スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハムクーラー…ハムスターの夏ばて防止に福音!

みなさ~ん!



みなさんは、ハムクーラーなるものをご存じでしょうか?



これはですね、ユニテックスという会社のアイデア商品なのですが、ハムスター愛好家の間には徐々に浸透しつつある、隠れた人気商品らしいのです。



聞くところによると、その会社の社長さんが、飼っているハムスターが暑さにぐったりしているのを見るに見かねて、自ら開発したものだとか。



で、ハムスター愛好家たちからは、「そう、これよ、こういうのが欲しかったのよ~!」と、待ってました的に喜ばれているのだそうな。



購入者からの喜びのメールなんかもHPに載っていて、──そういうのって、一般的には、やらせ風なのが多いのですが、これに関しては、どうも本物っぽいのですわ。



何か、詳しい原理はよく分からないのですが、アルミ板を使って云々、という感じで、電気代とかもかからないのだそうです。



21世紀的エコロジー商品ですね~!



……って、なんでこんなに一生懸命に私が宣伝しているのかっていうのがよく分からないといえば分からないわけですが(^_^;



ま、要は、友人がこれを購入し、どれほど素晴らしい商品かというのを、写真付きメールにて、切々と訴えかけてくれたものですから、ついつい(^_^;



そう、写真には、そのハムクーラーの中に入って気持ちよさそ~にしているハムちゃんの姿が写っていて、ほんと可愛いの♪



もし、ハムスター愛好家の方で、まだこの商品をお持ちでない方は、ぜひ、暑さに辟易しているハムちゃんの夏ばて防止のために、ご購入をお勧めいたします。



……何か、私まで飼いたくなってきた、ハムスター。



……ウサギとどっちにするか、ちょっと思案のしどころですな。



←ランキングに参加しています。クリックして頂けると励みになります♪

関連記事
スポンサーサイト

『レンタルお姉さん』~熱すぎず、冷めすぎず。

実はまだ読んでいないのだが、「ザ・リバティ」という雑誌に紹介されていた本。



レンタルお姉さん

レンタルお姉さん

荒川 龍



内容は、アマゾンの商品説明によると、以下のとおり。



「言葉ではない何か」を伝え、ニートを動かす強さと優しさ…。

学校にも会社にも行かない若者たちと、手紙・電話・訪問を通して交流し、新たな行動を起こさせようと奮闘する「レンタルお姉さん」と呼ばれる女性たちを描くルポ。

(「MARC」データベースより)




もちろん、男性版の「レンタルお兄さん」もいるのだそうです。



雑誌のほうでは、記者が彼らに同行して、彼らと、ニートや引きこもりの人とのやり取りを記事にしています。



記事を読んだ限りでは、関わり方として、熱すぎず、冷めすぎず──そんなスタンスでやっている印象を受けました。



興味深い取り組みですよね。



これはやはり、「お姉さん」「お兄さん」だからいいんだろうな。



期待したいです。



←ランキングに参加しています。クリックして頂けると励みになります♪

関連記事

作品を生み出すということ。

見城徹という人の言うことは、必ずしもすべてを鵜呑みにすることはできないだろう。



しかし、少なくとも一つだけ肯んずることができるとするならば、それは、ものを書くということ、あるいはまた、ものを書かせるということがどういうことなのか、という点だろう。



見城徹 編集者魂の戦士―別冊課外授業ようこそ先輩

見城徹 編集者魂の戦士―別冊課外授業ようこそ先輩

NHK「課外授業ようこそ先輩」制作グループ, KTC中央出版, 中央出版=



ものを書くという行為には、魂をえぐるような苦しみが伴う、ということ。



彼の言葉どおりではないかもしれないが、内容的にはそうしたことを言っていたと記憶する。



編集者として、作家にものを書かせるということは、作家のみならず、自らも、その苦しみを共有することなのだ。



その結果、人の胸を打つ作品を生み出すことができたならば、その時に初めて、その苦しみが意味を持つはずである(一つの文に「その」が三つあるのはどうかと思いつつ)。



多くの人の心に届く作品を、生み出していきたい。



←くりっく・ひあ!(kokoe kachirito narashinasai)

関連記事

8月1日はドラマ「トリプルキッチン」をお見逃しなく!

あ~らいやだ、気づけばもうじき7月もおしまい、そしたら8月じゃないの!



大変大変、早めに言っとかなきゃ。



みなさ~ん!



8月1日(火)夜9時、TBSをご覧くださいませっ!



なぜかって?



