スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑える婚活の顛末と喉の不調からの回復状況など

なかなか面白いお話なので、ツイッターから転載します。
140字の制限と、瞬間芸的なノリゆえに文章が随所で変ですが、ご了承ください。

どうしよう、書きたいことがたまっている。婚活の状況、体調のこと(この前、お医者さんにも行ったし)、参院選間近での近況。…細かな話では、「嵐は大人気ですね」と言われるとなぜかカチンと来る、とか(笑)。ファン歴の大半は、大人気ではない時代だったからなあ。

なんか、ブレイク後に初めて嵐の存在に気づいてファンになった人たちと一緒にしてほしくない、みたいな狭い心があるっぽい。「何年も、気づかないでいたくせに」とか(笑)。「どうせ、花男で松潤に堕ちたけど、そろそろ飽きてきた頃なんでしょ?」とかね。我ながら笑える。独占欲の一種なのかな?

婚活はね、ほんとひどい目に遭ったよ。相談所には文句言ったけどさ。喉を傷めているので辛いものは嫌だって言ってるのにわざわざタイ料理のお店を、「タイ創作料理であってタイ料理ではないので辛くありません」とか強引に予約して。「7時20分に○○駅南口にお願いします」とか、取り付く島もなく。

「タイ創作料理であってタイ料理ではないので辛くない」なんて、そんなバカな。でも一度しか会ってない人に「そんなバカな」と(しかもメールで)は言えなかった。予約も勝手にされ時間まで決められて、私にはもう拒めなかった。だが私には希望が残されていた。お店の人と相談してメニューを決めれば。

それが私に残された唯一の希望だった。喉は不調で、辛いものは何としても避けたかった。店に着いて、しかし、注文は既に何の相談もなく事前になされていたことを知り、私は驚愕した。慌ててメニューに目を走らせる。「○○のブラックペッパー」「○○のスパイシーソース」「○○のレッドカレー風味」…

絶望が襲った。瞬間、「もう帰りたい」と思った。あるいは注文し直すことはできないか。あるいは、あるいは、あるいは…。メニューを見つめ、この場をどう乗り切るか、必死に思いを巡らせる。頭の中でこだまする、「なぜわざわざタイ料理?なぜ勝手に注文?喉を傷めていると言っているのに?」の思い。

一番恐れ入ったのは、最後の「○○のレッドカレー風味」を、結局一口も食べられなかったのをウェイターさんが下げる時、「すみません、彼女は小食なので。シェフに謝っておいてください」とのたまったこと。あの、私はひとかけらも小食などではありませんが。普段、千切りキャベツの一本も残さない私。

注文した食べ物は、胃もたれして苦しくても残さないのが私の信条。だがここにおいて注文の責任は誰にあるのか。謝るべきは「彼女は喉を傷めているのに私が勝手に辛い料理を注文してしまったため、彼女はそれを食べることができませんでした。シェフに謝っておいてください」だろう。違うのか。

しかも、「辛くないですよー!」と、もはや押し黙ったまま俯いているだけの私(初めは、どうせ最後なので愛想よくしようと頑張ったんだけど途中で力尽きた)に、嬉しそうに言って自分だけバクバク食べる人と、誰がどんな意図で結婚するんですか? ね。この顛末、かなり笑えるでしょ?相当なコメディー

おかげで喉は悪化。その「レッドカレー風味」に至る前、「スパイシーソース」…いや、ソース自体は一滴も付けてない。揚げ物だったのだが(それにソースを付けて食べる。本来は)、ピーマン風に見えて種がすごい辛いのがあって。慌ててティッシュに吐き出したのだが喉に引っかかって。死ぬかと思った。

その夜、「もう限界だ」と思って(「タイ創作料理」で悪化した喉の不調がね)、知り合いのお医者さんに、耳鼻咽喉科のお医者さんを紹介してもらったの。あんまり、その人に頼ったら迷惑だろうと思って遠慮してたんだけど、もうそれも限界だと思って。申し訳ない気持ちで、でもどうしようもなくて相談。

とても快く、「この人なら安心ですよ」というお医者さんを紹介してくれました。内科・小児科のお医者さんだったので、自分でテキトーに探していたら辿り着けなかっただろう。さっそく、翌日に診察を受けた。…あ、さっき「その夜」と書いたが「その翌日」でした。診察はタイ創作料理(笑)の翌々日。

それでも、お医者さんに行くのは怖かったのですが(理由1:検査とか怖い。理由2:病気が発覚したら治療とか怖い。笑)、その不安感も知り合いのお医者さんから伝えてくれたそうで、「安心して行ってみて下さい」なんて励まされながら。恐れていた大掛かりな検査をされることもなく、漢方薬をもらい。

薬、効いてるみたい。すごい調子いいの。喉が不調ってだけで、案外、かなりつらかった。それこそ、辛いものはもちろん、すっぱいものや、イガイガするもの、粉っぽいものなど、喉にちょっとでも負担のありそうなものはなるべく避けていたし、それでも、お茶や水を飲んだだけでも喉がヒリヒリしたりして

あと、明け方とか、喉の痛みや咳で目が覚めちゃうの、一瞬。それもけっこうこたえていたかも。今、だから、すごい調子いいの。お茶や水も普通に飲めるし、食べ物もそんなに神経質にならなくてもOKになりつつあるし、夜も、そんなに咳き込んだりしない。健康って、こんなに大事。しみじみ痛感する。

…っていうようなことを、ブログにきちんとした記事としてまとめて書こう、書こうと思いつつ。ツイッターは怖いな。文章も変でも、140字に納めるため、多少変でも妥協しちゃうし、どうせ一瞬で過ぎ去るからとか思って、すごいテキトーにどんどん書いちゃう。ちなみに、泥のような眠気は薬の副作用?


以上、すべて、7月4日未明のつぶやき。
眠くなるような薬じゃないのですが、ほかにももらってる薬があるし。
あ、とにかく今日は寝ます。

人気ブログランキングへ←よろしければクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑もしよければこちらも♪♪
←さらにこちらも♪♪♪
スポンサーサイト

theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

朝日俊彦医師の「美しい死に方」(「週刊現代」より)

さて、かねてより予告しておりました(それについてこのブログで触れるということを)通り、「週刊現代」3月13日号の“美しい「死に方」を求めて”という特集の中で医師の朝日俊彦先生が取り上げられていましたので、その内容をご紹介したいと思います。
169ページから170ページです。
(あ、あと、ついでにこの前UPしました記事“「どう生きてどう死ぬか 身をもって示した朝日俊彦医師」”のほうも、よろしければご参照くださいませ。)

「がん」で死ぬのは悪くない?
──自分の死期が分かれば準備ができる


「どうせ死ぬなら、がんがおすすめです」

全国の講演会で、そう聴衆に語りかけ、「がんと上手に付き合おう」「がんなら死ぬ準備ができる。がんで死ぬのは決して不幸ではない」と説いていた朝日俊彦医師が、昨年12月30日、末期のがんにより63歳で亡くなった。

