スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ありがとう」

遠い夏の日に聴いた

あの歌声

今も耳に残る



幻じゃなく

確かに君だった



その姿を僕は描ける

そう

睫毛の微かな揺らぎまで



君はいつも

何かを伝えようと

でも僕は塞いだ

傾けるべき耳を



今は遠い君に

最後に届けたい

僕の胸にある

ただ一つの思い



何度繰り返しても

足りない



君がいてくれたこと

その全てに

ありがとう





←ランキングに参加しています。クリックして頂けると励みになります♪

関連記事
スポンサーサイト

『花より男子2』をにやにやしながら観ている理由

「ホームクリーニング・エマール」の詰め替え用の液をボトルに詰め替えようとして大失敗し、かなりの量の液が床にこぼれてしまって一瞬目の前が真っ暗になりかけたものの、気を取り直して、これから洗おうと思っていたカーディガンで、そのこぼれた液を吸い取り、それをそのまま洗うという方向で落とし前を付けてみました、ちょいハピです。



ちなみに、「アクロン」でもいいのですが、なぜか「エマール」を愛用(というほどでもないが、惰性で)し続けています(←特に誰も聞きたいと思っていないミニミニ情報)。



さてさて、早くも終盤に近づきつつある今期のドラマですが、今日は『花より男子(だんご)2(リターンズ)』について語ってみたい……!!



このドラマ、私はものすごく面白いなと思って観ています。



といっても、登場人物の誰かに感情移入したり共感したりして手に汗を握っているというわけでもなく、今後の展開が気になってハラハラドキドキしている、というわけでもない。



ただ、女の子の願望をものすごくストレートに表現した物語だな、という点がとても面白くて。



つまり、主人公は、これといって取り柄のない、どちらかというと平凡な女の子。



ここに、読者なり視聴者なりは、自らを投影できます。



そして、一方には、強引で、自己中心的で、一緒にいるといつも振り回されっぱなしの、だけど大好きでしょうがない彼、というのがいて、もう一方には、困った時にはいつも必ず助けに来てくれて、温かく包み込んでくれる、優しい彼、というのがいて、その二人ともが熱烈に自分に恋をしている。



さあ、どちらを選ぶのか?



もちろん、誰が見たって、後者のほうが自分を幸せにしてくれそうな気がする、だけど、たとえその人と一緒に歩む道が茨の道であろうと、私はやっぱりあのどうしようもない馬鹿野郎を選んでしまうの……!!という。



そんな女の子の妄想の世界を、そのまま映し出したような物語だな、と思って、にやにやしながら観させてもらっている。



しかし、そんな願望や妄想は、何も女の子の世界だけではない。



主婦の不倫だって、ドラマや小説においては、しばしば、「優しい夫、平凡だけど幸せな毎日。それなのに、ああ、なぜ私はあの危険な香り漂う彼にどうしようもなく惹かれていってしまうの!?」といった世界が展開する。



そんな妄想や願望を抱いてしまう女の子や元・女の子たち(その中に自分自身も含まれるかどうかはここでは差し控えさせてもらうとしましょうか)が、すごく可愛く微笑ましくて、何ともいとおしく思えてしまうのって、私だけじゃないですよね……!?



←ランキングに参加しています。クリックして頂けると励みになります♪

関連記事

最近の、ある芥川賞受賞作を読んで

最近、芥川賞を取ったという作品で、けっこう面白そうだな、と思っていたものがあったので、読んでみました。



……しかし、ちょっと書きにくいなぁ。



本当は、本を読んだり映画を観たりして、すごくよかった、これについてぜひ書きたい、というのであれば、それがベストなのですが、今回読んだ作品については、正直、「ふむ、こんなものか……」という感想なのです。



普通だったら、そういう場合はわざわざ書かないのですが、今回は、少し思うところがあったので、書いてみようかと思います。



まず思ったのは、「いかにも芥川賞の選考委員たちがこぞって絶賛しそうな作品だな」ということ。



読後感は、やはり芥川賞を受賞した綿矢りさ『蹴りたい背中』にも似ているかもしれない。



あれを読んだ時は、ずいぶん世界観が閉じているんだな、と、そのことに恐れ入ったものだが、今回の作品(作品名は、この記事のどこかで出すかもしれないし、あるいは、あまりにもひどく書きすぎてしまった場合には、伏せるかもしれません。今の時点では未定です)については、“そもそも世界が存在しない”ことに驚かされた。



