スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山下智久「抱いてセニョリータ」発売!&即GET!!

今日の話題と言えば、これに尽きる──そう、山Pのソロデビュー曲「抱いてセニョリータ」、しっかりゲットしちゃいました!



発売日は31日ですが、入荷は30日。

予約してあったので(笑)、お昼休みにCDショップヘGO!ってことで。



当然ながら、初回限定版と通常版、両方を入手。

だって、初回限定版にはDVDもつくし、通常版には通常版にしか入っていない曲もあったりするから、どうしてもそうなるわけです。

ジャケットも異なっているわけだし。



抱いてセニョリータ (初回限定盤)(DVD付)

抱いてセニョリータ (初回限定盤)(DVD付)

抱いてセニョリータ (通常盤)

抱いてセニョリータ (通常盤)



店内に入ってすぐのところに、大きなポスターが張ってあって、その前に何枚も何枚も並べてありました。

しかも、店内にいる間に2回もかかったし。

かなり力の入った売りようです。

──なんか、そこまでしなくても、どうせ売れるのに(笑)、なんて思ったりして。



で、カップリング曲の「指輪」っていうのが、なんと彼自身の作詞・作曲によるものだそうな。

すご~い、そんな才能もある人だったのね。

何せ、全然ファンでもなかったので、どういう人なのか、まだよく知らないのよね~。



ただ、携帯サイトの「山下智久の日記」(って、あまりにもそのままなネーミングですよね)を読む限りでは、ほんとに仕事熱心でファン想いの好青年って感じですね。



通常版だけに入っている「向日葵」という曲もなかなかいい感じです。



その3曲は、早速iPodの中に入れちゃいました!!



あと、問題はDVDです。

問題ってこともないのだが……。



しかし、パソコン買い換えが、ちょうどおあつらえ向きに間に合って、よかった~!

パソコン画面で観ると、すごい間近で、よりいっそう臨場感が♪



で、テレビCMでも流れていますが、例の河原での乱闘シーン。

なんかね、笑うところじゃないだろうとは思うのですが、とても笑えてしまうのです、私。

ファンの方々に怒られちゃうかしら。

いえね、山Pが笑えるわけじゃないんだけど、あの不良役の男の子たちが、すごい気合が入っているのと、あの~、なんていうか、歌詞とのアンバランスさ加減が、とても楽しくて☆



あと、トマトをかじったりしているシーンは、「傷だらけの天使」のイメージでしょうか。

かなり懐かしい。

(ふっふっふ、若い人には分かるまい。)



でもね、一つ気になっていることがあって。

少し前に、彼の日記に、右目と左目の視力がすごく違ってて、右目のほうはすごく悪いって書いてあったのだけど、それは、──あの髪形に問題があるのではないかと、ちょいハピおばさまは案じているのです。

「ああっ、髪の毛、目に入っちゃうよ~。目ぇ悪くなっちゃうよ~」って、見るたびに思っちゃう。



というわけで、あとは、今度の「ミュージックステーション」のリベンジに期待しています!!



←出来心でランキングに参加中!よかったら応援クリックありがとう☆

関連記事
スポンサーサイト

「自分が少数派だと思う10項目」…挙げればキリがない!?

いや~、今日はさすがに何も書くことがないな……と思っていたら、ちょうど、JUGEMがやっているトラックバックBOXという企画でこんなお題が出されていたので、ちょっと乗っかってみます。



?「明治チョコレート効果CACAO99%」をおいしく食べられること。

(だって、カカオの味そのものが味わえるのですから!

チョコレート好きにはたまらない一品、と思うのですが、なかなか賛同を得られないのがもどかしい……。)



?親指シフトを愛用していること。

(富士通さんも、せっかくこれを開発したのだから、もっと世に広める努力をしてほしい。

親指シフターが少数派なのはとても残念なことです。

だって、とってもとってもとっても早く入力できるのですよ?)



?納豆トーストは大いにアリだと思っていること。

(カリッとトーストした食パンにバターを塗り、海苔を敷いた上に、味付けした納豆をのせてください。

美味です。)



?40歳にして独身で子供もいないこと。

(これが多数派だったら人類の滅亡は近い!!)



