スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眼科を巡る物語~第1話~

突然ですが、今日から連載を始めます!!



たぶん、全3話ないし5話ぐらいで完結予定。



途中で別の話題が入ったりして、飛び飛びになるかもしれませんが。



タイトルの「~を巡る」というのは、「~にまつわる」という意味と、実際に幾つかの眼科を経巡った、という意味とをかけてあります。



さて、話は今から一カ月半ほど前にさかのぼります。



何か右目の隅に黒っぽい点のようなものがちらつくな、と思い始めたのが事の起こり。



これって何だっけ……そう、確か飛蚊症とか言うんだよね。何かの眼病の予兆なんだっけ?と思ってインターネットで調べてみると、大概は特に問題はないのだが、重篤な病気の兆候である場合もあるので、急に症状が出てきた時には眼科で検査してもらったほうがいい、とか書いてある。



むむっ、心配だ。しかしまあ、大概は大丈夫だというなら、きっと大丈夫だろう、と、まずは自分に言い聞かせたのだった。



しかし、そうこうするうち、右目がどうも見えづらい、という気がしてきた。



何というか、もともと子供の頃から視力はいいものの乱視気味ではあったのだが、その乱視がひどくなったような、あるいは、そう、何か半透明の膜のようなものが微妙に目にかかっているような、はたまた、単なるかすみ目のような。



でも、それも常にではないし、目をパチパチさせたり目薬をさしたりしたら治ったり、時間帯や状況によってそんなに感じなかったりするし、まあ、大したことはないだろう、と、またまた自分に言い聞かせる。



とはいえ、やはり気になって、何度となく、「眼病」「飛蚊症」「かすみ目」などのキーワードでネット検索して、自分の目に起きていることが何か恐るべき異常であるのかどうか、知ろうとした。



そんなことを繰り返しつつ、やはり、大したことはないにしても、念のため一度眼科で診てもらうに越したことはないな、とは思ったのだが、しかし、一つには、単に何となく億劫だから、そしてもう一つには、もし万が一、本当に重い病気だったらどうしよう、という恐怖心から、なかなか病院に行けずにいた。



実は、その恐怖心を裏付けるに足ると思われる一つの根拠があって、それは、ある雑誌に載っていた、失明した方の手記に書かれていた症状。



部屋の明かりが妙にまぶしく、電灯の周りがボーッとにじんで虹色にキラキラ光って見えて……みたいなことが書いてある。



それで、変だなと思って眼科に行ったら重い病気であることが分かった、という。



で、私も部屋の電灯ではそんなことはないのだが、夜道を歩いている時に街灯を見ると、まさしくそんなふうに見えるではないか。



本当にゾッとし、まさか私も失明するのではと恐怖しつつ、そんな可能性があるのなら早く眼科に行かなくては、という焦りと、しかし、もし本当にそんな告知を受けたら、とても受け止められそうにない、という不安とが交錯して。



それにしても、霊的人生観を信奉し、肉体は仮のものということが分かっているはずなのに、重い病気かもしれないと思った時、こんなに動揺する自分ってどうなのか、とか、目が見えづらいということは、きっと心において、ものの見方が正しくないということではないか、とか、いろいろ煩悶しつつ。



そんな葛藤を心の中で一人密かに繰り広げつつ一カ月ほどが過ぎ、そして今週の水曜日の午後、やはり、何でもないのであれば症状が消えたり軽くなったりしそうなものだが、どうも、むしろ症状が進んでいるように思えて、これはまずい!と思ったわけです。



というのは、いつものお昼休みのお散歩を終えて、ちょっと暑かったので外階段の踊り場で涼んでいた時、青空を見ると、また一段と、例の黒いちらつきの数が増えた気がして、しかも、右目の上のほう、何か網状の黒い影みたいなのまでが見えてきて、これはひょっとするとやばいのでは、と真剣に感じ始めたのです。



それで、もう、今日の午後にでも、すぐに病院に行こう!と思ったのですが、行くとしたらここに、と思っていた職場近くの総合病院の眼科は、午後は予約のみであることが分かり、ではしかたがないので明日の午前中に、仕事の前に寄ることにしよう、と決めました。



これまで目はずっとよかったし、眼鏡もコンタクトも使ったことがなく、こんなに酷使しているのに視力は左右とも1・5をキープしていて、眼科なんてかかったことがないから、とても不安でした。



でも、何とか勇気を振り絞って明日は絶対に行くのだ!と、重い気持ちながら自分を奮い立たせようと必死になっていたその夜、急に風邪の症状が出てしまい、結局、病院に寄ってから出勤するはずだったその翌日の木曜日は、風邪でお休みしてしまったのでした。



さらに、その翌日の金曜日も、午前中は起き上がることができず、午後から出勤。



しかし、その総合病院は土日は休み。



不安を抱えたまま土日を過ごすのは嫌だな、と思いながら、ひとまず仕事を始めようと書類に向かったものの、目がやっぱり見えづらくて、もう精神的に仕事どころじゃなくなってきた。



ええい、午後は予約だけといっても、どうしても診てほしい!って言って頼んでみたら、観てもらえるかも!!と、半ばやけくそな決意を胸に、「ちょっと体調が悪いので病院に行ってきます!」と上司に告げ、足早に職場を後にしたのでした。



《第2話へつづく》



←ランキングに参加しています。クリックして頂けると励みになります♪

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

昼ドラ「砂時計」について、などなど。

この季節、「さ~て、4月からはどのドラマを観ようかな~」ということで、日々、頭を悩ませずにはいられないわけですが、まあ、それはそれとして、最近、観始めて、ちょっといいな、と思っているのが昼ドラの砂時計



ちょっと面白そうだな、と思いつつ、毎日、録画しておいて観るのも面倒かな、と思って、観ないまま2週間が過ぎたのですが、内容を伝え聞くにつれて、やはり観たくなってきて、今週から観始めました。



HPをさっき初めて観て知ったのですが、原作はコミックなんですね。



なかなか面白い構成で、現在は26歳になっている幼なじみの男女がいて、男性のほうには既に婚約者がいるのだが、お互いに実は未練が残っているような状態。



で、その現在に至るまでの、中学生の頃の思い出の部分が、回想的に(なのかな?)描かれているのですが、え~と、その中学生の頃は二人はとても仲がよかったのに、現在の二人は別れてしまっていて、その間にどのような出来事があってそうなっているのかは明かされていない、というような状況。