泌尿器科医だった朝日医師はがん治療に力を注ぎ、83年、香川県立中央病院泌尿器科部長を務めていた当時、タブーだったがん告知を始め、多くの患者を看取る。
告知することの葛藤を経て、「がんは『笑って大往生』を迎えることができる可能性が高い病気である」との考えに至り、07年、香川県高松市に「あさひクリニック」を開院。
患者の治療やがん相談のかたわらで、講演活動を積極的に行ってきた。

やや長くなりますので、残りは「続き」に。

人気ブログランキングへ←よろしければクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑もしよければこちらも♪♪
←さらにこちらも♪♪♪

続きを読む

theme :
genre : 心と身体

健康診断の結果を受けて……♪

さて、そんな中、「書く、書く」と言いながら、気づけば2週間ぐらい経ってしまいました、健康診断を受けてから。
まだ、血液検査やレントゲンなどの詳細な結果は出てきていないのですが、とりあえず、当日に分かった分については、それを受けての感慨などを述べたいと思っていたわけです。

まず、驚いたことに、体重が減っていました!(笑)
自覚的には、「少し太っちゃったなー。ま、いっか……」的な気分だったのですが、うーむ、久々に45キロを切ってしまいました。
だいたい、ここ十年間ぐらい、45~47キロの間を行き来しているわけですが(あ、身長は155センチぐらいで、こちらはさすがに動かないですね~。今のところまだ縮み始めてはいないようです)、うーむ。
普段、体重計に乗る習慣がないため、「何となく太ったかも」という印象だけを抱いて臨んだ健康診断でしたが、意外にも。

結局、たぶん、この夏に少しやせてしまった分が、まだ完全に取り戻されていなかったということなのかな、と思います。
この夏は、けっこうつらかったですからねー(汗)。
生まれて始めて、食事が喉を通らない、ということの意味が分かった、という(これまでが健康すぎたのかもしれませんが……)。
でも、その体験を経て、やはり、食べ物をちゃんとたくさん食べて、ある程度、太ることができるというのは、悪いことではなくて、むしろ素晴らしいことなのだ!という認識を得ました。
やはり、やせているより多少太っているほうが、長生きもできると聞きますが、寿命の長さ云々以前に、やはり日常においても健康と言える気がする。

そんなわけで、夏が過ぎて以降、以前はどちらかというと太りすぎないことに気をつけていたのですが、その辺は、あまり神経質になることなく、「太ることはいいことだ!」ぐらいの勢いで、けっこうたくさん食べています(汗)。
でも、体重は大して増加していなかった……というのは、たぶん、きっと、とにかくは、健康、ということなのだろう。
うむうむ、何はともあれ、よしとしよう。

そして、次にそれと同じぐらいのけぞったのが、視力。
毎年、左右ともに1.5を維持してきたわけですが、今年はどうも、特に右目のほう、やたら乱視が進んできた気がして、「これはもう、どう考えても1.5の維持は難しいんだろうな。まあ、しょうがないか……」的な気分であったわけですが、実に、なぜか、ちゃんと、いちばん小さい丸の切れてるほうがどっちなのか、いちおう、ぼんやりとではありますが、判別できてしまい。
「ぼんやりと」っていうのは毎年のことなので、それでもまあよしとされるのでしょう。
本当に、これだけ目を酷使しているのに、視力を維持できているのというのは、まさに奇跡!!です。
やはり、仕事をしていく上で、これがどうしても必要な武器であるため、なんというか、守られているというか、そういうところがあるのかなあ。
これは、まったくもって感謝です。
(ちなみに、個人的に気をつけていることとしては、目に効くサプリメントというのは飲んでいるし、あとは、目が疲れてきたらなるべく遠くの景色を眺めたり、とか、そういう一般的なことはしています。それが意外と効いている面もあるのかしら?)

あと、健康診断の場所が、今年から変わって、少し遠いところになって、場所も分かりにくく、かつ、私は毎年けっこう時間ぎりぎりに行く(そのほうがすいているから)こともあり、ちょっと焦り気味にかけつけた感じだったので、そう、血圧の話を今しようとしているわけですが、そんな感じなので「こりゃ~血圧も上がっちゃってるかな?」と思ったのですが、うーむ、逆に、いつも上は120ぐらい、下は60ぐらいなのに、今年は上が100ぐらいで……問診の時にむしろ低血圧を心配されてしまった。
でも、「めまいなどはありませんか?」と問われ、「いえ、特にありません」と答えると、じゃあ問題なさそうですね……ということで。
ま、どっち道、健康以外の何ものでもなさそうである。

あと、実は、9月にけっこう大きい風邪をひいて以降、右耳の調子が少し悪いというか、時々耳鳴りがするようになってしまったのです。
というか、もしかすると、常に耳鳴りがしているのかもしれないのですが、ただ、周りがとても静かな時(寝る前とか)でないと意識されなかったりするので、うーん、自分でもその耳鳴りというのがどの程度重いのかどうなのか、よく分からず。
一度、耳鼻科に行ってみたところ、軽い中耳炎を起こしているということで、中耳炎の薬と耳鳴りの薬を出してくれたのですが、いずれも、とても眠くなってしまう薬で。
中耳炎のほうは確かに、「飲むと眠くなります」って注意書きが書いてあるんだけど、耳鳴りのほうは特にそういう注意書きはないのに、やっぱり、飲むとめちゃくちゃボーッとするんだなーこれが。
私ってたぶん人より薬に弱いたちみたいで(たぶん父譲りかも)、とにかく、中耳炎の薬のほうは1日で飲むのをやめてしまい、耳鳴りのほうも、何とか頑張ってボーッとしながら5日間飲み続けたんだけど、特に効かないし、これ以上長く飲み続けられないと思って、それ以降、耳鼻科にも行っていない。

そんなこんなで、もしかして難聴とかになっていないかというのも少し不安だったのだが、聴覚検査もものすごくクリアーに聞こえてしまって。
うーむ。

あとは、心電図と、血液検査と、レントゲンの結果がどう出るかですが、それについては、また後日、結果が出ましたらいちおうUPしますわ。
別に興味ないかもしれないけど、ま、日記的な意味において、記録として。

そうそう、心電図といえば、秋ごろ、なんか心臓が痛む時があって、心配だったので、病院でホルター心電図(24時間心電図)っていうのをとってもらったのですよ。
秋というか、9月ごろでしたでしょうかね~、まだ蒸し暑い時期で……機器を装着しているので、お風呂に入れず、多少つらいものはありましたが、まあ背に腹は換えられず。
で、結果、特に問題なかったので、まあ心臓も大丈夫そうです。

私はたぶん、自分ではそんなに自覚がないんだけど、たぶん自分で思っているより健康な肉体をいただいているようです。
ただ、惜しむらくは、メンタルが弱いんだなー、はっきり言って。
何かにつけ神経質なので、それが体に出てしまうことは、あることはある。
でも、体の機能自体は、けっこう強い気がする。
これは、ありがたいことです。