それは──

積水ハウスドラマスペシャル「トリプルキッチン」

──を観るために他なりませんわ!



なになに──

「ダブルキッチン」から13年……進化した嫁姑バトル!

──と。



ほほぅ、そういえば、最近、「ダブルキッチン」の再放送を見かけたような気がするのも、その前フリだったのか!



で、キャストは──

江角マキコ、加藤浩次、相葉雅紀(嵐)、さくら、岡本麗、石原良純、加藤貴子、佐々木すみ江、谷津勲、星野晶子、遼花、秋元晏斗玲、佐野史郎(SPECIAL THANKS)、横山めぐみ(SPECIAL THANKS)、野際陽子、伊東四朗

──とのこと。



嫁姑を演じるのは、江角マキコ、野際陽子、ということのようですね。



で、我らが相葉くんは、ニートの役なんだって。



うわ~、どうしよう!



っていうのは、別に相葉ちゃんのファンじゃない人たちも、大勢、観るだろうから……そこで、みなさんが、彼の演技をどう見るのかしらっていうのが、ちょっと心配~!!



……すごく心配~!!!!!



きっと当日は、テレビの前で、手に汗握って観ることになるんだろうなぁ。



みなさま、そんなわけで、ご覧になる前に、ぜひインタビュー──相葉雅紀もお読みくださいまし!



←ランキングに参加しています。クリックして頂けると励みになります♪

関連記事

水色タンクの可愛いバイク発見!……Officialって~!?

今日、お散歩の途中に、すごく可愛いバイクを発見しました。



何が可愛いって、タンクの色。



こんな色、見たことないなぁ。







……ま、例によって、あんまりうまく撮れてないですね。



それに、前輪に自転車がかぶっているあたりも、何とも言えない(^_^;



とりあえず、全体像を、と思ってこれを撮り、次に接写を試みました。







この角度は、またがった際の景色にやや近いとも言えるか(微妙だが)。



うん、タンクの色つや等、思ったりよりよく撮れているではないか(自画自賛)!



──ただ、何やら余計な線が入っちゃってますね(やっぱり失敗か~!)。



最後に、メーカーだか車種だからしき横文字が見えたので、これを撮っておけば、あとでこの子(バイクのことですよ♪)の素性が分かるかも、と思い、撮ったのがこれ。







う~ん、Officialねぇ。



ま、私がバイクに乗ってたのは早10年以上前のことだし、車種に疎くなっててもしかたないか。



というわけで、ネットで一生懸命に(!)調べたところ、分かったのは、

『オフィシャル』は、SR、エストレヤ、W650のカスタムパーツの専門店です。

ということです(オフィシャル社HPより)。



ん~、何かそそります~。



どうでしょう、ここで、10年以上の時を経て、再びバイク乗りとしての人生を歩み始める、というのは!?



──自らへの無謀なる問いかけの答えは、永遠の霧の中に、音もなく吸い込まれていくのだった(詩人?)。



←ランキングに参加しています。クリックして頂けると励みになります♪

関連記事

サンプルブロガーによる口コミの効果のほどは?

数日前、テレビ東京のWBS(ワールドビジネスサテライト)という番組で観て知ったのですが、今、サンプルブロガーなるものがあるのだそうですね(サンプルブロガー募集!)。



自分の興味のある分野をあらかじめ登録しておくと、それに関連するサンプル商品を送ってもらえて、それについて、自分のブログで紹介したりするのらしい。



特に報酬はなく、だからこそ好きなことが書ける(つまり、よくないと思ったら、よくないと書ける)。



サンプル商品を提供する企業側は、口コミの効果を狙っているという話でした。



自社のHPでいくら美辞麗句を並べて宣伝しても、誰も本気にしないが、個人のブロガーの生の声なら、説得力がある、ということのようです。



ふむふむ、そういう時代なのですね。



ブロガーの端くれとしても関心を持ちましたが、ものを売る側の人間としても興味を惹かれました。



ブログがこれだけ流行っている今、ネット上での口コミの威力って、無視できないものになっているんだなあ、と改めて感じました。



今後も注目すべき流れですね~!



←ランキングに参加しています。クリックして頂けると励みになります♪

関連記事

王貞治監督の手術成功に思う、21世紀的「腹腔鏡手術」。

少し遅れてのコメントになりますが、王貞治監督の胃の手術が成功したとのニュースを新聞で読みました。



最近よく聞く、「腹腔鏡手術」というやり方で行われたとか。



「腹部に数カ所穴を開けてカメラなどの器具を入れ、モニターを見ながら操作する」のだそうです(7月19日付け産経新聞より)。



この方法だと、手術後の快復も早く、また、傷も小さくて済むとか、いろいろメリットが大きいようですね。



今後、外科手術の主流になっていくのかな?