……説明が分かりにくいですかね。



私も、まだよく分かっていないところもあるのかもしれませんが。



とにかく、その女の子のほうの生い立ちに悲しいところがあったりしつつも、その幼なじみの中学生同士のさわやかな恋愛模様が、何とも言えず、グッと来るわけなのです。



ああ、あったわ、私にも、こんな時代が……的な感慨があり♪



以上の内容にピンと来た方にはお勧めです。



あと、主題歌↓もいいのですわ~。



ひと恋めぐり

ひと恋めぐり

柴咲コウ,華原大輔,前嶋康明,REO



昼ドラの主題歌って、やばいですよね、毎日聞くわけだから。



ここのところ、毎日、頭の中で鳴っちゃってます。



←ランキングに参加しています。クリックして頂けると励みになります♪

続きを読む

関連記事

島田洋七『かあちゃんに会いたい』~かあちゃんもがばい!?

「佐賀のがばいばあちゃん」シリーズの、おそらく最新作。



かあちゃんに会いたい―がばいばあちゃんスペシャル

かあちゃんに会いたい―がばいばあちゃんスペシャル

島田 洋七



このシリーズは、いつも佐賀出身の同僚から貸してもらって読んでいる(ということは前にも書いた気がするが)。



──ふと思えば、ことほどさように、職場の人やその周辺の人など、いろんな人からすっごく多くの親切を受けすぎてるぞ、私!ということに改めて気づく今日この頃。



先日も、ようやく新しいPCが届いたはいいのだが、何とかつなげて立ち上げるところまではできたものの、あと、メールとかインターネットとかの接続が~、どうにもこうにもすっとこどっこいで、そう、左斜め前の席の某人物の助けなくしては、おそらく未だに「どこともつながってない、ただの箱」状態であったことは想像に難くない。



本当に、彼が忙しい合間を縫ってサクサクッとその接続作業を行ってくれている時は、ほとんど涙腺の縁ぎりぎりのところまで熱いものが込み上げてしまいました♪



また、先週末、右隣の席の某人物が夜食に柑橘系の果物を食そうとしているのを見て、つい、「あっ、八朔!」とつぶやいたら、「よく一目で分かりますね~」と言われたので、「だって好きなんだもん♪」と答えると、なんとなんと、「じゃあ一個あげます」と言うではないか……!



そうなの、本当に好きなんです、八朔。



甘すぎず、酸っぱすぎず、そして水っぽすぎず、皮もパリッと剥けて、食感もサクッと♪



私にとって、あらゆる柑橘類の中で最も愛すべき、べすと・おぶ・おーる・ざ・柑橘類ず、なのだった。



そして彼は本当に、一つの八朔を私に手渡してくれたのでした、「どっち道、そろそろ食べちゃわないといけないから」ということで。



確かに外側の皮は多少しなび始めてはいたが、中はとっても食べ頃でした♪



そう、それで、大好きな八朔なのですが、けっこう前に、近所のスーパーで少し安めのやつを買ってきたら、一袋に入っている四つか五つ、全てハスハスのスカスカで食べられなかったことがあり、以来、何となく嫌になって、食べていなかったのです。



久々の八朔は、文字通り五臓六腑に染み渡りましたわ~。



……えっと、そんなわけで、数々の親切を受けっぱなしで自らは何らお返しができていない私なのですが、それはまあさておき(!)、今頃になって本題に入ろうかなっと。



それで、上に挙げた本の話。



「かあちゃん」は、要するに「がばいばあちゃん」の娘なわけで、やっぱり血は争えないところがあり。



このシリーズは、どれを取ってもそうなのだが、涙あり、笑いありの中に、しっかり著者の主張が入っていて、人として真っ直ぐ生きる、正しく生きるって、こういうことなんだな、とか、人間って、家族って、こんなにあったかいものなんだな、とか、そういうのがすごく伝わってくる。



楽しく読めて、何か温かいものが心の中に残る。



考えてみれば、「かあちゃんに会いたい」っていうタイトルもすごい(ここは「がばい」と言うべきか)。



つまり、たとえば「単なるマザコンだろう」みたいに言われかねない危険性もあるわけで、しかし、それを堂々と跳ね返すだけの自信というか開き直りというか、「かあちゃんが大好きでしょうがなくて、何が悪い!」っていう力強いものを感じる。



そうだよね、誰だって、かあちゃんを大好きで、かあちゃんに会いたくてしょうがないのは普通だよね、と援護射撃したくなる。



とてもいい本です。



←ランキングに参加しています。クリックして頂けると励みになります♪

関連記事

宇多田ヒカル「Flavor Of Life」~新たなステージの始まり

宇多田ヒカルは百年に一人の歌姫だと思う、ということは、前にも書いたかもしれない。



そして、中でもやはりデビュー曲の「Automatic」がいちばん好きだ、ということも。



今回、好きな曲(というか、より正確には、心をわしづかみにされた曲、あるいはどうしようもなく心に残る曲、と言ったほうが正しいか)を合計3曲、挙げさせて頂きたい。



一つ目は、もちろんこれ。



Automatic/time will tell

Automatic/time will tell

宇多田ヒカル,西平彰,磯村淳,森俊之



二つ目は、これ。



Can You Keep A Secret?

Can You Keep A Secret?