これに驕らず、維持・増進に努めたい。
あと、メンタル強化ね。
やっていることとしては、お昼休みの30分程度の散歩、だけなのだが、これってけっこう効果的なんだろうという気もしている。
同時に語学の暗記ものやヒアリングなどもできて、一石二鳥でもあるし。
本当は、ストレッチ的なもの(寝る前とか)と、筋力強化も、できたらしたほうがいいんだろうけど、なかなか面倒くさくて。
そんな面倒くさがりの私でも、お昼のお散歩はけっこう続いている。
その散歩すら面倒くさい時もありますが(笑)、でも、やはり気分転換としてはなかなか楽しいですからね。
健康法としてはやはりオススメです。

夏ごろに苦しんだパニック障害の発作ですが、その後、ほぼ起きていません。
体調不良を感じて、発作が起きそうな恐れ、ぐらいまでは行きかける時はたまにありましたが、総じて大丈夫です。
「人間、そうそう簡単に死なないし、死にそうになったら病院に行けばいいだけのことだし」と、なるべく鷹揚に考えるようにして。
あとは、親切なお友達がくれた「お守り」というのがあって、それも、効いています。
やはり、持つべきものは友なのです。
というのが、本日の結論でした。
無駄に長くてすみません。
最後まで読んでくださってありがとう。

人気ブログランキングへ←よろしければクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑もしよければこちらも♪♪
←さらにこちらも♪♪♪

theme : 健康
genre : 心と身体

風邪と愚痴と秘法についての考察

宇都宮へ向かう電車の中で、急に「ゴホ、ゴホ」と咳き込み始めたのが最初。
そこから、喉の痛み、発熱、鼻水、と一通りのコースを辿って、最後、咳だけがなかなか抜けなかった。
最終的に、ほぼ抜けたと感じるまでに、まるまる2週間かかった。
今回、「風邪ってこんなに苦しかったっけ」と思うくらい、けっこう苦しんだ。
熱は38度2分までしか出なかったので、インフルエンザではなかったと思うが、しかし、これまでに経験したことのない種類の、凶悪な菌だったように思う。
熱が下がってから1週間以上たっても、まだ抜けないどころか、逆に咳が悪化しているように思われ、「このままでは気管支炎や、さらに肺炎になってしまうのでは!?」などと不安になり、病院にまで行った。
初診料だけで3000円ぐらい、さらにレントゲンも撮ったりして(「一応レントゲンも撮りますか? 呼吸音もきれいなので問題ないと思いますが」と言われたのを、自ら「念のためお願いします」と言って)、あと薬代も入れると、合計で6000円ぐらいかかってしまったが、結果は「熱が下がってもなかなか咳が止まらない、というのは普通のことです」などと、医師から澄ました顔で宣告(?)される始末(ちょっと笑)。
朝の9時ぐらいに行って、長く待たされ(まあ想定の範囲内だが)、すべて済んだのは12時ごろ。
でも、肺にも別に影とかもなくて、どうやら全くの健康体であるらしいことが明らかになっった。
よかった。
本当にありがたい。
風邪一つでも、健康でない時って、仕事どころじゃなくなるし、ましてや婚活どころでもなくなり(笑)、もう、健康でありさえすれば、ほかは何も要らないって感じになる。
普段は忘れがちなのですが、健康は本当にありがたいものですね。
つい忘れるんですよね。
今、たった2週間ではあったが苦しい風邪が抜け、何だかバリバリと仕事に邁進できそうな感覚。

──この風邪にも、何か意味はあったんだろうと思う。
風邪をひきながら、その間に、個人的にはいろいろなこともあり。
愚痴を言うのって、とても恥ずかしいことなので、言うまいとしてすごく自分の内にためてしまったんだけど(本当は、ためるのではなくて、ちゃんとこう反省を通して昇華するのがもちろん正しいのだが)、それを、何というか、ちょっとこう、吐き出させてもらうような機会があったというか、何というか。
聞いてくれた人はたぶん私にとって魂の恩人と言うべきものなのだろう。
いろいろなものがたまって、パイプの中が詰まっていたのを、愚痴を聞いてもらったことによってそれが抜け、ようやく光が通るようになった。
詰まっていると、仏法真理の言葉も、きれいごとに響くんだよね。
自分には関係ない、どうせ実践できないから、みたいな気持ちだけが湧いて。
それが、愚痴を聞いてもらって受け止めてもらったら、仏法真理の言葉が、素直に受け入れられるようになった。
こうしてみると、本当に私は危険な領域に入り込んでいたのだと、改めて気づく。

今、心の状態がすごく静かだ。
ものすごく静かだ。
こんなに静かなのって、なんか変。私じゃないみたい。
この感覚、すなわち霊指導の賜物かと。
宇都宮で秘法を受けたのですが、受けている時は、風邪気味だったこともあってか、あまりすごく強い感動とか特殊な体験とかもなくて、「何だかよく分からなかったな~」みたいな印象だったのですが、やはり秘法は秘法ですね。
(「秘法は秘法ですね」って分かりにくいかしら。最初、「秘法って伊達じゃないですね」と書いたのですが、なんか不遜なような気がして表現を変えてみました。う~む。)
そして、「ああ、ありがたい……」と幸福感に満たされていると、しかし、受けて1カ月後とかに、衝撃の展開が待ち受けていたりするので、油断は禁物です。
今、受けて2週間だから、あと2週間(注:この「1カ月」というのは自分でまったく勝手に立てている目安で、特に正式な根拠などはありません)。
何が起きるかは分からないが、その時私は静かな心でいられるだろうか。
怖いが、しかし、起きることは起きるべきことであり、すなわちよきことであるのに違いない。
ヒントはたくさん頂いている。
漢字一文字で表現するなら、「育」「食」「書」といったところか。

──以上、書くには値したが、読むに値するかは分からない文でした。
最後までお付き合い下さったあなたに、「酔狂」という賛辞を贈ります。

人気ブログランキングへ←よろしければクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑もしよければこちらも♪♪
←さらにこちらも♪♪♪

theme : 健康
genre : ヘルス・ダイエット

人間の肉体の脆弱性と回復力(というほどの内容でもない)

風邪は、ほぼ抜けつつあります。
人間の肉体の、脆弱性と、同時に回復力に、驚かされます。
たったほんの1度やそこら、体温が上がっただけで(つまり38度前後)、頭はボーッとするし、体は思うように動かないし、気持ちもどんよりする。
それが、そのたった1度が下がっただけで(つまり37度ぐらいまで)、よっしゃ、もう大丈夫!という感じになる。
それが、ほんの24時間ないし48時間やそこらの間に、乱高下する。
ついさっきまで元気だったのに、急に「もうこのまま死ぬのかも……。いや、それならそれで、天命と受け止めよう」とか自分に言い聞かせてみたり、かと思えばその翌日にはケロッと出勤していたり。
今も少し残っている感じはありますから油断は禁物ではありますが、ほぼ、大丈夫そうです。
風邪は、案外つらいですね。
今回のような、寝込むほどの風邪って、たぶん数年に一度ぐらいかな。
その都度、「もうこれで死ぬのかも」と思ってしまう(笑)。

今、たぶん、選挙が終わったばかりということもあるのでしょう、霊的に少し荒れている(全体に)気がします。
ここは、教学と祈り、そしてもちろん休養も大事ですね。
コメントくださっている方、お返事できなくてごめんなさい。
また明日。

人気ブログランキングへ←よろしければクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑もしよければこちらも♪♪
←さらにこちらも♪♪♪

theme : 健康
genre : 心と身体

5本指、万歳!!