つまり、現実に存在しているのは「わたし」だけなのだ。



「わたし」の周りに存在しているはずの世界は、「わたし」にとって、全て“影絵”でしかない。



何一つ、誰一人、肉を持って、実体を持って、迫ってはこない。



「わたし」という人は、何のために生きているのかが伝わってこない。



その心の殺伐さかげんだけが、生き生きと、ありありと、実感を伴い、切実さを伴って、素晴らしく完成された文体ときらめく才能をもって綴られる。



これが今の日本の社会なのだ。



これが今の日本の文学なのだ。



──との思いに、心の奥底が冷え冷えとしてくるような、暗澹としたものを感じた。



これだけの才能を持った人が、その魂を削って書き上げた作品が、これなのだ。



つまり、つまらなく生きている人の、つまらない述懐。



根の暗い人たちにとっては共感できるから、選考委員たちはとても喜ぶ。



この主人公が、かわいそうでならない。



哀れ、と言ったほうがいいのだろうか。



作者もかわいそうだし、選考委員たちも、読んで共感する読者も、あるいは、読者ではなくても多数存在するであろう、この主人公のように生きている人たちも、みな全てかわいそうである。



何のために生きているのか?



生かされているこの命を、何のために使うのが正しいことなのか?



それが分からなくなってしまっているのが、今の日本なのだ。



だから、そうした様をそのまま切り取った文学が、いきおい素晴らしいとされざるを得ない。



新しい文学が必要だし、新しい価値観が必要、正しい価値観が必要、なのだ。



そのことが、改めて強く実感された作品ではあった。



(以上、一個人の独断と偏見に基づく感想にすぎないので、不愉快に思われた方、何とぞご容赦下さいませ。)



←ランキングに参加しています。クリックして頂けると励みになります♪

続きを読む

関連記事

「道」

君は

暗闇の中を手探りで進んでいく



何も見えない

何も聞こえない

誰もいない

どこか分からない



孤独

不安

恐怖

そして絶望



引きずる





僕もまた

暗闇の中を一歩一歩進む



目を閉じて

耳を澄ます

君がいて

世界がある



希望

信頼

決意

そして勇気



心には

ただ静かな思い

光を求めて歩き続けるという

一筋の



ほら

君の手を僕は握る



二人なら

もう怖くない

君の微笑みが

ふと闇を照らす



浮かび上がる







←ランキングに参加しています。クリックして頂けると励みになります♪

関連記事

かくして、「Love so sweet」な日々は続く。

仕事帰りに寄ったスーパーで、ごく普通に、当然のようにこの曲が流れていて、もうそれだけで「絶好調・超!」な、今宵の「ちょいハピ」です。



Love so sweet(初回限定盤)

Love so sweet(初回限定盤)

嵐,SPIN,mugen,櫻井翔,ha-j,北川吟,youth case



Love so sweet

Love so sweet

嵐,SPIN,mugen,櫻井翔,ha-j,youth case



(ちなみに、嵐のファン同士であれば通じる話なのですが、それ以外の方のために注釈を付けますと、「絶好調・超!」というのは、相葉雅紀くんの、いわば決めゼリフみたいなものです。)



そして、帰宅すれば帰宅したで、今まさに『花より男子2』が録画中。



もちろん、ミュージックステーションの録画もばっちり。



ことほどさように、「Love so sweet」な一日であったことでありました。



でも、今日のMステの衣装、爽やかで可愛かったけど、もしかすると、ちょっと踊りにくそうだったかもしれない。



あと、最後の、お辞儀してるはずのところで一人だけカメラ目線だった大野智くん、いろんな意味で最高でした♪



とにもかくにも、嵐な日々は続くのでありました。



←ランキングに参加しています。クリックして頂けると励みになります♪

続きを読む

関連記事

父よ、あなたってこんな素晴らしい人だったっけ…!?

先日、父と久しぶりに食事をした。



母が亡くなったのが、もう9年近く前のことというのがびっくりだが、やはり母の死後5、6年ぐらいは、父もなかなか元気になれずにいた。



でも、その先日会った時は、もうかなり元気を取り戻した感じ、本来の父に戻ったような感じだった。



ほんとに75歳かよ、と思わせられるほど、元気だった。



体も健康だし、足腰もしっかりしているし、頭脳も明晰そうだし。



あの頃は、もうこのままずうっとずうっと鬱状態が続くのかな、と思ったものだが。



散歩をしたり、山登りをしたり(山登りの時は連続4時間とか平気で歩くらしい)、あるいは、大学の公開講座に通ったり、テレビの高校講座を見たり(本人曰く、放送大学まで行くと内容がやや高度になり逆にストレスになる、高校レベルぐらいなら楽しんで観られる、とのこと)、図書館で本を取り寄せて読んだり、現役時代のように、朝、洗面所でFENを聴いたり。



家事も全部一人でこなし、ご飯もちゃんとつくってるみたいです……私よりよほどマメかも!?