?子供の頃、霞を食って生きるという仙人に憧れていたこと。

(この世的な、人間的な営みを超越して生きたい、というような思いは、考えてみれば今もありますなぁ。)



?人間の本質は善であると信じていること。

(実は多数派かもしれません、みんなわざわざ口には出さないだけで。)



(あっ、全くの余談ですが、今、「でじゃぶ」状態です~。)



?爬虫類が割と平気なこと。

(トカゲ類は、むしろ好きです。

草むらなんかでチョロチョロッと走ってるのを見ると、とても可愛く感じます。

イグアナなんか、いとおしいです。

あと、ちっちゃなアマガエルとか、萌えます♪)



?部屋の隅で時折見かける淡い色の小さな蜘蛛を愛らしいと思うこと。

(巨大な毒蜘蛛とかはさすがに無理ですが。

特に、「朝の蜘蛛は縁起がいい」とか言うし。)



?美容院とデパートが嫌いなこと。

(両方とも、女性なら好きな人が多いと思うのですが、私は苦手ですなぁ。

なんか恥ずかしいのよ~。)



?未だ日本列島から出たことがなく、パスポートも持っていないこと。

(国内でも、明らかに異国の人と分かる人を見かけると、「話しかけられたらどうしよう!!」と内心密かに冷や汗タラリ。

日本語で話しかけられてもびびります。)



──サラッと書くつもりだったのですが、けっこう時間かかっちゃいました。

でも、自分の人間性が垣間見えて、なかなか面白い試みでした~。

よきにつけ悪しきにつけ、こんな人間なのね~、私って!ということが改めて身にしみた夜でありました。



←出来心でランキングに参加中!よかったら応援クリックありがとう☆

関連記事

ついに果たしたiPodデビュー!

こんな私ですが、ついに、とうとう、ようやく、やっとこさ、果たしたのです、iPodデビューを!!



それで、前にも一度書きましたが(私の三重苦…iPod、Windows XP、そしてPC自体…!!)、そのためには、まずパソコンを買い替える必要があったりもして、なんだかんだ、あ~でもない、こ~でもない、右往左往、すったもんだ、の挙げ句、えへっ、今、その新しいパソコンで書いているのです~。



いやぁ、最近のパソコンって、こんなに使いやすくなってたのね~!

快い衝撃に包まれている今日の私。

私もようやく21世紀の仲間入り、って感じ♪



DVDも観られるし~、てへっ!

(「ほぇっ、今頃それ?」とか、逆に気の毒がられそうな気もしたりして。)



iPodも、早速CD数枚分を入れてみたのですが、なかなかえぇ感じでっせ。

まだまだものすごくいっぱい入りそうだし♪

何しろ、すっごく軽いのが嬉しいです。



ちなみに、私のGETしたのはnanoちゃんです。

(──とっさに「ちゃん」を付けたくなりました。

なんか、nanoって、そういう可愛さがありません?

……あっ、やっぱり私だけでしたか。)



そうそう、英語の勉強なんかにも使えそうだし。

いろいろ使いではありそう。

多少、懐具合的には痛いものもありますが、それだけの投資価値はあったかな~と思います。



──ここだけの話ですが、近々発売になる山P(山下智久くん)のソロデビュー曲なんかも入れちゃうかもしれません……。

しかし、ドラマ「クロサギ」の主題歌が、なぜ「抱いてセニョリータ」なのかという点については、う~む、考え始めると夜も眠れなくなりそうなので、──細かいことにこだわってると、お肌にも悪いし、ここは、まぁそういうことで!!



←出来心でランキングに参加中!よかったら応援クリックありがとう☆

関連記事

『夢に日付を!~夢実現の手帳術』 渡邉美樹氏の成功術

本当に成功する人というのは、こういう考え方をして、こういう努力をして、その結果として成功し続けていくのだなぁ、ということをつくづくと感じた一冊。



夢に日付を! ~夢実現の手帳術~

夢に日付を! ~夢実現の手帳術~

渡邉 美樹



著者は、ワタミの代表取締役社長・CEOであり、外食産業のみならず教育や介護などにも事業を拡大しつつある、「超すごい人」。

テレビなどでも時々見かけるが、何か、「カリスマ」という言葉はこういう人のためにこそあるのではないか?と思わせられる。



この本は、手帳というツールを使うことによって夢を実現させるための方法が、極めて実践的に語られている。



冒頭に、面白い言葉が書かれている。



この本は手帳のノウハウ本でなく、生き方の「ノウホワイ本」なのです。



know-how でなく、know-why、だという。



この本を読んでいて、いちばん感じたのは、やはり、その言葉どおり、「なぜ夢を実現させたいのか? 夢を実現させて、どうなりたいのか?」ということが、著者の場合、とても明確だということ。

だから、些細なことに揺らぐことなく、努力を持続できるのだと思う。



夢を描き、その夢に向かって努力し、それを実現させることは、とても素晴らしいことだ。

ただ、その結果得られる幸福が、単に自分のみ、あるいは自分の周りのごく小さな人間関係のみにとどまるものであるならば、どこか虚しい。



そうではなく、やはり、この著者のように、より多くの人、願わくば世界中の人の笑顔が見たい、という思いが根底にあればこそ、本人の幸福も、また、その周りに集まる人たちの幸福も、大きく、また深いものになるのではないだろうか。



とても具体的なノウハウが書かれていて、けれど、それにとどまらない。

その奥にある人間観、人生観に共感できるからこそ、心が動く。

やってみたい、この手帳術!と思った。



←出来心でランキングに参加中!よかったら応援クリックありがとう☆

関連記事

山Pが可愛い……これは謀略なのか!?