ああっ、気持ちいい……!!



というわけで、今日もまたまた、先日の「書きたいことリスト」には全然入っていなかったことを書いてしまう私。



だって、あまりにも気持ちよくて(爆)。



そう、初めは、普通に「5本指ソックス」を探していたの。



前々から、気持ちよさそうだな、と思っていたし、どこかで、まっすー(NEWSにしてテゴマスの増田貴久くん)も愛用しているということを聞き知ったこともあって……ただ、ちょっと見た目が恥ずかしいかな、という気持ちもあったので、迷いつつ、ネットで探していたわけ。



そうしたら、まず、こんなのが見つかりました。



【ナイガイ】 五本指アンダーソックス抗菌・防臭加工靴下工房(くつしたこうぼう)2200-050<メール便で配送>

【ナイガイ】 五本指アンダーソックス抗菌・防臭加工靴下工房(くつしたこうぼう)2200-050<メール便で配送>



つまり、つま先部分だけが5本指になっていて、普通の靴下の下にはけば、見た目も気づかれずに済む、という優れもの。



これは、いいんじゃないの~?と思いつつ、さっそく購入し、使用してみたところ、うん、なかなかいい塩梅〔あんばい〕です(ちなみに、色はブラックを選択してみました)。



「これか~、これなのか~! これがいわゆるところの、私が密かに憧れ続けてきた(笑)ところの、5本指ソックスの感覚なのか~!」と、堪能。



で、試しに2足分だけしか注文していなかったので、さらに追加注文しようかな、なんて思って、ほかにもいろいろ見ているうちに、こんなのも見つかったの。



銀・指の間カバー(ズレ防止タイプ)男性・女性兼用 紺4枚組

銀・指の間カバー(ズレ防止タイプ)男性・女性兼用 紺4枚組



EM-X・備長炭 銀・指の間カバー(4枚組)

EM-X・備長炭 銀・指の間カバー(4枚組)



これは、どちらも値段もほとんど一緒だし、どう違うのか、ネット上では判断がつかず、ひとまず、両方購入してみました。



どちらも「4枚組」ですが、つまりこれは2足分ということ。

すなわち、最初に買ったアンダーソックスも合わせて、現在、私は週のうち6日間は「5本指ソックス」感覚を味わえる状態になっているのだ……素晴らしいっ!!



で、この「指の間カバー」2種の使い心地ですが、上の「ズレ防止タイプ」のほうが、若干ではありますがフィット感が強めで、より心地よいような気がします(ちなみに色は紺を選んでみました)。

でも、もちろん下の「備長炭」のほうも遜色なく。



なんかね、この、足指1本1本の間が離れている、という感覚が、実に、非常に気持ちがいいの。

最近(というか、もしかしたらここ10年以上にわたって、かもしれないのだが)、とみに、「足指の筋力が弱ってきたなあ」と感じていたのですが、微妙にそれが回復してきたような……まだ1週間ぐらいしか使っていないので、気のせいと言われそうだが、な~んとなく、いい感じ。

指と指が、ぎゅっとくっついた状態でじーっとしているのって、なんか、はなはだしく不健康な感じがして、前々から、何とかしたいなあ、と心の奥で静かに思いを燃やしていた(笑)のだ。



ふっふっふ、その思いが、ついに日の目を見たというわけなのさ。



ああっ、もう、叫びたい。



5本指ソックス、そして指の間カバー、万歳!!



──こんなふうに生きていこうと思います……わたくし♪



←あなたの愛あるクリックこそが活力源です♪

ブログランキング・にほんブログ村へ ←そうです、それこそが私の活力源なのです♪

JUGEMテーマ:5本指靴下


続きを読む

健康診断の悲喜こもごも

今年も、健康診断を無事に終えることができました。

……といっても、詳しい結果については後日、ということになるので、たとえば血液がどの程度ドロドロなのか(!)といった点については予断を許さない状況ではあるのですが、ひとまず、ね。



まずは、視力です(受けた順番が、ではなく、私にとっての重要度から言って、の意)。

毎年、これだけ酷使している(テレビは観放題、パソコン画面は見つめ放題、細かい文字は読み放題)にもかかわらず、なぜか左右ともに1.5をキープし続けてきたものの、「う~ん、今年はついにキープできないかも……」という懸念を抱きつつ、思い切って臨んだ結果、今年もやはりなぜかキープしてしまいました。

……しかし、「ホントかなあ?」ってちょっと思ったりもするのですが(汗)。

だって、たぶん1.0から始めて、だんだん小さな円形(で、一カ所、途切れている)になっていくわけですが、その、最初の1.0のものから既に、かなりぼやけて見えていて、上下左右のどこが途切れているかというのは、そんなに明確には分からない。

「う~ん、強いて言えば……下?」とか思って、言ってみると、当たっていて。

全部、そんな感じだったのですが、それが、1.5まで、左右とも、すべて当たってしまったみたいで。

「ハイ、完璧ですね~。いい視力ですね~」なんていう、おほめの言葉まで頂戴してしまい、恐れ入ります……(汗)。



しかし、まあ、「たぶんこっちじゃないかな?」というのは、ぼやけつつもだいたい分かったのも事実なので、いちおう自信を持って「今年も左右ともに1.5をキープ!」と公言しておくことにします。

やっぱり、ブルーベリーのサプリメント(私はファンケル愛用者です)が効いているのかな?

あるいは、お散歩の時や電車に乗っている時などに、なるべく遠くのほうを見つめるようにしたりしているからかしら?

(というような考察は、確か去年あたりも書いた気がするのだが。)

何にせよ、仕事柄も、ある意味、目はとても大切なので、ありがたいことだと思います。

(ということも、去年も書きましたっけ?)