こんな面白い話もしてたな、自分の寝言で目を覚ましたという話。

海上で取り残されて、助けの船か何かに大声で呼びかける夢。

「お~い!」って、ものすごい大声で叫んで、その3回目で目が覚めたんですと。

近所の人に聞こえちゃわなかったかどうか、ちょっと心配なんですけど。



ああ、父ってこういう人だったんだな、と、何か、驚きがあった。



つまり、自由な時間、ありあまる時間を、そういった、勉強したり、何か知的な活動をしたりすることに嬉々として振り向ける人だったんだ、と。



それに、あれ、こんなに親切な(というのも変だが)人だったっけ、という驚きもあった。



つまり、私の中では、父はどちらかというと私と似て頑固で偏屈な人、というイメージを持っていたのだけれど、そのイメージに幾らか修正をかけるべき必要性を感じたわけ。



何が言いたいかというと、私は自分の父親の数々の美点を見落としていたか、あるいは不当に過小評価していたのではないか、と思い至った、ということ。



いちおうこのブログを始めた動機は、40歳も過ぎていつ突然死するとも分からんから遺言的なものとして死ぬ前に言いたいことを言っておこう、というものだったから、こんなことも書いてみた。



←ランキングに参加しています。クリックして頂けると励みになります♪

続きを読む

関連記事

上田隆『生まれる前からハッピー育児!』を読んで

たまには真面目な記事も書かなきゃね、書評とか。



そういえば、前から取り上げたいと思ってそのままになっていた本があったっけ。



生まれる前からハッピー育児! -小児科ドクターが明かす、おなかの赤ちゃんのふしぎ

生まれる前からハッピー育児! -小児科ドクターが明かす、おなかの赤ちゃんのふしぎ

上田 隆



ま、今のところ(?)育児とは何ら関わりのない人生を歩んできた私ではありますが、そんな私が読んでも充分楽しめる一冊でした。



一言で言うと、スピリチュアルな視点から、お母さんにとっても、生まれてくる赤ちゃんにとっても、幸福なお産って何だろう?ということを、現役小児科医が易しい言葉で綴っている本です。



Amazonの商品説明には、このように書いてあります。



内容(「BOOK」データベースより)

第1部では、胎児や未熟児の驚くべき能力について、また、退行催眠療法のレポートや、子どもが語る「誕生の記憶」「胎内の記憶」「おなかに入る前の記憶」などのスピリチュアルな話を参考にしつつ、胎児や生まれた赤ちゃんへの接し方を示しています。

第2部では、妊娠中のお母さんからよく受ける質問への答えを、小児科医の立場からQ&Aの形を取って書きました。

「ユートピア文学賞2006」入賞作品。




感動的なのは、この著者の、病気の子どもたちと接する時の心構えです。



それは、「どんな赤ちゃんも、私にとっても愛しくて仕方がない“わが子”です」(24ページ)というもの。



それにはきっかけがあって、24年前のある日、自身の子ども(生後一カ月)が病気になり、自ら主治医にならざるを得ず、そして、ようやく全快したわが子の笑顔を見ながら、“「これから出会うすべての子どもたちに対して、わが子を治療したときと同じ気持ちで治療していこう」と誓った”(26ページ)のだそうです。



でも~、本当にすごいと思うのですが、普通だったら、その時はそう誓っても、月日が経つにつれ、知らず知らず決意が崩れ去っていきそうなものですが、この著者は、24年間にわたって、その心構えを維持しつづけているわけです。



すごいことですよね。



ほとんど人間とは思えない……!?



そうした点も含めて、心に響く箇所が多々ありました。



一方、後半のQ&Aの部分は、ものすごく実践的。



帯にも「読み終わるとお産と子育ての不安が消えている!」と書いてありますが、妊婦さんは必読というか、読んどいたほうが絶対よさそうです。



そんなわけで、本日お勧めの一冊でした(久々に書評を書いたという達成感!!に包まれつつ)。



←ランキングに参加しています。クリックして頂けると励みになります♪

関連記事

あはっ、「Love so sweet」発売♪

えへっ、明日(2月21日)いよいよ発売。



Love so sweet(初回限定盤)

Love so sweet(初回限定盤)

嵐,SPIN,mugen,櫻井翔,ha-j,北川吟,youth case



Love so sweet

Love so sweet

嵐,SPIN,mugen,櫻井翔,ha-j,youth case



Amazonから、「ご注文の商品を発送しました」っていうメールが届いてた~。



ってことは、明日届くってことだ~。



えへっ。



あはっ。



嬉しい……♪



今週は、「うたばん」にも出るし、Mステにもまたまた登場しちゃうし。



なんかこの曲、すごく好きなの、最初に聴いた時から。



嵐らしくて、可愛くて。



早くiPodに入れたい。



そして朝な夕なに、昼に夜中に、延々聞き続けるのだ……!!!