山Pが……可愛い。

(念のための注:山Pとは、NEWSの山下智久くんのことである。)

危うく、ファンになりそうな勢いである……!!



今日、たまたま観ていたミュージックステーションに、彼が出演していたのだが、初めてのソロでのMステということで、ひどく緊張していたようで──。



オープニングのトークの時とかも、妙に顔がこわばっている感じで、大丈夫かな?と心配だったのだが──。



いざ歌う段になり、初めはけっこう順調だったのだが──。



いやぁ、やっぱり生放送って怖いですね。



歌詞は間違うし。



「おっとっと……!」みたいな感じで、あれは……すっ転んでいた、と受け取ってよいのだろうか??



もし生放送でなかったら、録り直しになっていたに違いない。



しかし、それでもめげずにきちんと最後まで頑張って歌っていた──ま、そうするしかなかったとは思うが。



だが、しかし、その、いわば「ぐずぐず」の状態になってしまったパフォーマンスを観て、逆に、とても可愛く思えてしまった。



むむっ。

これは……!

もしや、いわゆる「母性本能をくすぐる」という、一種の戦略、謀略、策略、だったりして!?



──なんか、あり得る気がしてきた……。



←出来心でランキングに参加中!よかったら応援クリックありがとう☆

関連記事

『でも、生きていく。─「自殺」から立ち直った人たち』

自殺防止関連の本を何冊か読んだ中でも、地味ながら、この本はなかなかよかった。



でも、生きていく。―「自殺」から立ち直った人たち

でも、生きていく。―「自殺」から立ち直った人たち

「ザリバティ」編集部



「年間3万人の自殺者が一人でも減ることを願って

自殺未遂者と遺族たちが綴る、感動の手記!」
(帯より引用)

とのことで、さまざまな理由から、自殺未遂をした人や、家族が自殺してしまった人が、多くは実名で、体験談を語っている。



読んでいて、強く感じたのは、あまりにも当たり前のことなのだが、「やはり、自殺はよくない」ということ。

そして、誤解を恐れずに言うならば、「本当に自殺したくて自殺する人はいない」ということ──。



人の命ということ、生きることの意味、そして家族のあり方など、さまざまに考えさせられた。

やはり、実際の体験を経た人の言葉には、それだけの重み、説得力がある。



「自殺」ということを巡って生じるさまざまな苦しみ──それを解決するヒントみたいなものが書かれている本だと思う。



←出来心でランキングに参加中!よかったら応援クリックありがとう☆

関連記事

停電の夜はアロマテラピー!?

東京では、夕刻から激しい雷雨になった。



雷というと、やはり停電が心配になる。

実際にはほとんど起きないにしても、一応、心の中でシミュレーションしてみたりする。



で、改めて気づく、自らの「備えのなさ」に。



非常用持ち出し袋(だっけ? 名称すら定かでなかったりして)もなければ、懐中電灯一つないっ!



あるのは……そう、友人にもらったアロマキャンドルぐらいなもの。

いざとなったら、それを灯して……あ~ら、何だか優雅??



……などと、愚にもつかぬ想像の翼を広げているうちに、雷は去ったようである。

何事もなくブログを書いていられる平和な夜に感謝、である。



しかし、みなさま、備えあれば憂いなし、ですぞよ。

私も、念のため、もう何本か買っておこう、アロマキャンドルを。

(違~う!!)