天に感謝しつつ、改めて、もっと目を大事にしよう!と肝に銘じたい。



あとは、体重も絶対増えてるはず、のような気がしていたのに、なぜか減ってたし♪

たぶん、着衣で計った分、1キロ引いてくれたんだけど、1キロもなかったと思うんだ、着てた服が。

私の予想では、Xキロか、下手するとX+1キロ行っちゃってるんじゃないか!?ぐらいの勢いだったのが、X-1.4キロでした(微妙な表記ですみません)。

まあ、個人的に密かにベスト体重だと見込んでいる数字からするとオーバー気味だけど、自分としては悪くない結果。



それから、今年は、オプションでなんだけど、肺機能の検査というものに初挑戦。

まあ、なんか、肺活量を計る、みたいな感じだったんだけど。

最後、「ハイ、吐いて吐いて、もっと吐いて~」とかって言われるんだけど、もう自分としては十二分に吐ききっている気分で、「もう吐ける空気、残ってないよ~!」みたいな。

しかし、なんか、面白がってる場合ではないのだが、先生も優しかったし、何となく楽しかった。

「吸って~、吐いて~、吸って~、吐いて~、ハイ、吸って吸って吸って~、もっと吸って~……ハイ、一気に吐いて~!」みたいな感じ。

……はたして、どんな結果になることでしょうか。



ほかにも、オプションで受けられる検査、いろいろあったの。

インフルエンザの予防接種も受けられるので、これはうちの部署の人は、私以外、みんな受けてた。

だから、インフルエンザの大流行の中、私一人が死んでいく、という未来もあり得るわけ、冗談抜きで。

みなさんも、ちゃんと受けたほうがいいですよ、って私が言っても説得力がないか。

でも、櫻井翔くんも(というか、嵐のメンバーはみんななのかな?)、毎年、ちゃんと受けてるみたいだし。

危機管理として必要だよね、うん。

──で、そのほかにも、もちろん大腸ガンとか、何とかガンとか、その他もろもろのオプションがあり。

いっぱい受けてた人もいたけど、私は肺機能だけ。

何ゆえに肺機能!?というと、ちょっとね、呼吸器系が心配だったわけよ。

ここ数カ月、いや、1年ぐらいなのかな。

な~んか、呼吸がしづらいような気がすることが、時々あって。



それで、その肺機能の検査の前に、問診みたいなのがあった時に、思い切って相談してみたわけ。

「あの~、時々、呼吸がしづらいような感じというか、その~、深呼吸をしようとした時に、肺の奧まで空気が入っていかない、みたいな感覚があって……」とか言うと、先生(肺機能の検査の人とは違う人なんだけど、こちらもやっぱり非常にジェントルでした)、微かにニヤッとしつつ(のような気がしたんだけど……汗)、「それは、過呼吸の起きる前の段階によく出る症状なんですよね~」。

そして、以下のような会話が。

医師「時々、というのは、それはストレスを感じている時じゃないですか?」

私(大きくうなずきつつ)「そう、かもしれないです」

(というのは、そういう症状が出始めた頃から、時折、ネットでその症状が何を意味するのかを調べたりしていて、その結果、どうやら精神的なものである場合が多いらしい、ということが分かって、やっぱりストレスなのかな……と思ってもいたので。)

医師「そういう症状が出る場合、女性の場合はほとんどがストレスによるものなんですよね~。(以下、「過呼吸」について説明)」

私(大きくうなずきつつ)「そうなんですか~。なるほど~」

で、本当に何か呼吸機能の障害みたいなことであれば、もっと症状が進んで、今こうしていられないはず、みたいな話とかもしてくれて。

確かに、常にそういう感覚があるわけではなくて、あくまでも「時々」だし、生活にも支障はないし、病院に行く必要性を感じるような切羽詰まった感じでもないわけだしね。

ただ、本当に1年ぐらい、それが続いているので、ちょっと心配は心配で。

だから、「そうか、本当に何かすごい病気なら、今ごろ、もっと症状が進んでいるはずなんだな」ということが分かっただけでも、ちょっと安心かも(まあ、安心しきっていいほどではないのかもしれないが)。

これで、肺機能の検査で異常がなければ、ますます精神的なものである可能性が高くなるけれども、ただ、それでも何らかの機能障害みたいなものである可能性もゼロではないので、どうしても気になるようなら内科で検査をしてみたほうがいいかも、というようなお話でした。



ひとまず、肺機能の検査の結果も含めて、様子を見ようと思います。

私、やっぱり意外と健康なのかしらね。

すごく不摂生なんだけど。

ありがたいことですね。

視力のところでも書いたことですが、改めて、感謝しつつ、もう少し健康に留意して生きていかないといけないですね。

うん、頑張ろう。



←あなたの愛あるクリックこそが活力源です♪

ブログランキング・にほんブログ村へ ←そうです、それこそが私の活力源なのです♪

JUGEMテーマ:健康


湯たんぽ&懐炉ブームと『疲れをためない生き方』

最近、湯たんぽやカイロが、何というか、ずいぶんブームみたいになっているみたいですね。



実は私の職場でも、かなり愛用者が増えていて。



たとえば、肩にかけるタイプのものを仕事中に普通に使っている姿や、あるいは、昼休みにベンジンカイロにベンジンを補給している姿なども、もはや見慣れたものになっていたりします。



実際、ネットで見ても、可愛いカバー付きの湯たんぽもたくさんあって、若い女性にも人気らしい。



新聞などのマスコミでもずいぶん取り上げられています。



私は産経新聞を取っているのですが、11月9日(金)には“湯たんぽで冷え解消 不眠、肩こり…「さまざまな症状改善」”という記事が、そして12月9日(日)には“ベンジン懐炉 軽くて暖か若者にも人気”という記事が。



「冷えは万病のもと」と言いますが、湯たんぽやカイロで体を温めることによって、血流がよくなり、免疫力もUPするのだとか。



少し前に読んだ、この本にも、体を温めることの効用について書かれていました。



疲れをためない生き方―もっとタフになるための免疫力講座

疲れをためない生き方―もっとタフになるための免疫力講座

安保 徹



読んだ時には、ふ~ん、と思っただけだったのですが、実際に、これだけ愛用者が増えているとなると、けっこうそれなりに効果があるということなのかもしれないですね。



私なら、職場で使うんだったら、やっぱりカイロのほうがコンパクトでいいかな~、なんて、けっこうその気になりつつあったりして。



この本の中で湯たんぽやカイロの効用を説いているのは医師の斑目健夫(まだらめ・たけお)氏で、コラムとして登場しています。



本の著者である安保徹(あぼ・とおる)氏のほうは、「免疫学の世界的権威」だそうで、この本自体は、「疲れ」をキーワードに、より健康に生きる方法を解き明かした書、という感じでしょうか。



疲れのメカニズムから、疲れをためないためのちょっとしたワザまで、意外と知らなかったお役立ち情報がいろいろ載っていて、なかなか興味深い一冊でした。



職場で仕事の合間にできるカンタン体操とか、疲れた時に摂りたい食べ物・飲み物とか、安眠できるお風呂の入り方とか、夜中に目が覚めて寝つかれなくなっちゃった時の対処法とか、けっこう使えるので、疲れがたまっていてなかなか抜けないんだよなあ、という方にはお勧めです。



←ランキングに参加しています。クリックして頂けると励みになります♪

ブログランキング・にほんブログ村へ←もし気が向いたらこちらもクリックして頂けるとさらに励みになります♪
JUGEMテーマ:健康


「あったか~い♪」(笑)