←ランキングに参加しています。クリックして頂けると励みになります♪

関連記事

『ハンドク!!!』を観て~ノブ、あなたの人生には意味があった。

ドラマ『ハンドク!!!』を、今頃になってではあるが、観た。



ハンドク!!! 5巻セット

ハンドク!!! 5巻セット

長瀬智也



以下、観た人にしか分からない、かつ、観ていない人にとってはネタバレ必至かもしれないが、えぇい、この際、そんなことは一切かまうことなく、好き勝手に、独りよがりに書く。



私が書きたいことはただ一点、ノブ(二宮和也〔かずなり〕)の生と死についてである。



「生まれてこなければよかった」──そう言い残して死んだ彼が不憫でならない。



彼は死の床でこんなことも言っていた、「どうせ初めから決まってるんだ、大事にされる奴と、大事にされない奴と……」と。



最後まで無念の思いを抱えたままで死んでいったノブ。



だけど、そんな彼を助けるために、一番(長瀬智也)も道子(内山理名)も、ぶっ倒れるまで手を尽くしたし、それでも助けられなかった時に、道子は声を上げて泣いた。



通夜の時だって、みんな悲しんでいた。



みんなに愛されていたことが分かる、悲しまれ方だった。



彼は生前、きっと自分が死んでも誰も悲しまないだろうと思っていたんじゃないかな。



そして、自分の人生って何だったんだろう、自分の存在って、自分の命って、何だったんだろうって、それがとても無価値に、無意味に思えていたのではないだろうか。



「生まれてこなければよかった」なんて、彼に言ってほしくなかった。



否、彼にだけではない、どんな人にだってそんなこと思ってほしくない。



救いは、たぶん霊子線が切れる前の24時間の間に、その一番や道子の様子、新聞店の人たちの様子を見て、ああ、自分の人生って、そんなに捨てたもんでもなかったのかなって気づけたかもしれないこと。



もちろん、彼が最後にやっちゃったこと(一言で言うと、逆恨みによる殺人未遂、ということになりますか)は正しいことではなかったから、彼が最終的に天国に還れたかどうかは分からない。



前科もあったみたいだし、それを補って余りあるプラスを生み出せていたかどうか、また、死の間際に犯した罪を、もしかして事故ではあったが命を落としたことによって何らか償い得たのか、その辺は本当に仏や神でないと分からない領域ですな。



何にしても、ノブに言いたい、あなたは生まれてきてよかったのだ、あなたが生きたことによって幸せになった人もたくさんいたのだ、あなたの人生には意味があったのだ、あなたの存在には価値があったのだ、と。



←ランキングに参加しています。クリックして頂けると励みになります♪

続きを読む

関連記事

「飛び立つ前の眠り」

君が流せない涙を

僕が流そう

君が叫べない思いを

僕が叫ぼう

君が綴れない言葉を

僕が綴ろう

君が走れない道を

僕が走ろう



誰かが

君を立ちすくませて

そこから動けなくしているとしても

何かが

君に突き刺さって

そのまま消えずにいるとしても



ねえ

空を飛ぼう

青く

抜けるように自由な空を

できないことを数え続けるのではなくて

むしろ飛ぼう

いっそ飛んでしまおう

そこに何もなくていい

誰かを探さなくていい

ただ飛び立てばいい



君が羽ばたくなら

僕は翼になろう

君が歌うなら

僕は風になろう

君が止まるなら

僕は枝になろう

君が微笑むなら

僕は

笑くぼに



だから安心して

飛び立つ前の眠りは

僕が守るから







←ランキングに参加しています。クリックして頂けると励みになります♪

関連記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

ちょいハピのオススメ


比較幸福学の基本論点 (OR books)比較幸福学の基本論点 (OR books)
(2014/09/30)
黒川 白雲

商品詳細を見る

知的幸福整理学 (OR books)知的幸福整理学 (OR books)
(2014/09/23)
黒川 白雲

商品詳細を見る

実戦英語仕事学 (OR books)実戦英語仕事学 (OR books)
(2014/08/30)
木村 智重

商品詳細を見る

新しき大学とミッション経営 (OR books)新しき大学とミッション経営 (OR books)
(2014/06/27)
九鬼 一

商品詳細を見る

幸福の科学大学の目指すもの―ザ・フロンティア・スピリット (OR books)幸福の科学大学の目指すもの―ザ・フロンティア・スピリット (OR books)
(2014/06)
九鬼 一