極めて21世紀的な方法のように思えます。



私も、万一、何か手術を受けることになったら、この方法がいいな。



←ランキングに参加しています。クリックして頂けると励みになります♪

関連記事

いざ、スピリチュアル・チェックをば!

mixiで、とある方が、「マイミクさん全員に」ということでバトンを回して下さったので、やってみます♪





■一番好きな色は何色ですか?

  

深い青。(夜の帳が下りかけたころ、もしくは夜明け前の、空の色。 )



■うまれ変わるとしたら何になりたいですか?



今までに思ったことがあるのは、建築家、医者。

今思っているのは、翻訳家。

それは今世でも少しやりましたが、来世は、今日本語で読んでいるものを、たぶん外国語(というか、来世の母国語)で読むと思うので、それを翻訳したい。



■守護霊はいると思いますか?



思おうが思うまいが、いますってば(^o^)



■あなたはとっても疲れています。ゆっくりやすらぐために行くのは どこですか?



海辺。プライベートビーチ(爆)。



■良く見る夢はありますか?



みんなで一生懸命に何かをやっている夢。とても大事な何かを。

(でも、何なのかが思い出せない~!)



■今までに見た印象的な夢を教えてください。



母が殺されかけたのをかばって自分が死ぬ夢。

ずうっと前に、たぶん二十年以上前に見たものですが。



■この世からなくなると困る物はなんですか?



地球。

(……こんな答えでいいのかな?

だって、いちばん困るかな~と思って……。

そりゃもちろん太陽も困るのだが。)



■人生で一番悲しかったのはいつですか?



やはり母が亡くなった時でしょうか。

(……マザコン?)



■最近どんな事で腹が立ちましたか?



言葉の行き違いがあった際に、相手が隠そうともせずに不愉快をぶつけてきた時。

……ま、私もそういうことってよくあるので、人のことは言えませんが。

そうね、やはり他人の中に自分自身の姿が投影されるのよね。

気をつけよう。



■あなたの人生の転機はいつですか?

  

1992年の秋。一冊の本との出会いが私の人生を一変させました。

(……何か、出版社か何かのコピーみたいだな~。)



■霊感はありますか?



う~ん、ないけど、全くないとも言えないかな~?

つまり、「何となく何かを感じる」というレベルであれば、なくもないのですが、それは誰でもそうでしょうね。



■幽霊を見たことはありますか?



ないです、ありがたいことに。



■オーラを見ることは出来ますか?



できますとも!(大嘘)



■最近、感動した言葉はなんですか?



「目的は人々の幸福なのだから、

互いに、助け合えることが望ましい。」

  

■バトンを回す人



たまたまこれを目にした方で、ぜひやってみたい!という熱意に駆られた方。





いや~、けっこう真面目に取り組んでしまった(^_^;



これって、やってる本人はすごく楽しいけど、読んでる人ははたして面白いのでしょうか?──という疑問に苛まれつつ、夜は更けてゆくのだった。



(……今宵もまた、最初は「老けてゆくのだった」と変換されたことだったよ。)



←ランキングに参加しています。クリックして頂けると励みになります♪

関連記事

もう一つのびっくり…「金曜日だった」!!

いや~、昨日(正確には一昨日)は、本当にびっくりした、という話をしましたが(嵐・櫻井翔in「笑っていいとも!」←幸運の女神・しずちゃん)、実は、もう一つ、びっくりがありました。



そのびっくりとは何かというと、昨日(正確には一昨日……しつこくてすみません)が、「金曜日だった」ということ。



そう、なぜか分からないけど、何とはなしに、木曜日のようなつもりで一日を過ごしていたのです。



確かに、ちょっと変だなと思うところはありました。



どうも、話がかみ合わないような、「まだ木曜日なのに、なんで?」とか思うような場面も何度かあったりして。



そこで気付けよ、っていう話ではありますが、「まぁ、いっか」的に、あえて深く追究しないまま、木曜日気分(っていうのもよく分かりませんが)を満喫♪



そして、夕方、明日の予定の話になった時に、ついに真実が明らかに。



「えっ? だって今日、木曜日でしょ?」と、摩訶不思議感覚いっぱいで尋ねた私に、みんな、失笑を押し殺しつつ、とても優しく、けれどきっぱりと教えてくれました、本当は何曜日なのかという、抗うことのできない現実を。



一瞬、これは私を陥れるための壮大なドッキリ企画(笑)ではないかと思ったぐらい、それぐらい、絶対に木曜日だと信じ切っていたのです。



あぁ……疲れているのかしら、私。



しかし、まあ、この出来事によって、少なくとも若干名の人が、ほんの少しだけ、幸せな気持ちになったみたい。



……なので、ここはとりあえず、よしとすることとしよう!