←出来心でランキングに参加中!よかったら応援クリックありがとう☆

関連記事

「右を左へ」~ちょっとした試みで新たな発見が♪

「右を左へ」──これは、ある男性タレントが、深夜番組の中で、書き初めの言葉として書いていたもの。



どういうことかというと、いつもは右に曲がる角を、時には左に曲がってみよう、という呼びかけ。

そうすると、今までと少し違った景色が目の前に開け、きっと何か新たな発見があるはず、という。

そんなふうにして、たとえば10分で行けるところを30分かけて歩いたりするのも、時には乙なもんじゃないだろうか、というわけである。



それと、全く同じではないのだが、私が時々試みるのは、いつもの散歩道を逆方向から歩いてみること。

たったそれだけのことで、ずいぶん景色が変わる。

「あっ、あの建物って、こっちから見るとこんななんだ~」とか、「あれ? この角、こんな鋭角的だったっけ?」とか、あるいは、ちょっと道に迷いかけたりもする。

同じ道とは思えないほど、意外な発見に満ちていて、すごく新鮮。



いつもいつも同じ道を歩くのに飽きてきたら、時にはそんな試みもいいかも。

何やら、脳が活性化される感あり。



ちなみに、冒頭に挙げたのは、前にやっていた「Dの嵐!」という番組における松本潤のエピソードであった。



←出来心でランキングに参加中!よかったら応援クリックありがとう☆

関連記事

映画「イルマーレ」~韓国映画の枠を超えた韓国映画

前々から観たかったものの、何となく機会を逸して今に至り、ようやく観ることができた。



イルマーレ THE PERFECT COLLECTION

イルマーレ THE PERFECT COLLECTION



実は、あまり期待していなかった。

というのも、正直、韓国映画においては、期待を裏切られることが、あまりにも多く続いていたから。

でも、この作品は、それらとは全く違った。



息をのむほどの、映像の美しさ。

日本人でも違和感を覚えずに済む、抑えた感情表現。

一連の韓国映画ブームの枠に収まらない、普遍的に優れた、美しい映画だと思う。



作品の持つみずみずしさから、てっきり若い監督の作品かと思いきや、監督は1960年生まれだそうである。

寡作の監督であるようだが、今後も注目したい。



←出来心でランキングに参加中!よかったら応援クリックありがとう☆

関連記事

映画「ブリジット・ジョーンズの日記2」→池澤夏樹『花を運ぶ妹』

記事のタイトルでは省略しちゃいましたが、正確な題名は以下の通り。



ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月

ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月



この映画の中で、主人公がタイの空港で逮捕され、留置場に入れられてしまうシーンがある。

同行した友人が現地の人からもらった蛇の置物みたいなのを、主人公のスーツケースに入れていたのだが、その中に大量のコカインが仕込んであったのが発見されたのだ。

そういう場合、いくら無実を訴えても、その現地の人が逮捕されない限り、10~15年ぐらいの禁固刑になってしまうそうな。



実際に、そういうことってあるみたいだし、日本人でも、ありましたよね、そういう事件。

その映画の場合のように、全くの無実、というか、何も知らず、単に贈り物を持ち帰ろうとしただけであっても、すごい重刑を課せられてしまうようで、大変恐ろしい話だと思う。



そこからの連想で思い出したのが、この小説。



花を運ぶ妹

花を運ぶ妹

池澤 夏樹



<花を運ぶ妹

花を運ぶ妹

池澤 夏樹



これは、舞台はバリ島だが、この小説の主人公も、やはり、麻薬の不法所持で留置場に収監されている。

ただ、この主人公のほうは、全くの無実というわけではなかったように思うが(数年前に読んだ時の記憶に基づいて書いているため、細部が曖昧で申し訳ないのですが)、それにしても、罪に比して重すぎると思える罰を課されそうになっていて、はらはらさせられる。



彼を救うために奔走する妹は、独り彼のみならず、彼を取り巻く世界、そして作品全体、さらに読者の心にも、光をもたらす。



最後のほう、少し神がかってもいて、そんな部分も含め、池澤夏樹の「バリ島」観、みたいなものが描かれた作品のように思う。



とにかく、外国、特にアジアの国で、たとえ無実であっても、麻薬で捕まると、最悪の場合には生きて帰ってこられないこともあるようなので、本当に、かなり気合を入れて気をつけないと!!

万が一、濡れ衣でそんなことになったら、死んでも死にきれませんぜ、奥さん!



映画のほうの主人公も、弁護士の元カレが奔走してくれたおかげで、事なきを得たのでよかったですがね。



しかし、この映画の主人公、留置場の中でもみんなの人気者になっちゃったりするのだが、観ていて本当に魅力的。

あまりにおバカで(この点では人ごとじゃないかも)、ついつい笑ってしまうが、一途でひたむきなところは、とても愛らしい。



ちなみに、メイキングを観て知ったのだが、スキー場で、初心者なのにすごいスピードで滑降しちゃったりするシーン、吹き替えなしで、主演女優(レニー・ゼルウィガー)が自分で演じているのだそうである。

てっきり、「ここはさすがに吹き替えかもな」と思って観ていたが、いや~、見上げたプロ根性である。

そのまま、止まることができずに、お店(薬局)の中に突っ込んでいき、スキーを履いたままの状態で妊娠検査薬を買おうとするシーンとか、好きだな~。



え~と、ま、そんなわけで、映画も小説も、それぞれテイストは全く違うが、どちらもお薦め。

是非!!