商品詳細を見る

大学教育における信仰の役割 (OR books)大学教育における信仰の役割 (OR books)
(2014/06/30)
九鬼 一

商品詳細を見る

20代で身につけたい仕事で自信を持つための6つの力20代で身につけたい仕事で自信を持つための6つの力
(2014/05/08)
不明

商品詳細を見る

本多静六の努力論―人はなぜ働くのか (新・教養の大陸BOOKS 2)本多静六の努力論―人はなぜ働くのか (新・教養の大陸BOOKS 2)
(2014/02/14)
本多 静六

商品詳細を見る

2020年の日本と世界2020年の日本と世界
(2014/01/30)
山崎 秀夫

商品詳細を見る

幸福実現党、かく戦えり 革命いまだ成らず幸福実現党、かく戦えり 革命いまだ成らず
(2013/11/29)
幸福の科学第五編集局

商品詳細を見る

逆境をはねかえす不屈の生き方逆境をはねかえす不屈の生き方
(2013/11/21)
HSエディターズ・グループ

商品詳細を見る

反日日本人は修学旅行でつくられる反日日本人は修学旅行でつくられる
(2013/09/28)
森 虎雄

商品詳細を見る

加瀬英明のイスラム・ノート―はじめての中東入門加瀬英明のイスラム・ノート―はじめての中東入門
(2013/08/31)
加瀬 英明

商品詳細を見る

尖閣・沖縄が日本の領土である動かぬ証拠 (HRPブックレットシリーズ)尖閣・沖縄が日本の領土である動かぬ証拠 (HRPブックレットシリーズ)
(2013/03/19)
不明

商品詳細を見る

大富豪の条件 (新・教養の大陸BOOKS 1)大富豪の条件 (新・教養の大陸BOOKS 1)
(2013/05/16)
アンドリュー・カーネギー

商品詳細を見る

ストーリーで学ぶ仕事で悩まないための3つの心がけストーリーで学ぶ仕事で悩まないための3つの心がけ
(2013/04)
HSエディターズグループ

商品詳細を見る

神国日本の精神―真の宗教立国をめざして (OR books)神国日本の精神―真の宗教立国をめざして (OR books)
(2013/03)
大川 咲也加

商品詳細を見る

機嫌のいい子に育つママの口ぐせ機嫌のいい子に育つママの口ぐせ
(2013/03/01)
上田 隆

商品詳細を見る

大富豪になる方法 (新・教養の大陸シリーズ)大富豪になる方法 (新・教養の大陸シリーズ)
(2013/02/14)
安田 善次郎

商品詳細を見る

対日戦争を仕掛ける男 習近平の野望対日戦争を仕掛ける男 習近平の野望
(2012/12)
相馬 勝

商品詳細を見る

日本の国益―野蛮・中国に勝つための10の論点日本の国益―野蛮・中国に勝つための10の論点
(2012/12)
潮 匡人、河添 恵子 他

商品詳細を見る

革命いまだ成功せず―孫文伝革命いまだ成功せず―孫文伝
(2012/12/07)
黒須 義宏、チームIJINDEN 他

商品詳細を見る

実践・私の中国分析―「毛沢東」と「核」で読み解く国家戦略実践・私の中国分析―「毛沢東」と「核」で読み解く国家戦略
(2012/12)
平松 茂雄

商品詳細を見る

世界経済の覇権史―辺境ゆえに日本の世紀がやってくる世界経済の覇権史―辺境ゆえに日本の世紀がやってくる
(2012/12)
増田 悦佐

商品詳細を見る

映画「神秘の法」完全ガイド (OR books)映画「神秘の法」完全ガイド (OR books)
(2012/10)
「神秘の法」シナリオプロジェクト

商品詳細を見る

映画「神秘の法」が明かす近未来シナリオ―公式ガイドブック〈1〉 (OR books)映画「神秘の法」が明かす近未来シナリオ―公式ガイドブック〈1〉 (OR books)
(2012/08/29)
不明

商品詳細を見る

幸福感の強い人、弱い人―最新ポジティブ心理学の信念の科学幸福感の強い人、弱い人―最新ポジティブ心理学の信念の科学
(2012/07/26)
千田 要一

商品詳細を見る

中国――崩壊と暴走、3つのシナリオ中国――崩壊と暴走、3つのシナリオ
(2012/05/29)
石平(せき へい)