健康のためを主目的として、お昼休みに30分程度のお散歩をすることを習慣としている私ですが、ここのところ、それが本当に健康のためになっているのか、やや疑問。



というのも、お昼に外に出た瞬間、あまりの暑さにクラッと来て、「死ぬかも……」という危惧が脳裏をよぎるわけです。「健康のため」というより、もはや「生きて帰ること」が目標になったりして。



実際、水分補給を怠ったら、易々と熱中症に陥ることは間違いないので、その辺はいちおう注意してはいます。



それにしても、なんと暖かい風。おそらく、その温度は体温よりも高い。日差しはじりじりと照りつけ、汗腺は開きっぱなし状態。「すね」だの「ふくらはぎ」だのにまで汗が流れるなんて、ちょっと久々の感覚。



そして、今日などは、こんな放送まで聞こえてきました。



「区役所からのお知らせです。ただいま、光化学スモッグが発生しています」



う~む。熱中症と紙一重であるばかりでなく、光化学スモッグまで。



この週末は、少し涼しくなるというか、ピークはこの二日、というような報道も聞きましたが、どうなのでしょうか。



で、今日、一つ思いついたんです、この異常な暑さをしのぐ方法。それは、「暑い!」と言う代わりに「あったか~い♪」と言うこと(笑)。確かに、暑いことは暑いのだが、そこをあえて「暖かい!」と思うことで、何か不思議な心地よさに包まれるような気が……しませんかね、やっぱり……。



みなさまも、水分補給と体力維持を心がけ、どうぞご自愛くださいませ。



←ランキングに参加しています。クリックして頂けると励みになります♪

ブログランキング・にほんブログ村へ←もし気が向いたらこちらもクリックして頂けるとさらに励みになります♪

眼科を巡る物語~番外編~

いや~、今日は参りました。



夕方、急に、左目の奥のほうがチクチクッ!と痛み出したので、「すわ、網膜剥離!?」とばかりに眼科へすっ飛んで行ったところが、「あ~、睫毛入ってますね~」だって。



あはは……。



あはははははは……。



あはは、あは……。



どわーっはっはっはっは!



←ランキングに参加しています。クリックして頂けると励みになります♪

続きを読む

検索フォーム

RSSリンクの表示

ちょいハピのオススメ


比較幸福学の基本論点 (OR books)比較幸福学の基本論点 (OR books)
(2014/09/30)
黒川 白雲

商品詳細を見る

知的幸福整理学 (OR books)知的幸福整理学 (OR books)
(2014/09/23)
黒川 白雲

商品詳細を見る

実戦英語仕事学 (OR books)実戦英語仕事学 (OR books)
(2014/08/30)
木村 智重

商品詳細を見る

新しき大学とミッション経営 (OR books)新しき大学とミッション経営 (OR books)
(2014/06/27)
九鬼 一

商品詳細を見る

幸福の科学大学の目指すもの―ザ・フロンティア・スピリット (OR books)幸福の科学大学の目指すもの―ザ・フロンティア・スピリット (OR books)
(2014/06)
九鬼 一

商品詳細を見る

大学教育における信仰の役割 (OR books)大学教育における信仰の役割 (OR books)
(2014/06/30)
九鬼 一

商品詳細を見る

20代で身につけたい仕事で自信を持つための6つの力20代で身につけたい仕事で自信を持つための6つの力
(2014/05/08)
不明

商品詳細を見る

本多静六の努力論―人はなぜ働くのか (新・教養の大陸BOOKS 2)本多静六の努力論―人はなぜ働くのか (新・教養の大陸BOOKS 2)
(2014/02/14)
本多 静六

商品詳細を見る

2020年の日本と世界2020年の日本と世界
(2014/01/30)
山崎 秀夫

商品詳細を見る

幸福実現党、かく戦えり 革命いまだ成らず幸福実現党、かく戦えり 革命いまだ成らず
(2013/11/29)
幸福の科学第五編集局

商品詳細を見る

逆境をはねかえす不屈の生き方逆境をはねかえす不屈の生き方
(2013/11/21)
HSエディターズ・グループ

商品詳細を見る

反日日本人は修学旅行でつくられる反日日本人は修学旅行でつくられる
(2013/09/28)
森 虎雄

商品詳細を見る

加瀬英明のイスラム・ノート―はじめての中東入門加瀬英明のイスラム・ノート―はじめての中東入門
(2013/08/31)
加瀬 英明

商品詳細を見る

尖閣・沖縄が日本の領土である動かぬ証拠 (HRPブックレットシリーズ)尖閣・沖縄が日本の領土である動かぬ証拠 (HRPブックレットシリーズ)
(2013/03/19)
不明

商品詳細を見る

大富豪の条件 (新・教養の大陸BOOKS 1)大富豪の条件 (新・教養の大陸BOOKS 1)
(2013/05/16)
アンドリュー・カーネギー

商品詳細を見る

ストーリーで学ぶ仕事で悩まないための3つの心がけストーリーで学ぶ仕事で悩まないための3つの心がけ
(2013/04)
HSエディターズグループ

商品詳細を見る

神国日本の精神―真の宗教立国をめざして (OR books)神国日本の精神―真の宗教立国をめざして (OR books)
(2013/03)
大川 咲也加

商品詳細を見る

機嫌のいい子に育つママの口ぐせ機嫌のいい子に育つママの口ぐせ
(2013/03/01)
上田 隆

商品詳細を見る

大富豪になる方法 (新・教養の大陸シリーズ)大富豪になる方法 (新・教養の大陸シリーズ)
(2013/02/14)
安田 善次郎

商品詳細を見る

対日戦争を仕掛ける男 習近平の野望対日戦争を仕掛ける男 習近平の野望
(2012/12)
相馬 勝

商品詳細を見る

日本の国益―野蛮・中国に勝つための10の論点日本の国益―野蛮・中国に勝つための10の論点
(2012/12)
潮 匡人、河添 恵子 他

商品詳細を見る

革命いまだ成功せず―孫文伝革命いまだ成功せず―孫文伝
(2012/12/07)
黒須 義宏、チームIJINDEN 他

商品詳細を見る

実践・私の中国分析―「毛沢東」と「核」で読み解く国家戦略実践・私の中国分析―「毛沢東」と「核」で読み解く国家戦略
(2012/12)
平松 茂雄

商品詳細を見る

世界経済の覇権史―辺境ゆえに日本の世紀がやってくる世界経済の覇権史―辺境ゆえに日本の世紀がやってくる
(2012/12)
増田 悦佐

商品詳細を見る

映画「神秘の法」完全ガイド (OR books)映画「神秘の法」完全ガイド (OR books)
(2012/10)
「神秘の法」シナリオプロジェクト

商品詳細を見る

映画「神秘の法」が明かす近未来シナリオ―公式ガイドブック〈1〉 (OR books)映画「神秘の法」が明かす近未来シナリオ―公式ガイドブック〈1〉 (OR books)
(2012/08/29)
不明