宇多田ヒカル,西平彰,本田勇一郎



そして、三つ目は、ふふふ、これである。



Flavor Of Life

Flavor Of Life

宇多田ヒカル,Alexis Smith,冨田謙



この曲については、本当に、嵐・松本潤の身内の者(のつもり)としては、素晴らしい曲を寄せて頂いたおかげでドラマ(『花より男子2(リターンズ)』)のほうも大好評を得ることができ、感謝の言葉もありません、的な気分ではある。



実際、普通なら、ドラマの挿入曲になったからヒットした、と言われるところを、この場合は明らかに逆で、この曲の支えがあったから、あれだけドラマが人気を得た、と言うべきであるのは間違いない(←思い切った断言)。



で、今日、この記事で何が言いたいかというと、とにかく宇多田ヒカルはすごい!という、ただただそれを述べたいに尽きるわけである。



彼女が、ごく普通に歌番組に出演したりして、ごく普通に他のアーティストたちと並んでパフォーマンスを見せているのが、何だか私には信じられない思いすらするのだ。



彼女は百年残る歌手である。



今、大人気を誇っている歌手たちも、百年後には残らない。



ただ彼女だけは確実に残る。



そう私は確信している。



それは、たとえば文学で言えば、百年後には、今、芥川賞や直木賞などを取ってそれなりに有名な作家でも、ほとんどは残らないのにもかかわらず、村上春樹だけは確実に残る、というのと同じくらいの確実さで。



私がものすごく薄弱な根拠(つまり、何となくそんな気がする、というだけの、根拠というより単なる勝手な思い込みだが)に基づいて思うのは、これまでも彼女にとって節目になる曲というのは幾つかあったはずだが、この「Flavor Of Life」も一つの節目となるべき一曲であり、ここからまた彼女の新たなステージが始まる、のではないかと。



なんかそんな気がするのよ~。



そして、これからますますものすごくいい曲をたっくさん聴かせてくれるに違いない、と思って、ものすんごく期待が高まっているわけなのよ。



彼女には、90歳まで曲を作り続けてほしい。



そして、音楽界の宇野千代として名を馳せてほしい。



きっとそうなる、ような気がする。



←ランキングに参加しています。クリックして頂けると励みになります♪

関連記事

映画『明日の記憶』に見る、堤幸彦監督の人間観。

もしも、まだ観ていない人がいたら、絶対に観るべき一作。



明日の記憶

明日の記憶

渡辺謙



監督は堤幸彦だが、この人は本当にすごい、ということを再確認した。



何しろ、表現に無駄がない。



それでいて、描かれるべき事柄は、おそらく全て描かれている。



(先ほど来、「絶対に」とか「全て」とか、極端な表現を多用していてすみません。こういうところに、私のエキセントリックな性格の一端を垣間見ることができますな♪)



堤幸彦監督のすごさを痛感したのは、確か2年前ぐらいだったと思うが、彼の演出した、二宮和也(かずなり)主演の舞台『理由なき反抗』を観た時だった。



予習として映画のほう(ジェームス・ディーン主演の)を観た時は、ひどく退屈で、どうということのない作品のように思えてしまった、この『理由なき反抗』も、彼の手にかかったら、恐ろしくエキサイティングで一瞬も目を離せない、極上のエンターテインメントに仕上がっていた。



飽きさせないための、面白く見せるための、さまざまに凝らされた工夫の数々。



私としては、「舞台でこういうのってあり得たんだ」的に、度肝を抜かれる演出だった。



で、この『明日の記憶』は、けっこう大人の観客たちに多く観てもらえたと思うので、それにより、彼の才能が世に広く認知されたであろうことは、もはや彼のファンであるとも言えそうな私にとって、とても喜ばしいことであった。



描かれる必要のあった幾つかのシーンの中で、特に心に残っているのは、主人公(渡辺謙)が、懇意にしている陶芸家(木梨憲武)から、たった1500円という少額のお金を、アルツハイマーという病気を抱えているがゆえに、ごまかされそうになる場面。



まさか病気の人から、そんなちょっぴりのお金を騙し取ろうとする人がいるなんて信じられないけど、たぶんそういうことは現実に起きるわけで、本人にしてみたら、それは人生の全てに絶望するに足るぐらいの衝撃度を伴っていたに違いない、と感じさせる。



そのほか、妻(樋口可南子)が友人(渡辺えり子)からもらって、居間の棚に押し込んであった施設のパンフレットが、主人公が一人で家にいる時に、稲光の中でクローズアップされる場面も、忘れ難い。



そのシーン一つ取っても、大変に分かりやすいけれども決してくどくない、堤幸彦監督の演出手法が光っていると思う。



このシーンについては、実はもう一つ思うところがある。



私は、一人とても嫌いなドラマの脚本家がいて、なぜその人の作品をそんなに嫌悪するのか自分なりに分析を試みた時に、「台詞の一つ一つ、場面の一つ一つがわざとらしく、これを伝えたい、とか、視聴者にこう感じさせたい、考えさせたい、と思っている脚本家の姿が透けて見えるのが、どうしようもなく鼻につくから」ではないかと思ったのだが、しかし、考えてみれば、上記の稲光のシーンも、そうとうにわざとらしく、観客に何を思わせようとしているか見え見えではあるのに、全然不快ではないことに気づいたのだ。



そして、結局、これはその人の人生観、人間観の問題ではないかと思うに至った。



私は、その脚本家については、作品の中に、どこか人間というものやその営みを上から見下ろしている目線を感じ取ってしまうがゆえに、どう頑張っても好きになれず、一方、堤幸彦監督については、作品の根底に、人間存在に対する限りなく深い慈愛の目があり、それは、自らもまた弱くちっぽけでどうしようもないところを抱えながら生きている存在であることを、知っているからこそなのだろう、ということが、そこはかとなく感じられるがゆえに、好きなのだと思う(長々しく読みにくい文章ですみません)。



何はともあれ、いい映画です。



繰り返すけれど、まだ観てない方は絶対に観て!!



←ランキングに参加しています。クリックして頂けると励みになります♪

続きを読む

関連記事

猫柳から猫は生まれるか?

お昼休みにお散歩に出るのを日課にしていますが、その中で、ふとした季節の移り変わりに気づくのが楽しみの一つです。



たとえば、桜の蕾がちらほらと、一つ二つほころび始めていること。



また、白くこぼれるような雪柳の花が、今まさに満開の時期を迎えていること。



あるいは、猫柳の芽が、次第しだいに膨らんできていること。



──そして、猫柳と言えば、私はほとんど反射的にこの作品を連想します。



とってもしあわせモトちゃん

とってもしあわせモトちゃん

萩尾 望都



この中の、次のような4コマを思い出すのです。



【1コマ目】

女性科学者(脱いだ帽子の中に、生まれたての子猫をいっぱい入れたものを頭上に掲げ、走り回りながら)「猫柳から猫が生まれたわ!」

【2コマ目】

女性科学者(さっきと同じ格好で、今度はさっきと逆の方向に走りながら)「猫柳から猫が……」

【3コマ目】

女性科学者「ワーッ!」(泣き崩れる)