商品詳細を見る

放射能・原発、これだけ知れば怖くない!放射能・原発、これだけ知れば怖くない!
(2012/05/29)
高田 純

商品詳細を見る

なぜ、その商品がほしくなるのかなぜ、その商品がほしくなるのか
(2012/05/29)
平林 千春(ひらばやし ちはる)

商品詳細を見る

映画ファイナル・ジャッジメントの秘密に迫る―企画から製作秘話まで (OR books)映画ファイナル・ジャッジメントの秘密に迫る―企画から製作秘話まで (OR books)
(2012/04)
大川 宏洋

商品詳細を見る

雨宮経理課長の憂鬱雨宮経理課長の憂鬱
(2012/02)
麦生 郁

商品詳細を見る

日本政治の常識破壊日本政治の常識破壊
(2012/05/18)
ついき 秀学

商品詳細を見る

迫りくる!中国の侵略から沖縄を守れ! (HRPブックレットシリーズ VOL. 3)迫りくる!中国の侵略から沖縄を守れ! (HRPブックレットシリーズ VOL. 3)
(2012/05/12)
幸福実現党出版局

商品詳細を見る

増税亡国論 (HRPブックレットシリーズ)増税亡国論 (HRPブックレットシリーズ)
(2012/03/09)
不明

商品詳細を見る

しっかりわかる!幕末・維新(別冊ザ・リバティ)しっかりわかる!幕末・維新(別冊ザ・リバティ)
(2011/12/02)
不明

商品詳細を見る

ざっくりわかる!三国志 超入門(別冊ザ・リバティ)ざっくりわかる!三国志 超入門(別冊ザ・リバティ)
(2011/11/21)
不明

商品詳細を見る

偉人たちの告白偉人たちの告白
(2011/11/17)
HSエディターズ・グループ

商品詳細を見る

伝道師―仏教、キリスト教はいかにして世界宗教になったか伝道師―仏教、キリスト教はいかにして世界宗教になったか
(2011/11/17)
HSエディターズ・グループ

商品詳細を見る

これが真実(ホント)の放射能の話―「風評」にまどわされないで! (HRPブックレットシリーズ)これが真実(ホント)の放射能の話―「風評」にまどわされないで! (HRPブックレットシリーズ)
(2011/11/10)
放射能問題研究会

商品詳細を見る

別冊ザ・リバティ 2011年 10月号 [雑誌]別冊ザ・リバティ 2011年 10月号 [雑誌]
(2011/09/06)
不明

商品詳細を見る

日本経済再建宣言―幸福実現党の「新・所得倍増計画」でGDP世界一を目指せ!日本経済再建宣言―幸福実現党の「新・所得倍増計画」でGDP世界一を目指せ!
(2011/07/11)
ついき 秀学、中野 雄太 他

商品詳細を見る

狙われたシリウス狙われたシリウス
(2011/06)
山田 典宗

商品詳細を見る

元気出せ!ニッポン〈第1集〉日本を復興させる12人元気出せ!ニッポン〈第1集〉日本を復興させる12人
(2011/05)
「元気出せ!ニッポン」制作部

商品詳細を見る

P0244.jpgあなたの願いがかなうハッピー開運BOOK (Odein Mook 88)
(2011/05/25)
不明

商品詳細を見る

マンガ本当にあった宇宙人のヒミツマンガ本当にあった宇宙人のヒミツ
(2011/04/21)
不明

商品詳細を見る

あなたにも起きる奇跡のヒミツ (Odein Mook 83)あなたにも起きる奇跡のヒミツ (Odein Mook 83)
(2011/03/24)
不明

商品詳細を見る

マンガ30分でわかるあの世のヒミツ (Odein Mook 84)マンガ30分でわかるあの世のヒミツ (Odein Mook 84)
(2011/03/02)
不明

商品詳細を見る

高貴なる義務を果たせ―幸福の科学学園の未来創造教育高貴なる義務を果たせ―幸福の科学学園の未来創造教育
(2011/03/01)
幸福の科学学園

商品詳細を見る

ニュー・フロンティア戦略―「宇宙」と「海洋」を拓けば日本は甦るニュー・フロンティア戦略―「宇宙」と「海洋」を拓けば日本は甦る
(2011/01)
杉山 徹宗

商品詳細を見る

ワールドゲイナートレーディングカードゲームワールドゲイナートレーディングカードゲーム
(2010/12)
不明

商品詳細を見る

日本人だけが知らない宇宙人とUFOの秘密 (Odein Mook 82)日本人だけが知らない宇宙人とUFOの秘密 (Odein Mook 82)
(2010/12/02)
不明