←ランキングに参加しています。クリックして頂けると励みになります♪

関連記事

嵐・櫻井翔in「笑っていいとも!」←幸運の女神・しずちゃん

いや~、今日は本当にびっくりしました。



私、かねてより何度となくお伝えしております通り、南海キャンディーズのしずちゃんを崇拝してやまない者です。



ゆえに、彼女の出ているテレビ番組は、なるべく観たいと思っています。



ただ、あまりにもいろいろ出ているので、とても全部はフォローしきれません。



たとえば、「笑っていいとも!」にも、毎週金曜日に出ているのは知っていますが、必ずしも毎回欠かさず観ているわけではありません。



たまたま思い出して録画しておいた日は観ますが、忘れている日だってあるのです。



今日(正確には昨日)は、たまたま録画してあった日でした。



夜、仕事から帰り、録画してあったそれを何の気なしに観ていると、テレフォンショッキングのコーナーが始まり、タモリさんがゲストの名前を告げました。



「参りましょう、本日のゲストは──櫻井翔くん!」



一瞬、何が起きたの!?みたいな感じになってしまい、「大変、録画しなきゃ! あっ、いいんだ、既に録画なんだから」とか、一人で混乱してしまいました(^_^;



いや~、ちょっとした奇跡って感じです~!



最近、私、テレビ番組のチェックが甘くて、こういう突発的なものって、見逃してしまうことがあるのですよ。



本当にラッキーでした。



それもこれも、しずちゃんのおかげ♪



ありがとう、しずちゃん、そして幸運の女神様♪



いや、しずちゃん、あなたこそが幸運の女神様なのです!?



ちなみに、トークの内容は、主に、

「世界遺産が好きなんですよ~。万里の長城、感動しました。あと、アンコールワットも行きました」

「屋久島のDVD、勢い余って買っちゃったんですけど、さすがに一人で屋久島のDVD観るのはきついなと思って……」

みたいな感じでした。



映画「ハチミツとクローバー」が、明日(正確には今日)公開ですから、その宣伝も、ちらっと。



あとは、嵐のCD(アルバム「ARASHIC」とシングル「アオゾラペダル」)をタモリさんにプレゼントしていました。



彼は、ひところよりやせたみたいですね。



よかったです、あんまり太りすぎるとやばいなって、少し心配していたので(^_^;



「Gの嵐!」の時より数段かっこよく見えたのは、髪をきちんと整えてあったからでしょうか。



やはり、深夜番組と違って、大勢の人が観る番組ですからね、きちんとしてくれていて安心しました。



(やはり目線が母だな……。)



ちょっと興奮気味の今夜は、「ちょいハピ」というより「がばハピ」(「がばいハッピー」の略。「がばい」とは佐賀の言葉で「すごい」を意味します)状態で更けてゆくのでした。



(……今、「ふけてゆくのでした」が、最初、「老けてゆくのでした」って変換されちゃいました。ううっ。)



←ランキングに参加しています。クリックして頂けると励みになります♪

関連記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

ちょいハピのオススメ


比較幸福学の基本論点 (OR books)比較幸福学の基本論点 (OR books)
(2014/09/30)
黒川 白雲

商品詳細を見る

知的幸福整理学 (OR books)知的幸福整理学 (OR books)
(2014/09/23)
黒川 白雲

商品詳細を見る

実戦英語仕事学 (OR books)実戦英語仕事学 (OR books)
(2014/08/30)
木村 智重

商品詳細を見る

新しき大学とミッション経営 (OR books)新しき大学とミッション経営 (OR books)
(2014/06/27)
九鬼 一

商品詳細を見る

幸福の科学大学の目指すもの―ザ・フロンティア・スピリット (OR books)幸福の科学大学の目指すもの―ザ・フロンティア・スピリット (OR books)
(2014/06)
九鬼 一

