る

幸福感の強い人、弱い人―最新ポジティブ心理学の信念の科学幸福感の強い人、弱い人―最新ポジティブ心理学の信念の科学
(2012/07/26)
千田 要一

商品詳細を見る

中国――崩壊と暴走、3つのシナリオ中国――崩壊と暴走、3つのシナリオ
(2012/05/29)
石平(せき へい)

商品詳細を見る

放射能・原発、これだけ知れば怖くない!放射能・原発、これだけ知れば怖くない!
(2012/05/29)
高田 純

商品詳細を見る

なぜ、その商品がほしくなるのかなぜ、その商品がほしくなるのか
(2012/05/29)
平林 千春(ひらばやし ちはる)

商品詳細を見る

映画ファイナル・ジャッジメントの秘密に迫る―企画から製作秘話まで (OR books)映画ファイナル・ジャッジメントの秘密に迫る―企画から製作秘話まで (OR books)
(2012/04)
大川 宏洋

商品詳細を見る

雨宮経理課長の憂鬱雨宮経理課長の憂鬱
(2012/02)
麦生 郁

商品詳細を見る

日本政治の常識破壊日本政治の常識破壊
(2012/05/18)
ついき 秀学

商品詳細を見る

迫りくる!中国の侵略から沖縄を守れ! (HRPブックレットシリーズ VOL. 3)迫りくる!中国の侵略から沖縄を守れ! (HRPブックレットシリーズ VOL. 3)
(2012/05/12)
幸福実現党出版局

商品詳細を見る

増税亡国論 (HRPブックレットシリーズ)増税亡国論 (HRPブックレットシリーズ)
(2012/03/09)
不明

商品詳細を見る

しっかりわかる!幕末・維新(別冊ザ・リバティ)しっかりわかる!幕末・維新(別冊ザ・リバティ)
(2011/12/02)
不明

商品詳細を見る

ざっくりわかる!三国志 超入門(別冊ザ・リバティ)ざっくりわかる!三国志 超入門(別冊ザ・リバティ)
(2011/11/21)
不明

商品詳細を見る

偉人たちの告白偉人たちの告白
(2011/11/17)
HSエディターズ・グループ

商品詳細を見る

伝道師―仏教、キリスト教はいかにして世界宗教になったか伝道師―仏教、キリスト教はいかにして世界宗教になったか
(2011/11/17)
HSエディターズ・グループ

商品詳細を見る

これが真実(ホント)の放射能の話―「風評」にまどわされないで! (HRPブックレットシリーズ)これが真実(ホント)の放射能の話―「風評」にまどわされないで! (HRPブックレットシリーズ)
(2011/11/10)
放射能問題研究会

商品詳細を見る

別冊ザ・リバティ 2011年 10月号 [雑誌]別冊ザ・リバティ 2011年 10月号 [雑誌]
(2011/09/06)
不明

商品詳細を見る

日本経済再建宣言―幸福実現党の「新・所得倍増計画」でGDP世界一を目指せ!日本経済再建宣言―幸福実現党の「新・所得倍増計画」でGDP世界一を目指せ!
(2011/07/11)
ついき 秀学、中野 雄太 他

商品詳細を見る

狙われたシリウス狙われたシリウス
(2011/06)
山田 典宗

商品詳細を見る

元気出せ!ニッポン〈第1集〉日本を復興させる12人元気出せ!ニッポン〈第1集〉日本を復興させる12人
(2011/05)
「元気出せ!ニッポン」制作部

商品詳細を見る

P0244.jpgあなたの願いがかなうハッピー開運BOOK (Odein Mook 88)
(2011/05/25)
不明

商品詳細を見る

マンガ本当にあった宇宙人のヒミツマンガ本当にあった宇宙人のヒミツ
(2011/04/21)
不明

商品詳細を見る

あなたにも起きる奇跡のヒミツ (Odein Mook 83)あなたにも起きる奇跡のヒミツ (Odein Mook 83)
(2011/03/24)
不明

商品詳細を見る

マンガ30分でわかるあの世のヒミツ (Odein Mook 84)マンガ30分でわかるあの世のヒミツ (Odein Mook 84)
(2011/03/02)
不明

商品詳細を見る

高貴なる義務を果たせ―幸福の科学学園の未来創造教育高貴なる義務を果たせ―幸福の科学学園の未来創造教育
(2011/03/01)
幸福の科学学園

商品詳細を見る

ニュー・フロンティア戦略―「宇宙」と「海洋」を拓けば日本は甦るニュー・フロンティア戦略―「宇宙」と「海洋」を拓けば日本は甦る
(2011/01)
杉山 徹宗

商品詳細を見る

ワールドゲイナートレーディングカードゲームワールドゲイナートレーディングカードゲーム
(2010/12)
不明

商品詳細を見る

日本人だけが知らない宇宙人とUFOの秘密 (Odein Mook 82)日本人だけが知らない宇宙人とUFOの秘密 (Odein Mook 82)
(2010/12/02)
不明