【4コマ目】

子供たち(女性科学者の様子を見ながら)「気の毒に……」



おぼろげな記憶に基づいて書いてみたので細部はけっこう違っているかもしれませんが、だいたいこんな感じです。



解説しますと、まず、この作品の主人公である「モトちゃん」とは、緑色をした不思議な生き物で、たぶん妖精と妖怪の間みたいな存在です。



そして、モトちゃんのお友達の子供たち(変な表現ですが)は、ある時、どうやらモトちゃんがそうなると信じたことは現実になってしまうらしいことに気づき、本当にそうなのかどうか実験してみようとして、モトちゃんに、「猫は猫柳から生まれるんだよ」と教え込みます。



すると、実際に猫柳から猫が生まれてしまいます(一つの芽から一匹の猫が。だから、枝にたくさんの子猫が鈴なりになる形)。



その話を聞いた、ある女性科学者は、初めはもちろん信じようとしなかったのですが、次第に「もしかしたらそんなこともあるのかも……」と思い始め、確かめにやってきます。



そして、実際に猫柳の枝に子猫が鈴なりになってミャアミャアと鳴いている姿を目の当たりにして、衝撃を受けます。



そこから、上記の4コマにつながるわけです。



そのあと、子供たちは相談して、このままだと困るからということで、「猫柳から生まれた猫は特別で、やがて羽が生えて空に飛んでいき、雲になるんだよ」とモトちゃんに教え込みます。



すると、本当にそのとおりになって、一件落着。



三十年近く前に愛読していたものなので、記憶がどこまで正確か自信はありませんが、とにかく、その「猫柳から猫が生まれたわ!」「猫柳から猫が……」「ワーッ!」「気の毒に……」っていうのが、とても「起!承!転!結!」っていう感じで印象に残っています。



で、結局何が言いたいかというと、私としては、一人でも多くの人が、猫柳の芽が膨らむのを見るたびに「猫柳から猫が……」と心の中でつぶやいてしまう、という病に苛まれてくれることを、密かに願ってやまないわけなのです。



←ランキングに参加しています。クリックして頂けると励みになります♪

続きを読む

関連記事

ドラマ『華麗なる一族』における影の主人公と裏の主人公

この前の日曜日、ドラマ『華麗なる一族』が、好評のうちに最終回を迎えました。



思うに、やはりこのドラマの要となっていたのは、何といっても高須相子(鈴木京香)であった(独断と偏見!?)。



言うならば、影の主人公、といったところか。



最終回でも見応えのあるシーンがありました(このドラマ全体を通してたぶんいちばん好きなシーンだったな、私は)。



彼女がついに万俵家を去ろうとする時、本妻の寧子(原田美枝子)に呼び止められ、険しい表情で振り返る。



最後まで自分を守りきろうと、必死で虚勢を張っている感じ。



しかし、呼び止めたほうは今さら攻撃するつもりなどさらさらなく、ただ何かを伝えなければいけない気がして(たとえば「あなたが思っているほど私はあなたを憎んだりはしていない」というようなことを?)呼び止めてしまったのだが、実際、何と言っていいか分からず逡巡し、結局、やっとの思いで「お元気で」とだけ言う。



それを聞いた高須相子は、拍子抜けしたのか、ホッとしたのか、フッと肩の力を抜いて無言で立ち去る。



彼女にしてみれば、肩の荷が下りた、というのもあっただろうし、ちょっとばかばかしいような、全てが虚しいような、複雑な気持ちだったのではないだろうか。



表情と所作だけでいろんなものが伝わってくる、すっごくいいシーンだった!!と思うわけです。



で、影の主人公が高須相子なら、裏の主人公というのもいて、それはほかでもない、鯉の「将軍」だったのではないかと……!!



あの、エンドロールの流れる背後の映像の中で、背びれを見せたまま息絶えているらしき(と思われたのですが)将軍の姿。



最後の最後まで、私たち視聴者の心をがっちりと捉えて離しません。



……今思うと、鉄平(木村拓哉)が手を叩いたら将軍が現れたのを見て大介(北大路欣也)が顔色を変えた、というエピソードも、いったい何だったのかという気もしたり。



将軍という裏の主人公を中心に据えて観ると、また格別なものがある!!かもしれません。



←ランキングに参加しています。クリックして頂けると励みになります♪

関連記事

『花より男子2』最終回は文字通り「史上最高のプロポーズ」

先週の金曜日、ドラマ『花より男子2(リターンズ)』が、ついに!最終回を迎えました。



花より男子2 (リターンズ)

花より男子2 (リターンズ)

井上真央



最終回でも、ばっちり、女の子が大好きな妄想の世界が繰り広げられていて、例によってニヤつきながら堪能しましたわ~。



それは、「雪山で遭難しかけたところへ彼が助けに来てくれて、二人で無人の山小屋に避難し、凍えながら救助隊を待つ」というもの。



しかし、このパターンの妄想は、三島由紀夫の時代からの正統的?な妄想なので(『潮騒』に確か似たような場面があったはず)、大丈夫です(何が?)。



しかも、その際に、つくし(井上真央)に関する記憶だけを失ってしまっている道明寺司(松本潤)が、劇的に記憶を取り戻すのです。



これ以上はない展開に、私のニヤニヤ笑いもとどまるところを知りませんでした。



さらにさらに、武道館での、エキストラを大動員してのクライマックスシーン。



この最終回、実に「史上最高のプロポーズ」というタイトルが付けられています。



確かにそうで、私としては、あのプロポーズはちょっと巷で流行らせたいな、という気分。



まず、「俺と結婚しろ」っていう命令形。



(正確には、「結婚してくれ!!」「俺様と結婚しろ!」「俺と結婚しろ」と3回、微妙に言い方を変えつつ……私の記憶が確かならば。)



それに対して、涙をこらえつつ、「……しょうがないな!」とOKする。



それだけでももちろんいいのですが、さらに、そのあと、こんなやり取りが(ボーッとした記憶に基づいているので、微妙に語尾など間違ってたらすみません)。



「私が幸せにしてあげてもいいよ!」

「おぉ、宣戦布告か。受けて立つ!!」



ねっ、流行らせようよ、このプロポーズ!!!!!