商品詳細を見る

大学教育における信仰の役割 (OR books)大学教育における信仰の役割 (OR books)
(2014/06/30)
九鬼 一

商品詳細を見る

20代で身につけたい仕事で自信を持つための6つの力20代で身につけたい仕事で自信を持つための6つの力
(2014/05/08)
不明

商品詳細を見る

本多静六の努力論―人はなぜ働くのか (新・教養の大陸BOOKS 2)本多静六の努力論―人はなぜ働くのか (新・教養の大陸BOOKS 2)
(2014/02/14)
本多 静六

商品詳細を見る

2020年の日本と世界2020年の日本と世界
(2014/01/30)
山崎 秀夫

商品詳細を見る

幸福実現党、かく戦えり 革命いまだ成らず幸福実現党、かく戦えり 革命いまだ成らず
(2013/11/29)
幸福の科学第五編集局

商品詳細を見る

逆境をはねかえす不屈の生き方逆境をはねかえす不屈の生き方
(2013/11/21)
HSエディターズ・グループ

商品詳細を見る

反日日本人は修学旅行でつくられる反日日本人は修学旅行でつくられる
(2013/09/28)
森 虎雄

商品詳細を見る

加瀬英明のイスラム・ノート―はじめての中東入門加瀬英明のイスラム・ノート―はじめての中東入門
(2013/08/31)
加瀬 英明

商品詳細を見る

尖閣・沖縄が日本の領土である動かぬ証拠 (HRPブックレットシリーズ)尖閣・沖縄が日本の領土である動かぬ証拠 (HRPブックレットシリーズ)
(2013/03/19)
不明

商品詳細を見る

大富豪の条件 (新・教養の大陸BOOKS 1)大富豪の条件 (新・教養の大陸BOOKS 1)
(2013/05/16)
アンドリュー・カーネギー

商品詳細を見る

ストーリーで学ぶ仕事で悩まないための3つの心がけストーリーで学ぶ仕事で悩まないための3つの心がけ
(2013/04)
HSエディターズグループ

商品詳細を見る

神国日本の精神―真の宗教立国をめざして (OR books)神国日本の精神―真の宗教立国をめざして (OR books)
(2013/03)
大川 咲也加

商品詳細を見る

機嫌のいい子に育つママの口ぐせ機嫌のいい子に育つママの口ぐせ
(2013/03/01)
上田 隆

商品詳細を見る

大富豪になる方法 (新・教養の大陸シリーズ)大富豪になる方法 (新・教養の大陸シリーズ)
(2013/02/14)
安田 善次郎

商品詳細を見る

対日戦争を仕掛ける男 習近平の野望対日戦争を仕掛ける男 習近平の野望
(2012/12)
相馬 勝

商品詳細を見る

日本の国益―野蛮・中国に勝つための10の論点日本の国益―野蛮・中国に勝つための10の論点
(2012/12)
潮 匡人、河添 恵子 他

商品詳細を見る

革命いまだ成功せず―孫文伝革命いまだ成功せず―孫文伝
(2012/12/07)
黒須 義宏、チームIJINDEN 他

商品詳細を見る

実践・私の中国分析―「毛沢東」と「核」で読み解く国家戦略実践・私の中国分析―「毛沢東」と「核」で読み解く国家戦略
(2012/12)
平松 茂雄

商品詳細を見る

世界経済の覇権史―辺境ゆえに日本の世紀がやってくる世界経済の覇権史―辺境ゆえに日本の世紀がやってくる
(2012/12)
増田 悦佐

商品詳細を見る

映画「神秘の法」完全ガイド (OR books)映画「神秘の法」完全ガイド (OR books)
(2012/10)
「神秘の法」シナリオプロジェクト

商品詳細を見る

映画「神秘の法」が明かす近未来シナリオ―公式ガイドブック〈1〉 (OR books)映画「神秘の法」が明かす近未来シナリオ―公式ガイドブック〈1〉 (OR books)
(2012/08/29)
不明

商品詳細を見る

幸福感の強い人、弱い人―最新ポジティブ心理学の信念の科学幸福感の強い人、弱い人―最新ポジティブ心理学の信念の科学
(2012/07/26)
千田 要一

商品詳細を見る

中国――崩壊と暴走、3つのシナリオ中国――崩壊と暴走、3つのシナリオ
(2012/05/29)
石平(せき へい)

商品詳細を見る

放射能・原発、これだけ知れば怖くない!放射能・原発、これだけ知れば怖くない!
(2012/05/29)
高田 純

商品詳細を見る

なぜ、その商品がほしくなるのかなぜ、その商品がほしくなるのか
(2012/05/29)
平林 千春(ひらばやし ちはる)