商品詳細を見る

史上最強の都市国家ニッポン 逆・日本列島改造論史上最強の都市国家ニッポン 逆・日本列島改造論
(2010/12/01)
増田 悦佐、三橋 貴明 他

商品詳細を見る

未来はこうなる!―日本発ビッグプロジェクト未来はこうなる!―日本発ビッグプロジェクト
(2010/11/10)
山本 俊政

商品詳細を見る

がんの幸せな受け入れ方がんの幸せな受け入れ方
(2010/09/03)
朝日 俊彦

商品詳細を見る

クリエイティブパワークリエイティブパワー
(2010/06/07)
ドクター 中松

商品詳細を見る

国難に備えよ―日本の安全保障を問う!国難に備えよ―日本の安全保障を問う!
(2010/05/27)
矢内 筆勝饗庭 直道

商品詳細を見る

政治のしくみ超・入門政治のしくみ超・入門
(2010/04)
幸福実現党日本の未来について本気で考える

商品詳細を見る

君がそばにいても僕は君が恋しい君がそばにいても僕は君が恋しい
(2006/10)
リュ シファ

商品詳細を見る

スナフキンの午睡スナフキンの午睡
(2009/12)
麦生 郁

商品詳細を見る

フレンドリー・スノー―心に舞い降りた雪の物語フレンドリー・スノー―心に舞い降りた雪の物語
(2008/11/27)
M・スコット・ペック

商品詳細を見る

ちいさな木ちいさな木
(2006/10/28)
Towaシミズ ヒロ

商品詳細を見る

LINK(リンク) ―きずなLINK(リンク) ―きずな
(2006/11/17)
平田 芳久

商品詳細を見る

ボディ・ジャックボディ・ジャック
(2006/05)
光岡 史朗

商品詳細を見る

時のエリュシオン時のエリュシオン
(1997/03)
景山 民夫

商品詳細を見る

最善主義が道を拓く最善主義が道を拓く
(2009/11/18)
タル・ヘ゛ン・シャハー

商品詳細を見る

HAPPIER―幸福も成功も手にするシークレット・メソッド ハーバード大学人気No.1講義HAPPIER―幸福も成功も手にするシークレット・メソッド ハーバード大学人気No.1講義
(2007/12)
Tal Ben‐Shahar、

商品詳細を見る

いじめ栄えて国亡ぶ―教育再生の鍵はゼロトレランスにありいじめ栄えて国亡ぶ―教育再生の鍵はゼロトレランスにあり
(2009/12/08)
加藤 十八

商品詳細を見る

エマソンの「偉人伝」―天才たちの感化力で、人生が輝く。 (教養の大陸BOOKS)エマソンの「偉人伝」―天才たちの感化力で、人生が輝く。 (教養の大陸BOOKS)
(2009/10)
R.W.エマソン

商品詳細を見る

代表的日本人―日本の品格を高めた人たち (教養の大陸BOOKS)代表的日本人―日本の品格を高めた人たち (教養の大陸BOOKS)
(2009/10)
内村 鑑三

商品詳細を見る

自助論 西国立志編 上―努力は必ず報われる (教養の大陸BOOKS)自助論 西国立志編 上―努力は必ず報われる (教養の大陸BOOKS)
(2009/10/05)
サミュエル・スマイルズ/中村 正直

商品詳細を見る

自助論 西国立志編 下―努力は必ず報われる (教養の大陸BOOKS)自助論 西国立志編 下―努力は必ず報われる (教養の大陸BOOKS)
(2009/10/05)
サミュエル・スマイルズ/中村 正直

商品詳細を見る

学問のすすめ 他一篇―真の独立人になるために (教養の大陸BOOKS)学問のすすめ 他一篇―真の独立人になるために (教養の大陸BOOKS)
(2009/10)
福沢 諭吉

商品詳細を見る

「ありがとう」と言えてよかった。―介護と看取りの心を見つめて「ありがとう」と言えてよかった。―介護と看取りの心を見つめて
(2008/02)
荻田 千榮

商品詳細を見る

あなたがいてくれてよかった。―愛する人を看取るときあなたがいてくれてよかった。―愛する人を看取るとき
(2006/06)
荻田 千榮

商品詳細を見る

あなたの心を守りたい ―女性医師が現場でつかんだ心の危機管理術あなたの心を守りたい ―女性医師が現場でつかんだ心の危機管理術
(2006/10/28)
舘 有紀

商品詳細を見る

でも、生きていく。―「自殺」から立ち直った人たちでも、生きていく。―「自殺」から立ち直った人たち
(2006/05)
「ザリバティ」編集部

商品詳細を見る

未来を創るエジソン発想法未来を創るエジソン発想法
(2009/05/19)
浜田 和幸

商品詳細を見る

シークレットアドバイス-世界トップの企業家&CEOが明かした「私の働き方」シークレットアドバイス-世界トップの企業家&CEOが明かした「私の働き方」
(2008/09/03)
「フォーチュン」編集部