←出来心でランキングに参加中!よかったら応援クリックありがとう☆

関連記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

ちょいハピのオススメ


比較幸福学の基本論点 (OR books)比較幸福学の基本論点 (OR books)
(2014/09/30)
黒川 白雲

商品詳細を見る

知的幸福整理学 (OR books)知的幸福整理学 (OR books)
(2014/09/23)
黒川 白雲

商品詳細を見る

実戦英語仕事学 (OR books)実戦英語仕事学 (OR books)
(2014/08/30)
木村 智重

商品詳細を見る

新しき大学とミッション経営 (OR books)新しき大学とミッション経営 (OR books)
(2014/06/27)
九鬼 一

商品詳細を見る

幸福の科学大学の目指すもの―ザ・フロンティア・スピリット (OR books)幸福の科学大学の目指すもの―ザ・フロンティア・スピリット (OR books)
(2014/06)
九鬼 一

商品詳細を見る

大学教育における信仰の役割 (OR books)大学教育における信仰の役割 (OR books)
(2014/06/30)
九鬼 一

商品詳細を見る

20代で身につけたい仕事で自信を持つための6つの力20代で身につけたい仕事で自信を持つための6つの力
(2014/05/08)
不明

商品詳細を見る

本多静六の努力論―人はなぜ働くのか (新・教養の大陸BOOKS 2)本多静六の努力論―人はなぜ働くのか (新・教養の大陸BOOKS 2)
(2014/02/14)
本多 静六

商品詳細を見る

2020年の日本と世界2020年の日本と世界
(2014/01/30)
山崎 秀夫

商品詳細を見る

幸福実現党、かく戦えり 革命いまだ成らず幸福実現党、かく戦えり 革命いまだ成らず
(2013/11/29)
幸福の科学第五編集局

商品詳細を見る

逆境をはねかえす不屈の生き方逆境をはねかえす不屈の生き方
(2013/11/21)
HSエディターズ・グループ

商品詳細を見る

反日日本人は修学旅行でつくられる反日日本人は修学旅行でつくられる
(2013/09/28)
森 虎雄

商品詳細を見る

加瀬英明のイスラム・ノート―はじめての中東入門加瀬英明のイスラム・ノート―はじめての中東入門
(2013/08/31)
加瀬 英明

商品詳細を見る

尖閣・沖縄が日本の領土である動かぬ証拠 (HRPブックレットシリーズ)尖閣・沖縄が日本の領土である動かぬ証拠 (HRPブックレットシリーズ)
(2013/03/19)
不明

商品詳細を見る

大富豪の条件 (新・教養の大陸BOOKS 1)大富豪の条件 (新・教養の大陸BOOKS 1)
(2013/05/16)
アンドリュー・カーネギー

商品詳細を見る

ストーリーで学ぶ仕事で悩まないための3つの心がけストーリーで学ぶ仕事で悩まないための3つの心がけ
(2013/04)
HSエディターズグループ

商品詳細を見る

神国日本の精神―真の宗教立国をめざして (OR books)神国日本の精神―真の宗教立国をめざして (OR books)
(2013/03)
大川 咲也加

商品詳細を見る

機嫌のいい子に育つママの口ぐせ機嫌のいい子に育つママの口ぐせ
(2013/03/01)
上田 隆

商品詳細を見る

大富豪になる方法 (新・教養の大陸シリーズ)大富豪になる方法 (新・教養の大陸シリーズ)
(2013/02/14)
安田 善次郎

商品詳細を見る

対日戦争を仕掛ける男 習近平の野望対日戦争を仕掛ける男 習近平の野望
(2012/12)
相馬 勝

商品詳細を見る

日本の国益―野蛮・中国に勝つための10の論点日本の国益―野蛮・中国に勝つための10の論点
(2012/12)
潮 匡人、河添 恵子 他

商品詳細を見る

革命いまだ成功せず―孫文伝革命いまだ成功せず―孫文伝
(2012/12/07)
黒須 義宏、チームIJINDEN 他

商品詳細を見る

実践・私の中国分析―「毛沢東」と「核」で読み解く国家戦略実践・私の中国分析―「毛沢東」と「核」で読み解く国家戦略
(2012/12)
平松 茂雄

商品詳細を見る

世界経済の覇権史―辺境ゆえに日本の世紀がやってくる世界経済の覇権史―辺境ゆえに日本の世紀がやってくる
(2012/12)
増田 悦佐

商品詳細を見る

映画「神秘の法」完全ガイド (OR books)映画「神秘の法」完全ガイド (OR books)
(2012/10)
「神秘の法」シナリオプロジェクト

商品詳細を見る

映画「神秘の法」が明かす近未来シナリオ―公式ガイドブック〈1〉 (OR books)映画「神秘の法」が明かす近未来シナリオ―公式ガイドブック〈1〉 (OR books)
(2012/08/29)
不明