商品詳細を見る

幸福感の強い人、弱い人―最新ポジティブ心理学の信念の科学幸福感の強い人、弱い人―最新ポジティブ心理学の信念の科学
(2012/07/26)
千田 要一

商品詳細を見る

中国――崩壊と暴走、3つのシナリオ中国――崩壊と暴走、3つのシナリオ
(2012/05/29)
石平(せき へい)

商品詳細を見る

放射能・原発、これだけ知れば怖くない!放射能・原発、これだけ知れば怖くない!
(2012/05/29)
高田 純

商品詳細を見る

なぜ、その商品がほしくなるのかなぜ、その商品がほしくなるのか
(2012/05/29)
平林 千春(ひらばやし ちはる)

商品詳細を見る

映画ファイナル・ジャッジメントの秘密に迫る―企画から製作秘話まで (OR books)映画ファイナル・ジャッジメントの秘密に迫る―企画から製作秘話まで (OR books)
(2012/04)
大川 宏洋

商品詳細を見る

雨宮経理課長の憂鬱雨宮経理課長の憂鬱
(2012/02)
麦生 郁

商品詳細を見る

日本政治の常識破壊日本政治の常識破壊
(2012/05/18)
ついき 秀学

商品詳細を見る

迫りくる!中国の侵略から沖縄を守れ! (HRPブックレットシリーズ VOL. 3)迫りくる!中国の侵略から沖縄を守れ! (HRPブックレットシリーズ VOL. 3)
(2012/05/12)
幸福実現党出版局

商品詳細を見る

増税亡国論 (HRPブックレットシリーズ)増税亡国論 (HRPブックレットシリーズ)
(2012/03/09)
不明

商品詳細を見る

しっかりわかる!幕末・維新(別冊ザ・リバティ)しっかりわかる!幕末・維新(別冊ザ・リバティ)
(2011/12/02)
不明

商品詳細を見る

ざっくりわかる!三国志 超入門(別冊ザ・リバティ)ざっくりわかる!三国志 超入門(別冊ザ・リバティ)
(2011/11/21)
不明

商品詳細を見る

偉人たちの告白偉人たちの告白
(2011/11/17)
HSエディターズ・グループ

商品詳細を見る

伝道師―仏教、キリスト教はいかにして世界宗教になったか伝道師―仏教、キリスト教はいかにして世界宗教になったか
(2011/11/17)
HSエディターズ・グループ

商品詳細を見る

これが真実(ホント)の放射能の話―「風評」にまどわされないで! (HRPブックレットシリーズ)これが真実(ホント)の放射能の話―「風評」にまどわされないで! (HRPブックレットシリーズ)
(2011/11/10)
放射能問題研究会

商品詳細を見る

別冊ザ・リバティ 2011年 10月号 [雑誌]別冊ザ・リバティ 2011年 10月号 [雑誌]
(2011/09/06)
不明

商品詳細を見る

日本経済再建宣言―幸福実現党の「新・所得倍増計画」でGDP世界一を目指せ!日本経済再建宣言―幸福実現党の「新・所得倍増計画」でGDP世界一を目指せ!
(2011/07/11)
ついき 秀学、中野 雄太 他

商品詳細を見る

狙われたシリウス狙われたシリウス
(2011/06)
山田 典宗

商品詳細を見る

元気出せ!ニッポン〈第1集〉日本を復興させる12人元気出せ!ニッポン〈第1集〉日本を復興させる12人
(2011/05)
「元気出せ!ニッポン」制作部

商品詳細を見る

P0244.jpgあなたの願いがかなうハッピー開運BOOK (Odein Mook 88)
(2011/05/25)
不明

商品詳細を見る

マンガ本当にあった宇宙人のヒミツマンガ本当にあった宇宙人のヒミツ
(2011/04/21)
不明

商品詳細を見る

あなたにも起きる奇跡のヒミツ (Odein Mook 83)あなたにも起きる奇跡のヒミツ (Odein Mook 83)
(2011/03/24)
不明

商品詳細を見る

マンガ30分でわかるあの世のヒミツ (Odein Mook 84)マンガ30分でわかるあの世のヒミツ (Odein Mook 84)
(2011/03/02)
不明

商品詳細を見る

高貴なる義務を果たせ―幸福の科学学園の未来創造教育高貴なる義務を果たせ―幸福の科学学園の未来創造教育
(2011/03/01)
幸福の科学学園

商品詳細を見る

ニュー・フロンティア戦略―「宇宙」と「海洋」を拓けば日本は甦るニュー・フロンティア戦略―「宇宙」と「海洋」を拓けば日本は甦る
(2011/01)
杉山 徹宗

商品詳細を見る

ワールドゲイナートレーディングカードゲームワールドゲイナートレーディングカードゲーム
(2010/12)
不明

商品詳細を見る

日本人だけが知らない宇宙人とUFOの秘密 (Odein Mook 82)日本人だけが知らない宇宙人とUFOの秘密 (Odein Mook 82)
(2010/12/02)
不明

商品詳細を見る

史上最強の都市国家ニッポン 逆・日本列島改造論史上最強の都市国家ニッポン 逆・日本列島改造論
(2010/12/01)
増田 悦佐、三橋 貴明 他

商品詳細を見る

未来はこうなる!―日本発ビッグプロジェクト未来はこうなる!―日本発ビッグプロジェクト
(2010/11/10)
山本 俊政

商品詳細を見る

がんの幸せな受け入れ方がんの幸せな受け入れ方
(2010/09/03)
朝日 俊彦

商品詳細を見る

クリエイティブパワークリエイティブパワー
(2010/06/07)
ドクター 中松

商品詳細を見る

国難に備えよ―日本の安全保障を問う!国難に備えよ―日本の安全保障を問う!
(2010/05/27)
矢内 筆勝饗庭 直道

商品詳細を見る

政治のしくみ超・入門政治のしくみ超・入門
(2010/04)
幸福実現党日本の未来について本気で考える

商品詳細を見る

君がそばにいても僕は君が恋しい君がそばにいても僕は君が恋しい
(2006/10)
リュ シファ

商品詳細を見る

スナフキンの午睡スナフキンの午睡
(2009/12)
麦生 郁

商品詳細を見る

フレンドリー・スノー―心に舞い降りた雪の物語フレンドリー・スノー―心に舞い降りた雪の物語
(2008/11/27)
M・スコット・ペック

商品詳細を見る

ちいさな木ちいさな木
(2006/10/28)
Towaシミズ ヒロ

商品詳細を見る

LINK(リンク) ―きずなLINK(リンク) ―きずな
(2006/11/17)
平田 芳久

商品詳細を見る

ボディ・ジャックボディ・ジャック
(2006/05)
光岡 史朗

商品詳細を見る

時のエリュシオン時のエリュシオン
(1997/03)
景山 民夫

商品詳細を見る

最善主義が道を拓く最善主義が道を拓く
(2009/11/18)
タル・ヘ゛ン・シャハー

商品詳細を見る

HAPPIER―幸福も成功も手にするシークレット・メソッド ハーバード大学人気No.1講義HAPPIER―幸福も成功も手にするシークレット・メソッド ハーバード大学人気No.1講義
(2007/12)
Tal Ben‐Shahar、