商品詳細を見る

映画ファイナル・ジャッジメントの秘密に迫る―企画から製作秘話まで (OR books)映画ファイナル・ジャッジメントの秘密に迫る―企画から製作秘話まで (OR books)
(2012/04)
大川 宏洋

商品詳細を見る

雨宮経理課長の憂鬱雨宮経理課長の憂鬱
(2012/02)
麦生 郁

商品詳細を見る

日本政治の常識破壊日本政治の常識破壊
(2012/05/18)
ついき 秀学

商品詳細を見る

迫りくる!中国の侵略から沖縄を守れ! (HRPブックレットシリーズ VOL. 3)迫りくる!中国の侵略から沖縄を守れ! (HRPブックレットシリーズ VOL. 3)
(2012/05/12)
幸福実現党出版局

商品詳細を見る

増税亡国論 (HRPブックレットシリーズ)増税亡国論 (HRPブックレットシリーズ)
(2012/03/09)
不明

商品詳細を見る

しっかりわかる!幕末・維新(別冊ザ・リバティ)しっかりわかる!幕末・維新(別冊ザ・リバティ)
(2011/12/02)
不明

商品詳細を見る

ざっくりわかる!三国志 超入門(別冊ザ・リバティ)ざっくりわかる!三国志 超入門(別冊ザ・リバティ)
(2011/11/21)
不明

商品詳細を見る

偉人たちの告白偉人たちの告白
(2011/11/17)
HSエディターズ・グループ

商品詳細を見る

伝道師―仏教、キリスト教はいかにして世界宗教になったか伝道師―仏教、キリスト教はいかにして世界宗教になったか
(2011/11/17)
HSエディターズ・グループ

商品詳細を見る

これが真実(ホント)の放射能の話―「風評」にまどわされないで! (HRPブックレットシリーズ)これが真実(ホント)の放射能の話―「風評」にまどわされないで! (HRPブックレットシリーズ)
(2011/11/10)
放射能問題研究会

商品詳細を見る

別冊ザ・リバティ 2011年 10月号 [雑誌]別冊ザ・リバティ 2011年 10月号 [雑誌]
(2011/09/06)
不明

商品詳細を見る

日本経済再建宣言―幸福実現党の「新・所得倍増計画」でGDP世界一を目指せ!日本経済再建宣言―幸福実現党の「新・所得倍増計画」でGDP世界一を目指せ!
(2011/07/11)
ついき 秀学、中野 雄太 他

商品詳細を見る

狙われたシリウス狙われたシリウス
(2011/06)
山田 典宗

商品詳細を見る

元気出せ!ニッポン〈第1集〉日本を復興させる12人元気出せ!ニッポン〈第1集〉日本を復興させる12人
(2011/05)
「元気出せ!ニッポン」制作部

商品詳細を見る

P0244.jpgあなたの願いがかなうハッピー開運BOOK (Odein Mook 88)
(2011/05/25)
不明

商品詳細を見る

マンガ本当にあった宇宙人のヒミツマンガ本当にあった宇宙人のヒミツ
(2011/04/21)
不明

商品詳細を見る

あなたにも起きる奇跡のヒミツ (Odein Mook 83)あなたにも起きる奇跡のヒミツ (Odein Mook 83)
(2011/03/24)
不明

商品詳細を見る

マンガ30分でわかるあの世のヒミツ (Odein Mook 84)マンガ30分でわかるあの世のヒミツ (Odein Mook 84)
(2011/03/02)
不明

商品詳細を見る

高貴なる義務を果たせ―幸福の科学学園の未来創造教育高貴なる義務を果たせ―幸福の科学学園の未来創造教育
(2011/03/01)
幸福の科学学園

商品詳細を見る

ニュー・フロンティア戦略―「宇宙」と「海洋」を拓けば日本は甦るニュー・フロンティア戦略―「宇宙」と「海洋」を拓けば日本は甦る
(2011/01)
杉山 徹宗

商品詳細を見る

ワールドゲイナートレーディングカードゲームワールドゲイナートレーディングカードゲーム
(2010/12)
不明

商品詳細を見る

日本人だけが知らない宇宙人とUFOの秘密 (Odein Mook 82)日本人だけが知らない宇宙人とUFOの秘密 (Odein Mook 82)
(2010/12/02)
不明