商品詳細を見る

幸福感の強い人、弱い人―最新ポジティブ心理学の信念の科学幸福感の強い人、弱い人―最新ポジティブ心理学の信念の科学
(2012/07/26)
千田 要一

商品詳細を見る

中国――崩壊と暴走、3つのシナリオ中国――崩壊と暴走、3つのシナリオ
(2012/05/29)
石平(せき へい)

商品詳細を見る

放射能・原発、これだけ知れば怖くない!放射能・原発、これだけ知れば怖くない!
(2012/05/29)
高田 純

商品詳細を見る

なぜ、その商品がほしくなるのかなぜ、その商品がほしくなるのか
(2012/05/29)
平林 千春(ひらばやし ちはる)

商品詳細を見る

映画ファイナル・ジャッジメントの秘密に迫る―企画から製作秘話まで (OR books)映画ファイナル・ジャッジメントの秘密に迫る―企画から製作秘話まで (OR books)
(2012/04)
大川 宏洋

商品詳細を見る

雨宮経理課長の憂鬱雨宮経理課長の憂鬱
(2012/02)
麦生 郁

商品詳細を見る

日本政治の常識破壊日本政治の常識破壊
(2012/05/18)
ついき 秀学

商品詳細を見る

迫りくる!中国の侵略から沖縄を守れ! (HRPブックレットシリーズ VOL. 3)迫りくる!中国の侵略から沖縄を守れ! (HRPブックレットシリーズ VOL. 3)
(2012/05/12)
幸福実現党出版局

商品詳細を見る

増税亡国論 (HRPブックレットシリーズ)増税亡国論 (HRPブックレットシリーズ)
(2012/03/09)
不明

商品詳細を見る

しっかりわかる!幕末・維新(別冊ザ・リバティ)しっかりわかる!幕末・維新(別冊ザ・リバティ)
(2011/12/02)
不明

商品詳細を見る

ざっくりわかる!三国志 超入門(別冊ザ・リバティ)ざっくりわかる!三国志 超入門(別冊ザ・リバティ)
(2011/11/21)
不明

商品詳細を見る

偉人たちの告白偉人たちの告白
(2011/11/17)
HSエディターズ・グループ

商品詳細を見る

伝道師―仏教、キリスト教はいかにして世界宗教になったか伝道師―仏教、キリスト教はいかにして世界宗教になったか
(2011/11/17)
HSエディターズ・グループ

商品詳細を見る

これが真実(ホント)の放射能の話―「風評」にまどわされないで! (HRPブックレットシリーズ)これが真実(ホント)の放射能の話―「風評」にまどわされないで! (HRPブックレットシリーズ)
(2011/11/10)
放射能問題研究会

商品詳細を見る

別冊ザ・リバティ 2011年 10月号 [雑誌]別冊ザ・リバティ 2011年 10月号 [雑誌]
(2011/09/06)
不明

商品詳細を見る

日本経済再建宣言―幸福実現党の「新・所得倍増計画」でGDP世界一を目指せ!日本経済再建宣言―幸福実現党の「新・所得倍増計画」でGDP世界一を目指せ!
(2011/07/11)
ついき 秀学、中野 雄太 他

商品詳細を見る

狙われたシリウス狙われたシリウス
(2011/06)
山田 典宗

商品詳細を見る

元気出せ!ニッポン〈第1集〉日本を復興させる12人元気出せ!ニッポン〈第1集〉日本を復興させる12人
(2011/05)
「元気出せ!ニッポン」制作部

商品詳細を見る

P0244.jpgあなたの願いがかなうハッピー開運BOOK (Odein Mook 88)
(2011/05/25)
不明

商品詳細を見る

マンガ本当にあった宇宙人のヒミツマンガ本当にあった宇宙人のヒミツ
(2011/04/21)
不明

商品詳細を見る

あなたにも起きる奇跡のヒミツ (Odein Mook 83)あなたにも起きる奇跡のヒミツ (Odein Mook 83)
(2011/03/24)
不明

商品詳細を見る

マンガ30分でわかるあの世のヒミツ (Odein Mook 84)マンガ30分でわかるあの世のヒミツ (Odein Mook 84)
(2011/03/02)
不明

商品詳細を見る

高貴なる義務を果たせ―幸福の科学学園の未来創造教育高貴なる義務を果たせ―幸福の科学学園の未来創造教育
(2011/03/01)
幸福の科学学園

商品詳細を見る

ニュー・フロンティア戦略―「宇宙」と「海洋」を拓けば日本は甦るニュー・フロンティア戦略―「宇宙」と「海洋」を拓けば日本は甦る
(2011/01)
杉山 徹宗

商品詳細を見る

ワールドゲイナートレーディングカードゲームワールドゲイナートレーディングカードゲーム
(2010/12)
不明

商品詳細を見る

日本人だけが知らない宇宙人とUFOの秘密 (Odein Mook 82)日本人だけが知らない宇宙人とUFOの秘密 (Odein Mook 82)
(2010/12/02)
不明