商品詳細を見る

いじめ栄えて国亡ぶ―教育再生の鍵はゼロトレランスにありいじめ栄えて国亡ぶ―教育再生の鍵はゼロトレランスにあり
(2009/12/08)
加藤 十八

商品詳細を見る

エマソンの「偉人伝」―天才たちの感化力で、人生が輝く。 (教養の大陸BOOKS)エマソンの「偉人伝」―天才たちの感化力で、人生が輝く。 (教養の大陸BOOKS)
(2009/10)
R.W.エマソン

商品詳細を見る

代表的日本人―日本の品格を高めた人たち (教養の大陸BOOKS)代表的日本人―日本の品格を高めた人たち (教養の大陸BOOKS)
(2009/10)
内村 鑑三

商品詳細を見る

自助論 西国立志編 上―努力は必ず報われる (教養の大陸BOOKS)自助論 西国立志編 上―努力は必ず報われる (教養の大陸BOOKS)
(2009/10/05)
サミュエル・スマイルズ/中村 正直

商品詳細を見る

自助論 西国立志編 下―努力は必ず報われる (教養の大陸BOOKS)自助論 西国立志編 下―努力は必ず報われる (教養の大陸BOOKS)
(2009/10/05)
サミュエル・スマイルズ/中村 正直

商品詳細を見る

学問のすすめ 他一篇―真の独立人になるために (教養の大陸BOOKS)学問のすすめ 他一篇―真の独立人になるために (教養の大陸BOOKS)
(2009/10)
福沢 諭吉

商品詳細を見る

「ありがとう」と言えてよかった。―介護と看取りの心を見つめて「ありがとう」と言えてよかった。―介護と看取りの心を見つめて
(2008/02)
荻田 千榮

商品詳細を見る

あなたがいてくれてよかった。―愛する人を看取るときあなたがいてくれてよかった。―愛する人を看取るとき
(2006/06)
荻田 千榮

商品詳細を見る

あなたの心を守りたい ―女性医師が現場でつかんだ心の危機管理術あなたの心を守りたい ―女性医師が現場でつかんだ心の危機管理術
(2006/10/28)
舘 有紀

商品詳細を見る

でも、生きていく。―「自殺」から立ち直った人たちでも、生きていく。―「自殺」から立ち直った人たち
(2006/05)
「ザリバティ」編集部

商品詳細を見る

未来を創るエジソン発想法未来を創るエジソン発想法
(2009/05/19)
浜田 和幸

商品詳細を見る

シークレットアドバイス-世界トップの企業家&CEOが明かした「私の働き方」シークレットアドバイス-世界トップの企業家&CEOが明かした「私の働き方」
(2008/09/03)
「フォーチュン」編集部

商品詳細を見る

伝説の再建人――倒産か再建か―瀕死の企業に挑むCEO のリーダーシップ伝説の再建人――倒産か再建か―瀕死の企業に挑むCEO のリーダーシップ
(2008/12/08)
スティーブ・ミラー

商品詳細を見る

荘子の心―自由に生きるヒント荘子の心―自由に生きるヒント
(2008/06/06)
于 丹

商品詳細を見る

ブログランキング

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2Blog Ranking

リンク

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご挨拶

※このブログは、2005年12月からhttp://choi-happy.jugem.jp/にて書いてきたものを、2009年4月初旬にこちらへ移植したものです。そのため、以前の記事は行間が広すぎるなど、見苦しい点もありますが、何とぞご了承ください。

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブックマーク

FC2カウンター

プロフィール

ちょいハピ

Author:ちょいハピ
【2010年12月30日更新】

久々にプロフィールを更新してみます。

ツイッターを始めてから、すっかり「自動まとめ記事」ばかりが中心になってしまいつつあるこのブログ。
それでも、本や映画の感想などをきちんと書きたい時などにはどうしても不可欠の、私にとって大切な場でもあります。

以下、簡単に自己紹介というか自らの特徴を述べてみます。

まず、人生最大の娯楽は「書店で本を眺める」ことと「映画館で映画を観る」こと。
また、連ドラフリークでもあります。

嵐ファン歴は、約6年半。
(つまり、こんなにブレイクする何年も前からファンだったのだ!ということをここで強調したいわけだったりして)

趣味は散歩、そして不審な挙動(汗)。

そのほか、語学も好きで、特に文字が大好き。
文字に対する愛情というか愛着というか偏愛?は、我ながらかなり強い。

とりあえずはこんな感じです。
ぼちぼちお付き合いいただけましたらたいへん幸いです。


【以下、旧バージョン(1)】

2008年12月18日現在、少し古くなっていたこのプロフィールを、久々に書き直してみます。

このブログを始めたのは、40歳になって間もないころでした。
人生80年時代とはいいつつ、40歳を過ぎると、いろいろな病気などで、けっこう突然な感じで亡くなる方も、少なくありません。
ですから、自分も40代に入った時、「これで少し落ち着けるかな」という安堵の気持ちと同時に、「いつ死んでも悔いのないようにしておこう」という覚悟みたいなものも持ちました。
そこで、「いつ死ぬか分からない中、たとえば今、急に死んだとして、何か自分に言い残したことはないだろうか?」と考えた時に、それを自分なりに探りながら書いてみたい、という思いが湧き、そんな動機から、このブログを始めてみたのです。

最初の記事の日付が2005年12月5日ですから、いつの間にか、もう3年も経っています。
相変わらず、大した内容は書けていないし、この3年でそんなに成長したという実感も、あまりないというのが正直なところ。
しかし、これはこれなりに、何らか意味のあるものでありたいし、そのために、何を書いていくべきなのか、日々、模索し続けています。
不惑を越えながらも、いまだ発展途上──。
このブログには、たぶんそんな私の等身大の姿が、浮き彫りにされているのかもしれません(と、ひとまず言い方だけはかっこよくキメてみましたが、その浮き彫りにされた等身大の姿が全然かっこよくないところが悲喜こもごも)。

ブログタイトルは、文字通り、「小さなことの中に喜びを見いだしていこう。与えられていないものに対して不満を抱くことよりも、与えられているものに対して感謝を抱いて生きていこう」といった意味合いが込められています。
実際に、そういった内容になっているかは何とも言いかねますが、少なくとも当初の志としては、書いている自分も、読んでくれた人も、少しだけ、よりハッピーになれたらいいな、という願いが根本にあります。

これからも、引き続きご愛読いただき、「ちょっぴりハッピー」な気持ちになっていただけたら幸いです。


【以下、旧バージョン(2)】
人生80年と言われる時代ですが、私も、一応80歳を目標にしています。
42歳の今、残り半分を切り、これからの後半生を、一日一日、大切に生きたいと願っています。
人生において、いちばん大切なことは何なのか。
その実現のために、今、そしてこれから、何をしなくてはならないのか。
それを模索しながら、少しずつでもいいから前進し続けたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。