商品詳細を見る

史上最強の都市国家ニッポン 逆・日本列島改造論史上最強の都市国家ニッポン 逆・日本列島改造論
(2010/12/01)
増田 悦佐、三橋 貴明 他

商品詳細を見る

未来はこうなる!―日本発ビッグプロジェクト未来はこうなる!―日本発ビッグプロジェクト
(2010/11/10)
山本 俊政

商品詳細を見る

がんの幸せな受け入れ方がんの幸せな受け入れ方
(2010/09/03)
朝日 俊彦

商品詳細を見る

クリエイティブパワークリエイティブパワー
(2010/06/07)
ドクター 中松

商品詳細を見る

国難に備えよ―日本の安全保障を問う!国難に備えよ―日本の安全保障を問う!
(2010/05/27)
矢内 筆勝饗庭 直道

商品詳細を見る

政治のしくみ超・入門政治のしくみ超・入門
(2010/04)
幸福実現党日本の未来について本気で考える

商品詳細を見る

君がそばにいても僕は君が恋しい君がそばにいても僕は君が恋しい
(2006/10)
リュ シファ

商品詳細を見る

スナフキンの午睡スナフキンの午睡
(2009/12)
麦生 郁

商品詳細を見る

フレンドリー・スノー―心に舞い降りた雪の物語フレンドリー・スノー―心に舞い降りた雪の物語
(2008/11/27)
M・スコット・ペック

商品詳細を見る

ちいさな木ちいさな木
(2006/10/28)
Towaシミズ ヒロ

商品詳細を見る

LINK(リンク) ―きずなLINK(リンク) ―きずな
(2006/11/17)
平田 芳久

商品詳細を見る

ボディ・ジャックボディ・ジャック
(2006/05)
光岡 史朗

商品詳細を見る

時のエリュシオン時のエリュシオン
(1997/03)
景山 民夫

商品詳細を見る

最善主義が道を拓く最善主義が道を拓く
(2009/11/18)
タル・ヘ゛ン・シャハー

商品詳細を見る

HAPPIER―幸福も成功も手にするシークレット・メソッド ハーバード大学人気No.1講義HAPPIER―幸福も成功も手にするシークレット・メソッド ハーバード大学人気No.1講義
(2007/12)
Tal Ben‐Shahar、

商品詳細を見る

いじめ栄えて国亡ぶ―教育再生の鍵はゼロトレランスにありいじめ栄えて国亡ぶ―教育再生の鍵はゼロトレランスにあり
(2009/12/08)
加藤 十八

商品詳細を見る

エマソンの「偉人伝」―天才たちの感化力で、人生が輝く。 (教養の大陸BOOKS)エマソンの「偉人伝」―天才たちの感化力で、人生が輝く。 (教養の大陸BOOKS)
(2009/10)
R.W.エマソン

商品詳細を見る

代表的日本人―日本の品格を高めた人たち (教養の大陸BOOKS)代表的日本人―日本の品格を高めた人たち (教養の大陸BOOKS)
(2009/10)
内村 鑑三

商品詳細を見る

自助論 西国立志編 上―努力は必ず報われる (教養の大陸BOOKS)自助論 西国立志編 上―努力は必ず報われる (教養の大陸BOOKS)
(2009/10/05)
サミュエル・スマイルズ/中村 正直

商品詳細を見る

自助論 西国立志編 下―努力は必ず報われる (教養の大陸BOOKS)自助論 西国立志編 下―努力は必ず報われる (教養の大陸BOOKS)
(2009/10/05)
サミュエル・スマイルズ/中村 正直

商品詳細を見る

学問のすすめ 他一篇―真の独立人になるために (教養の大陸BOOKS)学問のすすめ 他一篇―真の独立人になるために (教養の大陸BOOKS)
(2009/10)
福沢 諭吉

商品詳細を見る

「ありがとう」と言えてよかった。―介護と看取りの心を見つめて「ありがとう」と言えてよかった。―介護と看取りの心を見つめて
(2008/02)
荻田 千榮

商品詳細を見る

あなたがいてくれてよかった。―愛する人を看取るときあなたがいてくれてよかった。―愛する人を看取るとき
(2006/06)
荻田 千榮

商品詳細を見る

あなたの心を守りたい ―女性医師が現場でつかんだ心の危機管理術あなたの心を守りたい ―女性医師が現場でつかんだ心の危機管理術
(2006/10/28)
舘 有紀

商品詳細を見る

でも、生きていく。―「自殺」から立ち直った人たちでも、生きていく。―「自殺」から立ち直った人たち
(2006/05)
「ザリバティ」編集部

商品詳細を見る

未来を創るエジソン発想法未来を創るエジソン発想法
(2009/05/19)
浜田 和幸

商品詳細を見る

シークレットアドバイス-世界トップの企業家&CEOが明かした「私の働き方」シークレットアドバイス-世界トップの企業家&CEOが明かした「私の働き方」
(2008/09/03)
「フォーチュン」編集部