←ランキングに参加しています。クリックして頂けると励みになります♪

関連記事

パソコンに「許容範囲外」って言われちゃった♪

そう、噂にはよく聞いていました、「パソコンが、二度と立ち上がらなくなって、それっきり……」という話。



まあ怖い!と言いながら、どこか他人事と思っていたんですよね~。



だから、まさか、「それ」が我が身に起きようとは(爆)。



何かね、少し前から、いや、いま思えばずいぶん前から、あれ、何か変だな、調子悪いな……という気はしていたのですよ。



(この、いま使っている自宅のPCではなく、職場で使っているものの話なのですが。)



でもまあ、何とか使えているし、それなりに年季が入っているからこんなもんかな、とか自分に言い聞かせ、そろそろ買い換えどきなのか、いや、もう少し行けるはず、など自問自答しつつ、騙し騙し来ていたわけで。



ふと気づいたら、画面が、何というか、……そう、こんなたとえで通じるかどうか、「室内アンテナで観ている、やたら映りの悪いテレビ」みたいになっていて、マウスもキーボードも全然きかない。



再起動もできない。



しょうがないので電源を落とし、しばらくしてまた電源を入れる。



と、そこに現れる、日本語の文字たち。



カーソルを上下させて選べ、みたいなことを書いてあるけど、カーソルなんて全然動かない。



そうこうするうちに、勝手に起動し始めたので、おっ、大丈夫だったのかと一瞬思うものの、途中で「信号なし」とかいう表示がチラッと出て、あとは真っ暗。



しょうがないので再び電源を落とし、しばらくしてまた電源を入れる。



今度は、同様の形で立ち上がりかけたかと思うと、「許容範囲外」との文字が。



(この「許容範囲外」は、ウケてる場合ではないと思いつつ、かなり、いい味出してるな、と思わせてもらいました。)



何度繰り返しても、多少のバリエーションはありつつ、結局は真っ暗な画面で止まり、起動しない。



バリエーションというのは、たとえば、全然立ち上がる気配もなく、ただただ「信号なし」の表示が画面を上下左右、行ったり来たりするとか、起動しかけて、一瞬マウスの矢印が画面のど真ん中に現れては消え、それっきりとか、あるいは、一度だけ、英語の文で、「チェックが必要です。チェックしますか? チェックしています」みたいな内容が出ては消え、それっきりとかいうパターンもありました。



いずれにしても、どうにもこうにも、にっちもさっちも。



ただ、一度だけ奇跡的に再びなぜか立ち上がってくれたので、すぐにデータのバックアップを取り、何だかもう直ったかに思って、その日(水曜日)は安心して普通に落として帰った(更新を終えたら自動的に電源が切れます、みたいな状態で)……つもりだったのですが、昨日(木曜日)、出勤してみたら、最初の異変の時と同じ、室内アンテナで映ってるテレビみたいな画面のまま止まっていて。



昨日一日は、結局、何度試しても二度と立ち上がりませんでした。



まあ寿命かな、と思い、どの道、そろそろ買い換えたいとも思っていたし、修理するにしても、けっこうお金がかかりそうだし、というわけで、ネット通販で新しいやつを注文して、それが来週届く予定です。



で、今朝(金曜日)、もう無理だよね、と思いつつ、何げなく立ち上げてみたら、二度目の奇跡が起きて、なんと普通に立ち上がるではありませんか。



よかった~、これで、新しいのが届くまで、二度と落とさずに耐え忍び(落としたら再度立ち上がる保証はないですから~)、最後にデータとかを全部消去してから新しいのにチェンジできる~♪



立ち上がってくれなかったら、データとか消去するのも、人の手をわずらわさないと、どうにもこうにも、にっちもさっちもでしたから。



……長々と書いて参りましたが、以上のような過程を経て、いま私はとても幸福です(笑)。



パソコンが立ち上がるということ、パソコンが立ち上がった状態であるということ、これがいかに素晴らしいことであることか……!!!!!



いま、しみじみとした感謝の思いに満たされています♪



←ランキングに参加しています。クリックして頂けると励みになります♪

関連記事

「C1000×嵐 '07 プレミアムイベント」のCMを観て

この前、職場の30代前半の男性が、電話で、ある人の名前を問い合わせていたところ、相手が電話口でその名前の文字を説明しようとして「ジンゾウのゾウ」と言ったらしく、「腎臓の臓? 臓器の臓ですか?」と聞き返しているのを耳にしてしまい、自分の子供の名前に「臓」の字を使う親っているのかな~、と思いつつ聞いていると、どうやら相手は「人造の造」と言いたかったらしいことが分かり、それだけならよかったものの、その男性が、また別な人にその字を説明しようとした時に、「“人造の造”では分かりにくい」ということが身にしみたためか、「人造人間の造」と説明しているのが耳に入ってしまい、とても幸せな気持ちになるのを禁じ得ませんでした、ちょいハピです。



……またまた長い前置きですみません。



そして、もう一つお詫びが♪



昨日の「予告編」(?)に続き、今日もまた、こんな時間になってしまい、しかも眠いので、やっぱり「本編」はまた後日ということで、もう寝ますっ!!(←なぜか軽くキレ気味?)



しかし、この前置きの部分だけでもどうしても書きたい!という衝動に今日もまた駆られたわけでありまして。



あぁ~、それにしても、C1000×嵐 '07 プレミアムイベントですわよ、みなさま。



CMをちらっと見かけたところ、嵐がいつになく(と言ったら語弊があるが)すごくかっこよかったのでびっくりしました……。



もう、海外進出も果たし、ドーム公演も控え、ああ、何だかどんどんメジャーになっていき(っていうかとっくにメジャーではあるが)、ますますかっこよくなっていっちゃったら、もう私の手の届かないところに行ってしまうのではないかしら(っていうか今だって別に手は届いてないぞ)、などという思いがよぎるのって、子離れができていない証拠ね、きっと……!?