商品詳細を見る

史上最強の都市国家ニッポン 逆・日本列島改造論史上最強の都市国家ニッポン 逆・日本列島改造論
(2010/12/01)
増田 悦佐、三橋 貴明 他

商品詳細を見る

未来はこうなる!―日本発ビッグプロジェクト未来はこうなる!―日本発ビッグプロジェクト
(2010/11/10)
山本 俊政

商品詳細を見る

がんの幸せな受け入れ方がんの幸せな受け入れ方
(2010/09/03)
朝日 俊彦

商品詳細を見る

クリエイティブパワークリエイティブパワー
(2010/06/07)
ドクター 中松

商品詳細を見る

国難に備えよ―日本の安全保障を問う!国難に備えよ―日本の安全保障を問う!
(2010/05/27)
矢内 筆勝饗庭 直道

商品詳細を見る

政治のしくみ超・入門政治のしくみ超・入門
(2010/04)
幸福実現党日本の未来について本気で考える

商品詳細を見る

君がそばにいても僕は君が恋しい君がそばにいても僕は君が恋しい
(2006/10)
リュ シファ

商品詳細を見る

スナフキンの午睡スナフキンの午睡
(2009/12)
麦生 郁

商品詳細を見る

フレンドリー・スノー―心に舞い降りた雪の物語フレンドリー・スノー―心に舞い降りた雪の物語
(2008/11/27)
M・スコット・ペック

商品詳細を見る

ちいさな木ちいさな木
(2006/10/28)
Towaシミズ ヒロ

商品詳細を見る

LINK(リンク) ―きずなLINK(リンク) ―きずな
(2006/11/17)
平田 芳久

商品詳細を見る

ボディ・ジャックボディ・ジャック
(2006/05)
光岡 史朗

商品詳細を見る

時のエリュシオン時のエリュシオン
(1997/03)
景山 民夫

商品詳細を見る

最善主義が道を拓く最善主義が道を拓く
(2009/11/18)
タル・ヘ゛ン・シャハー

商品詳細を見る

HAPPIER―幸福も成功も手にするシークレット・メソッド ハーバード大学人気No.1講義HAPPIER―幸福も成功も手にするシークレット・メソッド ハーバード大学人気No.1講義
(2007/12)
Tal Ben‐Shahar、

商品詳細を見る

いじめ栄えて国亡ぶ―教育再生の鍵はゼロトレランスにありいじめ栄えて国亡ぶ―教育再生の鍵はゼロトレランスにあり
(2009/12/08)
加藤 十八

商品詳細を見る

エマソンの「偉人伝」―天才たちの感化力で、人生が輝く。 (教養の大陸BOOKS)エマソンの「偉人伝」―天才たちの感化力で、人生が輝く。 (教養の大陸BOOKS)
(2009/10)
R.W.エマソン

商品詳細を見る

代表的日本人―日本の品格を高めた人たち (教養の大陸BOOKS)代表的日本人―日本の品格を高めた人たち (教養の大陸BOOKS)
(2009/10)
内村 鑑三

商品詳細を見る

自助論 西国立志編 上―努力は必ず報われる (教養の大陸BOOKS)自助論 西国立志編 上―努力は必ず報われる (教養の大陸BOOKS)
(2009/10/05)
サミュエル・スマイルズ/中村 正直

商品詳細を見る

自助論 西国立志編 下―努力は必ず報われる (教養の大陸BOOKS)自助論 西国立志編 下―努力は必ず報われる (教養の大陸BOOKS)
(2009/10/05)
サミュエル・スマイルズ/中村 正直

商品詳細を見る

学問のすすめ 他一篇―真の独立人になるために (教養の大陸BOOKS)学問のすすめ 他一篇―真の独立人になるために (教養の大陸BOOKS)
(2009/10)
福沢 諭吉

商品詳細を見る

「ありがとう」と言えてよかった。―介護と看取りの心を見つめて「ありがとう」と言えてよかった。―介護と看取りの心を見つめて
(2008/02)
荻田 千榮

商品詳細を見る

あなたがいてくれてよかった。―愛する人を看取るときあなたがいてくれてよかった。―愛する人を看取るとき
(2006/06)
荻田 千榮

商品詳細を見る

あなたの心を守りたい ―女性医師が現場でつかんだ心の危機管理術あなたの心を守りたい ―女性医師が現場でつかんだ心の危機管理術
(2006/10/28)
舘 有紀

商品詳細を見る

でも、生きていく。―「自殺」から立ち直った人たちでも、生きていく。―「自殺」から立ち直った人たち
(2006/05)
「ザリバティ」編集部

商品詳細を見る

未来を創るエジソン発想法未来を創るエジソン発想法
(2009/05/19)
浜田 和幸

商品詳細を見る

シークレットアドバイス-世界トップの企業家&CEOが明かした「私の働き方」シークレットアドバイス-世界トップの企業家&CEOが明かした「私の働き方」
(2008/09/03)
「フォーチュン」編集部