商品詳細を見る

史上最強の都市国家ニッポン 逆・日本列島改造論史上最強の都市国家ニッポン 逆・日本列島改造論
(2010/12/01)
増田 悦佐、三橋 貴明 他

商品詳細を見る

未来はこうなる!―日本発ビッグプロジェクト未来はこうなる!―日本発ビッグプロジェクト
(2010/11/10)
山本 俊政

商品詳細を見る

がんの幸せな受け入れ方がんの幸せな受け入れ方
(2010/09/03)
朝日 俊彦

商品詳細を見る

クリエイティブパワークリエイティブパワー
(2010/06/07)
ドクター 中松

商品詳細を見る

国難に備えよ―日本の安全保障を問う!国難に備えよ―日本の安全保障を問う!
(2010/05/27)
矢内 筆勝饗庭 直道

商品詳細を見る

政治のしくみ超・入門政治のしくみ超・入門
(2010/04)
幸福実現党日本の未来について本気で考える

商品詳細を見る

君がそばにいても僕は君が恋しい君がそばにいても僕は君が恋しい
(2006/10)
リュ シファ

商品詳細を見る

スナフキンの午睡スナフキンの午睡
(2009/12)
麦生 郁

商品詳細を見る

フレンドリー・スノー―心に舞い降りた雪の物語フレンドリー・スノー―心に舞い降りた雪の物語
(2008/11/27)
M・スコット・ペック

商品詳細を見る

ちいさな木ちいさな木
(2006/10/28)
Towaシミズ ヒロ

商品詳細を見る

LINK(リンク) ―きずなLINK(リンク) ―きずな
(2006/11/17)
平田 芳久

商品詳細を見る

ボディ・ジャックボディ・ジャック
(2006/05)
光岡 史朗

商品詳細を見る

時のエリュシオン時のエリュシオン
(1997/03)
景山 民夫

商品詳細を見る

最善主義が道を拓く最善主義が道を拓く
(2009/11/18)
タル・ヘ゛ン・シャハー

商品詳細を見る

HAPPIER―幸福も成功も手にするシークレット・メソッド ハーバード大学人気No.1講義HAPPIER―幸福も成功も手にするシークレット・メソッド ハーバード大学人気No.1講義
(2007/12)
Tal Ben‐Shahar、

商品詳細を見る

いじめ栄えて国亡ぶ―教育再生の鍵はゼロトレランスにありいじめ栄えて国亡ぶ―教育再生の鍵はゼロトレランスにあり
(2009/12/08)
加藤 十八

商品詳細を見る

エマソンの「偉人伝」―天才たちの感化力で、人生が輝く。 (教養の大陸BOOKS)エマソンの「偉人伝」―天才たちの感化力で、人生が輝く。 (教養の大陸BOOKS)
(2009/10)
R.W.エマソン

商品詳細を見る

代表的日本人―日本の品格を高めた人たち (教養の大陸BOOKS)代表的日本人―日本の品格を高めた人たち (教養の大陸BOOKS)
(2009/10)
内村 鑑三

商品詳細を見る

自助論 西国立志編 上―努力は必ず報われる (教養の大陸BOOKS)自助論 西国立志編 上―努力は必ず報われる (教養の大陸BOOKS)
(2009/10/05)
サミュエル・スマイルズ/中村 正直

商品詳細を見る

自助論 西国立志編 下―努力は必ず報われる (教養の大陸BOOKS)自助論 西国立志編 下―努力は必ず報われる (教養の大陸BOOKS)
(2009/10/05)
サミュエル・スマイルズ/中村 正直

商品詳細を見る

学問のすすめ 他一篇―真の独立人になるために (教養の大陸BOOKS)学問のすすめ 他一篇―真の独立人になるために (教養の大陸BOOKS)
(2009/10)
福沢 諭吉

商品詳細を見る

「ありがとう」と言えてよかった。―介護と看取りの心を見つめて「ありがとう」と言えてよかった。―介護と看取りの心を見つめて
(2008/02)
荻田 千榮

商品詳細を見る

あなたがいてくれてよかった。―愛する人を看取るときあなたがいてくれてよかった。―愛する人を看取るとき
(2006/06)
荻田 千榮

商品詳細を見る

あなたの心を守りたい ―女性医師が現場でつかんだ心の危機管理術あなたの心を守りたい ―女性医師が現場でつかんだ心の危機管理術
(2006/10/28)
舘 有紀

商品詳細を見る

でも、生きていく。―「自殺」から立ち直った人たちでも、生きていく。―「自殺」から立ち直った人たち
(2006/05)
「ザリバティ」編集部

商品詳細を見る

未来を創るエジソン発想法未来を創るエジソン発想法
(2009/05/19)
浜田 和幸

商品詳細を見る

シークレットアドバイス-世界トップの企業家&CEOが明かした「私の働き方」シークレットアドバイス-世界トップの企業家&CEOが明かした「私の働き方」
(2008/09/03)
「フォーチュン」編集部