やはり、ガソリンスタンドでバイトする息子(柳楽優弥)に「母はきれいになって離れていく……」とかつぶやかれるようでなきゃいけませんなぁ。



そんなわけで、寝ますわ♪



すみませんね~、いつもいつもこんな記事で(↓そして、これを入れておくのも忘れないわけで)。



←ランキングに参加しています。クリックして頂けると励みになります♪

関連記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

ちょいハピのオススメ


比較幸福学の基本論点 (OR books)比較幸福学の基本論点 (OR books)
(2014/09/30)
黒川 白雲

商品詳細を見る

知的幸福整理学 (OR books)知的幸福整理学 (OR books)
(2014/09/23)
黒川 白雲

商品詳細を見る

実戦英語仕事学 (OR books)実戦英語仕事学 (OR books)
(2014/08/30)
木村 智重

商品詳細を見る

新しき大学とミッション経営 (OR books)新しき大学とミッション経営 (OR books)
(2014/06/27)
九鬼 一

商品詳細を見る

幸福の科学大学の目指すもの―ザ・フロンティア・スピリット (OR books)幸福の科学大学の目指すもの―ザ・フロンティア・スピリット (OR books)
(2014/06)
九鬼 一

商品詳細を見る

大学教育における信仰の役割 (OR books)大学教育における信仰の役割 (OR books)
(2014/06/30)
九鬼 一

商品詳細を見る

20代で身につけたい仕事で自信を持つための6つの力20代で身につけたい仕事で自信を持つための6つの力
(2014/05/08)
不明

商品詳細を見る

本多静六の努力論―人はなぜ働くのか (新・教養の大陸BOOKS 2)本多静六の努力論―人はなぜ働くのか (新・教養の大陸BOOKS 2)
(2014/02/14)
本多 静六

商品詳細を見る

2020年の日本と世界2020年の日本と世界
(2014/01/30)
山崎 秀夫

商品詳細を見る

幸福実現党、かく戦えり 革命いまだ成らず幸福実現党、かく戦えり 革命いまだ成らず
(2013/11/29)
幸福の科学第五編集局

商品詳細を見る

逆境をはねかえす不屈の生き方逆境をはねかえす不屈の生き方
(2013/11/21)
HSエディターズ・グループ

商品詳細を見る

反日日本人は修学旅行でつくられる反日日本人は修学旅行でつくられる
(2013/09/28)
森 虎雄

商品詳細を見る

加瀬英明のイスラム・ノート―はじめての中東入門加瀬英明のイスラム・ノート―はじめての中東入門
(2013/08/31)
加瀬 英明

商品詳細を見る

尖閣・沖縄が日本の領土である動かぬ証拠 (HRPブックレットシリーズ)尖閣・沖縄が日本の領土である動かぬ証拠 (HRPブックレットシリーズ)
(2013/03/19)
不明

商品詳細を見る

大富豪の条件 (新・教養の大陸BOOKS 1)大富豪の条件 (新・教養の大陸BOOKS 1)
(2013/05/16)
アンドリュー・カーネギー

商品詳細を見る

ストーリーで学ぶ仕事で悩まないための3つの心がけストーリーで学ぶ仕事で悩まないための3つの心がけ
(2013/04)
HSエディターズグループ

商品詳細を見る

神国日本の精神―真の宗教立国をめざして (OR books)神国日本の精神―真の宗教立国をめざして (OR books)
(2013/03)
大川 咲也加

商品詳細を見る

機嫌のいい子に育つママの口ぐせ機嫌のいい子に育つママの口ぐせ
(2013/03/01)
上田 隆

商品詳細を見る

大富豪になる方法 (新・教養の大陸シリーズ)大富豪になる方法 (新・教養の大陸シリーズ)
(2013/02/14)
安田 善次郎

商品詳細を見る

対日戦争を仕掛ける男 習近平の野望対日戦争を仕掛ける男 習近平の野望
(2012/12)
相馬 勝

商品詳細を見る

日本の国益―野蛮・中国に勝つための10の論点日本の国益―野蛮・中国に勝つための10の論点
(2012/12)
潮 匡人、河添 恵子 他

商品詳細を見る

革命いまだ成功せず―孫文伝革命いまだ成功せず―孫文伝
(2012/12/07)
黒須 義宏、チームIJINDEN 他

商品詳細を見る

実践・私の中国分析―「毛沢東」と「核」で読み解く国家戦略実践・私の中国分析―「毛沢東」と「核」で読み解く国家戦略
(2012/12)
平松 茂雄

商品詳細を見る

世界経済の覇権史―辺境ゆえに日本の世紀がやってくる世界経済の覇権史―辺境ゆえに日本の世紀がやってくる
(2012/12)
増田 悦佐

商品詳細を見る

映画「神秘の法」完全ガイド (OR books)映画「神秘の法」完全ガイド (OR books)
(2012/10)
「神秘の法」シナリオプロジェクト

商品詳細を見る

映画「神秘の法」が明かす近未来シナリオ―公式ガイドブック〈1〉 (OR books)映画「神秘の法」が明かす近未来シナリオ―公式ガイドブック〈1〉 (OR books)
(2012/08/29)
不明

商品詳細を見る

幸福感の強い人、弱い人―最新ポジティブ心理学の信念の科学幸福感の強い人、弱い人―最新ポジティブ心理学の信念の科学
(2012/07/26)
千田 要一

商品詳細を見る

中国――崩壊と暴走、3つのシナリオ中国――崩壊と暴走、3つのシナリオ
(2012/05/29)
石平(せき へい)

商品詳細を見る

放射能・原発、これだけ知れば怖くない!放射能・原発、これだけ知れば怖くない!
(2012/05/29)
高田 純

商品詳細を見る

なぜ、その商品がほしくなるのかなぜ、その商品がほしくなるのか
(2012/05/29)
平林 千春(ひらばやし ちはる)

商品詳細を見る

映画ファイナル・ジャッジメントの秘密に迫る―企画から製作秘話まで (OR books)映画ファイナル・ジャッジメントの秘密に迫る―企画から製作秘話まで (OR books)
(2012/04)
大川 宏洋

商品詳細を見る

雨宮経理課長の憂鬱雨宮経理課長の憂鬱
(2012/02)
麦生 郁

商品詳細を見る

日本政治の常識破壊日本政治の常識破壊
(2012/05/18)
ついき 秀学

商品詳細を見る

迫りくる!中国の侵略から沖縄を守れ! (HRPブックレットシリーズ VOL. 3)迫りくる!中国の侵略から沖縄を守れ! (HRPブックレットシリーズ VOL. 3)
(2012/05/12)
幸福実現党出版局