商品詳細を見る

伝説の再建人――倒産か再建か―瀕死の企業に挑むCEO のリーダーシップ伝説の再建人――倒産か再建か―瀕死の企業に挑むCEO のリーダーシップ
(2008/12/08)
スティーブ・ミラー

商品詳細を見る

荘子の心―自由に生きるヒント荘子の心―自由に生きるヒント
(2008/06/06)
于 丹

商品詳細を見る

ブログランキング

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2Blog Ranking

リンク

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご挨拶

※このブログは、2005年12月からhttp://choi-happy.jugem.jp/にて書いてきたものを、2009年4月初旬にこちらへ移植したものです。そのため、以前の記事は行間が広すぎるなど、見苦しい点もありますが、何とぞご了承ください。

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブックマーク

FC2カウンター

プロフィール

ちょいハピ

Author:ちょいハピ
【2010年12月30日更新】

久々にプロフィールを更新してみます。

ツイッターを始めてから、すっかり「自動まとめ記事」ばかりが中心になってしまいつつあるこのブログ。
それでも、本や映画の感想などをきちんと書きたい時などにはどうしても不可欠の、私にとって大切な場でもあります。

以下、簡単に自己紹介というか自らの特徴を述べてみます。

まず、人生最大の娯楽は「書店で本を眺める」ことと「映画館で映画を観る」こと。
また、連ドラフリークでもあります。

嵐ファン歴は、約6年半。
(つまり、こんなにブレイクする何年も前からファンだったのだ!ということをここで強調したいわけだったりして)

趣味は散歩、そして不審な挙動(汗)。

そのほか、語学も好きで、特に文字が大好き。
文字に対する愛情というか愛着というか偏愛?は、我ながらかなり強い。

とりあえずはこんな感じです。
ぼちぼちお付き合いいただけましたらたいへん幸いです。


【以下、旧バージョン(1)】

2008年12月18日現在、少し古くなっていたこのプロフィールを、久々に書き直してみます。

このブログを始めたのは、40歳になって間もないころでした。
人生80年時代とはいいつつ、40歳を過ぎると、いろいろな病気などで、けっこう突然な感じで亡くなる方も、少なくありません。
ですから、自分も40代に入った時、「これで少し落ち着けるかな」という安堵の気持ちと同時に、「いつ死んでも悔いのないようにしておこう」という覚悟みたいなものも持ちました。
そこで、「いつ死ぬか分からない中、たとえば今、急に死んだとして、何か自分に言い残したことはないだろうか?」と考えた時に、それを自分なりに探りながら書いてみたい、という思いが湧き、そんな動機から、このブログを始めてみたのです。

最初の記事の日付が2005年12月5日ですから、いつの間にか、もう3年も経っています。
相変わらず、大した内容は書けていないし、この3年でそんなに成長したという実感も、あまりないというのが正直なところ。
しかし、これはこれなりに、何らか意味のあるものでありたいし、そのために、何を書いていくべきなのか、日々、模索し続けています。
不惑を越えながらも、いまだ発展途上──。
このブログには、たぶんそんな私の等身大の姿が、浮き彫りにされているのかもしれません(と、ひとまず言い方だけはかっこよくキメてみましたが、その浮き彫りにされた等身大の姿が全然かっこよくないところが悲喜こもごも)。

ブログタイトルは、文字通り、「小さなことの中に喜びを見いだしていこう。与えられていないものに対して不満を抱くことよりも、与えられているものに対して感謝を抱いて生きていこう」といった意味合いが込められています。
実際に、そういった内容になっているかは何とも言いかねますが、少なくとも当初の志としては、書いている自分も、読んでくれた人も、少しだけ、よりハッピーになれたらいいな、という願いが根本にあります。

これからも、引き続きご愛読いただき、「ちょっぴりハッピー」な気持ちになっていただけたら幸いです。


【以下、旧バージョン(2)】
人生80年と言われる時代ですが、私も、一応80歳を目標にしています。
42歳の今、残り半分を切り、これからの後半生を、一日一日、大切に生きたいと願っています。
人生において、いちばん大切なことは何なのか。
その実現のために、今、そしてこれから、何をしなくてはならないのか。
それを模索しながら、少しずつでもいいから前進し続けたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。