商品詳細を見る

伝説の再建人――倒産か再建か―瀕死の企業に挑むCEO のリーダーシップ伝説の再建人――倒産か再建か―瀕死の企業に挑むCEO のリーダーシップ
(2008/12/08)
スティーブ・ミラー

商品詳細を見る

荘子の心―自由に生きるヒント荘子の心―自由に生きるヒント
(2008/06/06)
于 丹

商品詳細を見る

ブログランキング

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2Blog Ranking

リンク

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご挨拶

※このブログは、2005年12月からhttp://choi-happy.jugem.jp/にて書いてきたものを、2009年4月初旬にこちらへ移植したものです。そのため、以前の記事は行間が広すぎるなど、見苦しい点もありますが、何とぞご了承ください。

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブックマーク

FC2カウンター

プロフィール

ちょいハピ

Author:ちょいハピ
【2010年12月30日更新】

久々にプロフィールを更新してみます。

ツイッターを始めてから、すっかり「自動まとめ記事」ばかりが中心になってしまいつつあるこのブログ。
それでも、本や映画の感想などをきちんと書きたい時などにはどうしても不可欠の、私にとって大切な場でもあります。

以下、簡単に自己紹介というか自らの特徴を述べてみます。

まず、人生最大の娯楽は「書店で本を眺める」ことと「映画館で映画を観る」こと。
また、連ドラフリークでもあります。

嵐ファン歴は、約6年半。
(つまり、こんなにブレイクする何年も前からファンだったのだ!ということをここで強調したいわけだったりして)

趣味は散歩、そして不審な挙動(汗)。

そのほか、語学も好きで、特に文字が大好き。
文字に対する愛情というか愛着というか偏愛?は、我ながらかなり強い。

とりあえずはこんな感じです。
ぼちぼちお付き合いいただけましたらたいへん幸いです。


【以下、旧バージョン(1)】

2008年12月18日現在、少し古くなっていたこのプロフィールを、久々に書き直してみます。

このブログを始めたのは、40歳になって間もないころでした。
人生80年時代とはいいつつ、40歳を過ぎると、いろいろな病気などで、けっこう突然な感じで亡くなる方も、少なくありません。
ですから、自分も40代に入った時、「これで少し落ち着けるかな」という安堵の気持ちと同時に、「いつ死んでも悔いのないようにしておこう」という覚悟みたいなものも持ちました。
そこで、「いつ死ぬか分からない中、たとえば今、急に死んだとして、何か自分に言い残したことはないだろうか?」と考えた時に、それを自分なりに探りながら書いてみたい、という思いが湧き、そんな動機から、このブログを始めてみたのです。

最初の記事の日付が2005年12月5日ですから、いつの間にか、もう3年も経っています。
相変わらず、大した内容は書けていないし、この3年でそんなに成長したという実感も、あまりないというのが正直なところ。
しかし、これはこれなりに、何らか意味のあるものでありたいし、そのために、何を書いていくべきなのか、日々、模索し続けています。
不惑を越えながらも、いまだ発展途上──。
このブログには、たぶんそんな私の等身大の姿が、浮き彫りにされているのかもしれません(と、ひとまず言い方だけはかっこよくキメてみましたが、その浮き彫りにされた等身大の姿が全然かっこよくないところが悲喜こもごも)。

ブログタイトルは、文字通り、「小さなことの中に喜びを見いだしていこう。与えられていないものに対して不満を抱くことよりも、与えられているものに対して感謝を抱いて生きていこう」といった意味合いが込められています。
実際に、そういった内容になっているかは何とも言いかねますが、少なくとも当初の志としては、書いている自分も、読んでくれた人も、少しだけ、よりハッピーになれたらいいな、という願いが根本にあります。

これからも、引き続きご愛読いただき、「ちょっぴりハッピー」な気持ちになっていただけたら幸いです。


【以下、旧バージョン(2)】
人生80年と言われる時代ですが、私も、一応80歳を目標にしています。
42歳の今、残り半分を切り、これからの後半生を、一日一日、大切に生きたいと願っています。
人生において、いちばん大切なことは何なのか。
その実現のために、今、そしてこれから、何をしなくてはならないのか。
それを模索しながら、少しずつでもいいから前進し続けたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。