商品詳細を見る

増税亡国論 (HRPブックレットシリーズ)増税亡国論 (HRPブックレットシリーズ)
(2012/03/09)
不明

商品詳細を見る

しっかりわかる!幕末・維新(別冊ザ・リバティ)しっかりわかる!幕末・維新(別冊ザ・リバティ)
(2011/12/02)
不明

商品詳細を見る

ざっくりわかる!三国志 超入門(別冊ザ・リバティ)ざっくりわかる!三国志 超入門(別冊ザ・リバティ)
(2011/11/21)
不明

商品詳細を見る

偉人たちの告白偉人たちの告白
(2011/11/17)
HSエディターズ・グループ

商品詳細を見る

伝道師―仏教、キリスト教はいかにして世界宗教になったか伝道師―仏教、キリスト教はいかにして世界宗教になったか
(2011/11/17)
HSエディターズ・グループ

商品詳細を見る

これが真実(ホント)の放射能の話―「風評」にまどわされないで! (HRPブックレットシリーズ)これが真実(ホント)の放射能の話―「風評」にまどわされないで! (HRPブックレットシリーズ)
(2011/11/10)
放射能問題研究会

商品詳細を見る

別冊ザ・リバティ 2011年 10月号 [雑誌]別冊ザ・リバティ 2011年 10月号 [雑誌]
(2011/09/06)
不明

商品詳細を見る

日本経済再建宣言―幸福実現党の「新・所得倍増計画」でGDP世界一を目指せ!日本経済再建宣言―幸福実現党の「新・所得倍増計画」でGDP世界一を目指せ!
(2011/07/11)
ついき 秀学、中野 雄太 他

商品詳細を見る

狙われたシリウス狙われたシリウス
(2011/06)
山田 典宗

商品詳細を見る

元気出せ!ニッポン〈第1集〉日本を復興させる12人元気出せ!ニッポン〈第1集〉日本を復興させる12人
(2011/05)
「元気出せ!ニッポン」制作部

商品詳細を見る

P0244.jpgあなたの願いがかなうハッピー開運BOOK (Odein Mook 88)
(2011/05/25)
不明

商品詳細を見る

マンガ本当にあった宇宙人のヒミツマンガ本当にあった宇宙人のヒミツ
(2011/04/21)
不明

商品詳細を見る

あなたにも起きる奇跡のヒミツ (Odein Mook 83)あなたにも起きる奇跡のヒミツ (Odein Mook 83)
(2011/03/24)
不明

商品詳細を見る

マンガ30分でわかるあの世のヒミツ (Odein Mook 84)マンガ30分でわかるあの世のヒミツ (Odein Mook 84)
(2011/03/02)
不明

商品詳細を見る

高貴なる義務を果たせ―幸福の科学学園の未来創造教育高貴なる義務を果たせ―幸福の科学学園の未来創造教育
(2011/03/01)
幸福の科学学園

商品詳細を見る

ニュー・フロンティア戦略―「宇宙」と「海洋」を拓けば日本は甦るニュー・フロンティア戦略―「宇宙」と「海洋」を拓けば日本は甦る
(2011/01)
杉山 徹宗

商品詳細を見る

ワールドゲイナートレーディングカードゲームワールドゲイナートレーディングカードゲーム
(2010/12)
不明

商品詳細を見る

日本人だけが知らない宇宙人とUFOの秘密 (Odein Mook 82)日本人だけが知らない宇宙人とUFOの秘密 (Odein Mook 82)
(2010/12/02)
不明

商品詳細を見る

史上最強の都市国家ニッポン 逆・日本列島改造論史上最強の都市国家ニッポン 逆・日本列島改造論
(2010/12/01)
増田 悦佐、三橋 貴明 他

商品詳細を見る

未来はこうなる!―日本発ビッグプロジェクト未来はこうなる!―日本発ビッグプロジェクト
(2010/11/10)
山本 俊政

商品詳細を見る

がんの幸せな受け入れ方がんの幸せな受け入れ方
(2010/09/03)
朝日 俊彦

商品詳細を見る

クリエイティブパワークリエイティブパワー
(2010/06/07)
ドクター 中松

商品詳細を見る

国難に備えよ―日本の安全保障を問う!国難に備えよ―日本の安全保障を問う!
(2010/05/27)
矢内 筆勝饗庭 直道

商品詳細を見る

政治のしくみ超・入門政治のしくみ超・入門
(2010/04)
幸福実現党日本の未来について本気で考える

商品詳細を見る

君がそばにいても僕は君が恋しい君がそばにいても僕は君が恋しい
(2006/10)
リュ シファ

商品詳細を見る

スナフキンの午睡スナフキンの午睡
(2009/12)
麦生 郁

商品詳細を見る

フレンドリー・スノー―心に舞い降りた雪の物語フレンドリー・スノー―心に舞い降りた雪の物語
(2008/11/27)
M・スコット・ペック

商品詳細を見る

ちいさな木ちいさな木
(2006/10/28)
Towaシミズ ヒロ

商品詳細を見る

LINK(リンク) ―きずなLINK(リンク) ―きずな
(2006/11/17)
平田 芳久

商品詳細を見る

ボディ・ジャックボディ・ジャック
(2006/05)
光岡 史朗

商品詳細を見る

時のエリュシオン時のエリュシオン
(1997/03)
景山 民夫

商品詳細を見る

最善主義が道を拓く最善主義が道を拓く
(2009/11/18)
タル・ヘ゛ン・シャハー

商品詳細を見る

HAPPIER―幸福も成功も手にするシークレット・メソッド ハーバード大学人気No.1講義HAPPIER―幸福も成功も手にするシークレット・メソッド ハーバード大学人気No.1講義
(2007/12)
Tal Ben‐Shahar、

商品詳細を見る

いじめ栄えて国亡ぶ―教育再生の鍵はゼロトレランスにありいじめ栄えて国亡ぶ―教育再生の鍵はゼロトレランスにあり
(2009/12/08)
加藤 十八

商品詳細を見る

エマソンの「偉人伝」―天才たちの感化力で、人生が輝く。 (教養の大陸BOOKS)エマソンの「偉人伝」―天才たちの感化力で、人生が輝く。 (教養の大陸BOOKS)
(2009/10)
R.W.エマソン