商品詳細を見る

伝説の再建人――倒産か再建か―瀕死の企業に挑むCEO のリーダーシップ伝説の再建人――倒産か再建か―瀕死の企業に挑むCEO のリーダーシップ
(2008/12/08)
スティーブ・ミラー

商品詳細を見る

荘子の心―自由に生きるヒント荘子の心―自由に生きるヒント
(2008/06/06)
于 丹

商品詳細を見る

ブログランキング

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2Blog Ranking

リンク

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご挨拶

※このブログは、2005年12月からhttp://choi-happy.jugem.jp/にて書いてきたものを、2009年4月初旬にこちらへ移植したものです。そのため、以前の記事は行間が広すぎるなど、見苦しい点もありますが、何とぞご了承ください。

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブックマーク

FC2カウンター

プロフィール

ちょいハピ

Author:ちょいハピ
【2010年12月30日更新】

久々にプロフィールを更新してみます。

ツイッターを始めてから、すっかり「自動まとめ記事」ばかりが中心になってしまいつつあるこのブログ。
それでも、本や映画の感想などをきちんと書きたい時などにはどうしても不可欠の、私にとって大切な場でもあります。

以下、簡単に自己紹介というか自らの特徴を述べてみます。

まず、人生最大の娯楽は「書店で本を眺める」ことと「映画館で映画を観る」こと。
また、連ドラフリークでもあります。

嵐ファン歴は、約6年半。
(つまり、こんなにブレイクする何年も前からファンだったのだ!ということをここで強調したいわけだったりして)

趣味は散歩、そして不審な挙動(汗)。

そのほか、語学も好きで、特に文字が大好き。
文字に対する愛情というか愛着というか偏愛?は、我ながらかなり強い。

とりあえずはこんな感じです。
ぼちぼちお付き合いいただけましたらたいへん幸いです。


【以下、旧バージョン(1)】

2008年12月18日現在、少し古くなっていたこのプロフィールを、久々に書き直してみます。

このブログを始めたのは、40歳になって間もないころでした。
人生80年時代とはいいつつ、40歳を過ぎると、いろいろな病気などで、けっこう突然な感じで亡くなる方も、少なくありません。
ですから、自分も40代に入った時、「これで少し落ち着けるかな」という安堵の気持ちと同時に、「いつ死んでも悔いのないようにしておこう」という覚悟みたいなものも持ちました。
そこで、「いつ死ぬか分からない中、たとえば今、急に死んだとして、何か自分に言い残したことはないだろうか?」と考えた時に、それを自分なりに探りながら書いてみたい、という思いが湧き、そんな動機から、このブログを始めてみたのです。

最初の記事の日付が2005年12月5日ですから、いつの間にか、もう3年も経っています。
相変わらず、大した内容は書けていないし、この3年でそんなに成長したという実感も、あまりないというのが正直なところ。
しかし、これはこれなりに、何らか意味のあるものでありたいし、そのために、何を書いていくべきなのか、日々、模索し続けています。
不惑を越えながらも、いまだ発展途上──。
このブログには、たぶんそんな私の等身大の姿が、浮き彫りにされているのかもしれません(と、ひとまず言い方だけはかっこよくキメてみましたが、その浮き彫りにされた等身大の姿が全然かっこよくないところが悲喜こもごも)。

ブログタイトルは、文字通り、「小さなことの中に喜びを見いだしていこう。与えられていないものに対して不満を抱くことよりも、与えられているものに対して感謝を抱いて生きていこう」といった意味合いが込められています。
実際に、そういった内容になっているかは何とも言いかねますが、少なくとも当初の志としては、書いている自分も、読んでくれた人も、少しだけ、よりハッピーになれたらいいな、という願いが根本にあります。

これからも、引き続きご愛読いただき、「ちょっぴりハッピー」な気持ちになっていただけたら幸いです。


【以下、旧バージョン(2)】
人生80年と言われる時代ですが、私も、一応80歳を目標にしています。
42歳の今、残り半分を切り、これからの後半生を、一日一日、大切に生きたいと願っています。
人生において、いちばん大切なことは何なのか。
その実現のために、今、そしてこれから、何をしなくてはならないのか。
それを模索しながら、少しずつでもいいから前進し続けたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。