商品詳細を見る

伝説の再建人――倒産か再建か―瀕死の企業に挑むCEO のリーダーシップ伝説の再建人――倒産か再建か―瀕死の企業に挑むCEO のリーダーシップ
(2008/12/08)
スティーブ・ミラー

商品詳細を見る

荘子の心―自由に生きるヒント荘子の心―自由に生きるヒント
(2008/06/06)
于 丹

商品詳細を見る

ブログランキング

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2Blog Ranking

リンク

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご挨拶

※このブログは、2005年12月からhttp://choi-happy.jugem.jp/にて書いてきたものを、2009年4月初旬にこちらへ移植したものです。そのため、以前の記事は行間が広すぎるなど、見苦しい点もありますが、何とぞご了承ください。

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブックマーク

FC2カウンター

プロフィール

ちょいハピ

Author:ちょいハピ
【2010年12月30日更新】

久々にプロフィールを更新してみます。

ツイッターを始めてから、すっかり「自動まとめ記事」ばかりが中心になってしまいつつあるこのブログ。
それでも、本や映画の感想などをきちんと書きたい時などにはどうしても不可欠の、私にとって大切な場でもあります。

以下、簡単に自己紹介というか自らの特徴を述べてみます。

まず、人生最大の娯楽は「書店で本を眺める」ことと「映画館で映画を観る」こと。
また、連ドラフリークでもあります。

嵐ファン歴は、約6年半。
(つまり、こんなにブレイクする何年も前からファンだったのだ!ということをここで強調したいわけだったりして)

趣味は散歩、そして不審な挙動(汗)。

そのほか、語学も好きで、特に文字が大好き。
文字に対する愛情というか愛着というか偏愛?は、我ながらかなり強い。

とりあえずはこんな感じです。
ぼちぼちお付き合いいただけましたらたいへん幸いです。


【以下、旧バージョン(1)】

2008年12月18日現在、少し古くなっていたこのプロフィールを、久々に書き直してみます。

このブログを始めたのは、40歳になって間もないころでした。
人生80年時代とはいいつつ、40歳を過ぎると、いろいろな病気などで、けっこう突然な感じで亡くなる方も、少なくありません。
ですから、自分も40代に入った時、「これで少し落ち着けるかな」という安堵の気持ちと同時に、「いつ死んでも悔いのないようにしておこう」という覚悟みたいなものも持ちました。
そこで、「いつ死ぬか分からない中、たとえば今、急に死んだとして、何か自分に言い残したことはないだろうか?」と考えた時に、それを自分なりに探りながら書いてみたい、という思いが湧き、そんな動機から、このブログを始めてみたのです。

最初の記事の日付が2005年12月5日ですから、いつの間にか、もう3年も経っています。
相変わらず、大した内容は書けていないし、この3年でそんなに成長したという実感も、あまりないというのが正直なところ。
しかし、これはこれなりに、何らか意味のあるものでありたいし、そのために、何を書いていくべきなのか、日々、模索し続けています。
不惑を越えながらも、いまだ発展途上──。
このブログには、たぶんそんな私の等身大の姿が、浮き彫りにされているのかもしれません(と、ひとまず言い方だけはかっこよくキメてみましたが、その浮き彫りにされた等身大の姿が全然かっこよくないところが悲喜こもごも)。

ブログタイトルは、文字通り、「小さなことの中に喜びを見いだしていこう。与えられていないものに対して不満を抱くことよりも、与えられているものに対して感謝を抱いて生きていこう」といった意味合いが込められています。
実際に、そういった内容になっているかは何とも言いかねますが、少なくとも当初の志としては、書いている自分も、読んでくれた人も、少しだけ、よりハッピーになれたらいいな、という願いが根本にあります。

これからも、引き続きご愛読いただき、「ちょっぴりハッピー」な気持ちになっていただけたら幸いです。


【以下、旧バージョン(2)】
人生80年と言われる時代ですが、私も、一応80歳を目標にしています。
42歳の今、残り半分を切り、これからの後半生を、一日一日、大切に生きたいと願っています。
人生において、いちばん大切なことは何なのか。
その実現のために、今、そしてこれから、何をしなくてはならないのか。
それを模索しながら、少しずつでもいいから前進し続けたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。