商品詳細を見る

代表的日本人―日本の品格を高めた人たち (教養の大陸BOOKS)代表的日本人―日本の品格を高めた人たち (教養の大陸BOOKS)
(2009/10)
内村 鑑三

商品詳細を見る

自助論 西国立志編 上―努力は必ず報われる (教養の大陸BOOKS)自助論 西国立志編 上―努力は必ず報われる (教養の大陸BOOKS)
(2009/10/05)
サミュエル・スマイルズ/中村 正直

商品詳細を見る

自助論 西国立志編 下―努力は必ず報われる (教養の大陸BOOKS)自助論 西国立志編 下―努力は必ず報われる (教養の大陸BOOKS)
(2009/10/05)
サミュエル・スマイルズ/中村 正直

商品詳細を見る

学問のすすめ 他一篇―真の独立人になるために (教養の大陸BOOKS)学問のすすめ 他一篇―真の独立人になるために (教養の大陸BOOKS)
(2009/10)
福沢 諭吉

商品詳細を見る

「ありがとう」と言えてよかった。―介護と看取りの心を見つめて「ありがとう」と言えてよかった。―介護と看取りの心を見つめて
(2008/02)
荻田 千榮

商品詳細を見る

あなたがいてくれてよかった。―愛する人を看取るときあなたがいてくれてよかった。―愛する人を看取るとき
(2006/06)
荻田 千榮

商品詳細を見る

あなたの心を守りたい ―女性医師が現場でつかんだ心の危機管理術あなたの心を守りたい ―女性医師が現場でつかんだ心の危機管理術
(2006/10/28)
舘 有紀

商品詳細を見る

でも、生きていく。―「自殺」から立ち直った人たちでも、生きていく。―「自殺」から立ち直った人たち
(2006/05)
「ザリバティ」編集部

商品詳細を見る

未来を創るエジソン発想法未来を創るエジソン発想法
(2009/05/19)
浜田 和幸

商品詳細を見る

シークレットアドバイス-世界トップの企業家&CEOが明かした「私の働き方」シークレットアドバイス-世界トップの企業家&CEOが明かした「私の働き方」
(2008/09/03)
「フォーチュン」編集部

商品詳細を見る

伝説の再建人――倒産か再建か―瀕死の企業に挑むCEO のリーダーシップ伝説の再建人――倒産か再建か―瀕死の企業に挑むCEO のリーダーシップ
(2008/12/08)
スティーブ・ミラー

商品詳細を見る

荘子の心―自由に生きるヒント荘子の心―自由に生きるヒント
(2008/06/06)
于 丹

商品詳細を見る

ブログランキング

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2Blog Ranking

リンク

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご挨拶

※このブログは、2005年12月からhttp://choi-happy.jugem.jp/にて書いてきたものを、2009年4月初旬にこちらへ移植したものです。そのため、以前の記事は行間が広すぎるなど、見苦しい点もありますが、何とぞご了承ください。

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブックマーク

FC2カウンター

プロフィール

ちょいハピ

Author:ちょいハピ
【2010年12月30日更新】

久々にプロフィールを更新してみます。

ツイッターを始めてから、すっかり「自動まとめ記事」ばかりが中心になってしまいつつあるこのブログ。
それでも、本や映画の感想などをきちんと書きたい時などにはどうしても不可欠の、私にとって大切な場でもあります。

以下、簡単に自己紹介というか自らの特徴を述べてみます。

まず、人生最大の娯楽は「書店で本を眺める」ことと「映画館で映画を観る」こと。
また、連ドラフリークでもあります。

嵐ファン歴は、約6年半。
(つまり、こんなにブレイクする何年も前からファンだったのだ!ということをここで強調したいわけだったりして)

趣味は散歩、そして不審な挙動(汗)。

そのほか、語学も好きで、特に文字が大好き。
文字に対する愛情というか愛着というか偏愛?は、我ながらかなり強い。

とりあえずはこんな感じです。
ぼちぼちお付き合いいただけましたらたいへん幸いです。


【以下、旧バージョン(1)】

2008年12月18日現在、少し古くなっていたこのプロフィールを、久々に書き直してみます。

このブログを始めたのは、40歳になって間もないころでした。
人生80年時代とはいいつつ、40歳を過ぎると、いろいろな病気などで、けっこう突然な感じで亡くなる方も、少なくありません。
ですから、自分も40代に入った時、「これで少し落ち着けるかな」という安堵の気持ちと同時に、「いつ死んでも悔いのないようにしておこう」という覚悟みたいなものも持ちました。
そこで、「いつ死ぬか分からない中、たとえば今、急に死んだとして、何か自分に言い残したことはないだろうか?」と考えた時に、それを自分なりに探りながら書いてみたい、という思いが湧き、そんな動機から、このブログを始めてみたのです。

最初の記事の日付が2005年12月5日ですから、いつの間にか、もう3年も経っています。
相変わらず、大した内容は書けていないし、この3年でそんなに成長したという実感も、あまりないというのが正直なところ。
しかし、これはこれなりに、何らか意味のあるものでありたいし、そのために、何を書いていくべきなのか、日々、模索し続けています。
不惑を越えながらも、いまだ発展途上──。
このブログには、たぶんそんな私の等身大の姿が、浮き彫りにされているのかもしれません(と、ひとまず言い方だけはかっこよくキメてみましたが、その浮き彫りにされた等身大の姿が全然かっこよくないところが悲喜こもごも)。

ブログタイトルは、文字通り、「小さなことの中に喜びを見いだしていこう。与えられていないものに対して不満を抱くことよりも、与えられているものに対して感謝を抱いて生きていこう」といった意味合いが込められています。
実際に、そういった内容になっているかは何とも言いかねますが、少なくとも当初の志としては、書いている自分も、読んでくれた人も、少しだけ、よりハッピーになれたらいいな、という願いが根本にあります。

これからも、引き続きご愛読いただき、「ちょっぴりハッピー」な気持ちになっていただけたら幸いです。


【以下、旧バージョン(2)】
人生80年と言われる時代ですが、私も、一応80歳を目標にしています。
42歳の今、残り半分を切り、これからの後半生を、一日一日、大切に生きたいと願っています。
人生において、いちばん大切なことは何なのか。
その実現のために、今、そしてこれから、何をしなくてはならないのか。
それを模索しながら、少しずつでもいいから前進し続けたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。