スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACのCMを見て松本潤を改めて素晴らしいと思った件

ツイッターのほうでは若干文字数が足りなそうなので、こちらに書きます。
そんなに大仰な話でもないんだけど。

ACジャパンのCM(震災後バージョン)の、いろんなタレントが出てきて最後に嵐が登場するものを見ての感想です。
その嵐5人の表情を見て、私は改めて、松本潤はすごい、と思いました。
他の4人は神妙な面持ちで、どことなく、「どういう顔をしたらいいのか分からないので、とりあえず神妙な顔をしておこう」というふうにも見えてしまいます。
本当は、もちろん、「とりあえず」なんてことはなくて、考えて考えて、思いを込めて、その表情になっているのだということは分かっています。
でも、一瞬、そういうふうに見てしまった。
その中で、松本潤だけは、目元に優しい微笑みをたたえている。
彼がその表情に込めている思いは、言語化した時にどんなものになるのかは明確には分からない。
でも、思いとして伝わってくる。
励ましの思い、「僕はここにいるよ。だから大丈夫だよ」というような思い。
神妙な顔になるのも分かる。
だって、現地は本当にひどいことになっていると思うから、そんな中で自分たちに何ができるのか、よく分からないままで、でも何かできることをしなくちゃ、と真剣に思って、そういう顔になったんだと。
誰だって、普通、そういう場面に立たされたら、そうなると思う。
でも、これはまったく仮の話ではあるんだけど、私が被災地にいる人だったら、たぶん松潤の表情にいちばん癒されるし、ホッとするし、嬉しい。
きっとそうだろうなと、そうなんじゃないかと、そうありたいと、自分なりに考えて、そういう表情になったんだろうと思う。

松本潤は、少し不器用なところがあって、生真面目すぎるし、まっすぐすぎて、それはもちろんプラスではあるけど、その分、いろいろ苦労もあると推測する。
でも、そういうところも含めて魅力だし、そういうところがあるからこその、あの表情なのかもしれないと思う。

改めて、素晴らしいと思ったし、すごく、人間として信頼できると思った。

私は嵐は5人とも大好きだし、特に好きなのは相葉くん、いちばんドキドキするのはにのちゃんだけど、どうも、「素晴らしい人だ」と思う頻度は松本くんが高い気がする。
今後のさらなる活躍、多方面でのさまざまな活躍を、期待しつつ応援したい。

↓いつもありがとうございます。何とぞクリックのほどよろしくお願い申し上げます。
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

theme : 松本潤
genre : アイドル・芸能

「嵐にしやがれ」の湿っぽい演出にウンザリした件。

たぶん、どうだろう、同意や賛同を得られるかどうかの自信はあまりありません。
でも、ちょっと黙っていられない。

今週木曜、「VS嵐」の放映がなされた。
「えっ」と思った。「今週はナシかな」と思っていたから。でも、普通に。「ひみつの嵐ちゃん」も、普通に。
確かに、そろそろやってくれないと、こちらも精神衛生上、きつくなってくる。だから、とても喜ばしく思った。

しかし、この土曜日に放映された「嵐にしやがれ」を見て、私は心底、心の底の底から、ウンザリした。
いいから普通にやれよ、と思った。
番組自体は、たぶん大幅にカットはされたんだろうけど、予定通りの内容。
ただ、最初と最後に、殺風景なスタジオに、地味ーなスーツ姿の5人が沈痛な面持ちで登場して、お悔やみだの、お見舞いだの。
地味ーな背景のなか、よりによって「泥だらけの……」で始まる歌だの。

あの。

そんなの要らないから!!

被災地の方々で、この番組を観ることができた人というのが、どのくらいいたか分からない。
いたとして、この湿っぽい演出を喜んだか?
いや、絶対喜ぶはずはない。

ただ、番組側の自己満足。
「こんななか、明るく楽しく、時にばかばかしい嵐の番組などを流すのは不謹慎、という視聴者からのクレームを避けたい」というスタンスが見え見え。
被災者のためじゃない。
視聴者のためじゃない。
ただ、自己保身のために、ああいう編成にした。
それが芬々と漂った。

嵐さんたちも、もちろん納得してやったことだと思う。
「被災者を思いやって」と説明されて、そのとおりだと思ったでしょう。でもそれは嘘だ。

みんなが、ねえ、みんなが嵐に求めているものは何か、分かるよね?
明るく楽しく、時にばかばかしい、そんな嵐をみんなが大好きなんだ。
沈痛な面持ちも、辛気臭いコメントも、要らない。
そんなもの、誰も嵐からなんか、求めていない。
逆に、何様ですか?
天皇陛下ですか?
力一杯ノーサンキューです。

嵐は、ただ、おバカなことを言ったりしたり、華やかに歌ったり踊ったりして、みんなを笑顔にすればいいの。
それが仕事。
本来なすべき仕事を、それだけを普通にやってください、お願いだから。

被災地の窮状は続いている。
復興まで、長い時間がかかるし、被災された方々の心の痛みが、はたして癒える日が来るのか、分からない。
だけど、だからって、日本全国一律に、みんながみんな、「不謹慎」という言葉を恐れて縮こまり、あるいは悲愴な顔をしてみせるのは、もうそろそろやめませんか。
東京だって、いつ大震災に遭うか分からない。
分かってる。
逃げ出す人もいるらしいのも知っているけれど、その人たちの気がまったく知れない。

可能な範囲で、通常どおりの生活を、可能ならば、すべきだ。
むしろ、これまで以上に、被災地でさまざまな活動が滞っている分まで一生懸命に、日々の生活や仕事やさまざまな活動に、力を尽くすべきだ。
そこに必要なものは、沈痛な面持ちなんかじゃない。
笑顔だ。
希望だ。
強い意志だ。
明るい前向きな気持ちだ。

嘘くさい湿っぽさなど、○○○○○!!(←テキトーに放送禁止用語などを補ってお読みください)

↓いつもありがとうございます。何とぞクリックのほどよろしくお願い申し上げます。
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ


続きを読む

theme :
genre : アイドル・芸能

「笑いの神」が降りる瞬間

さて、すごくどうでもいいかもしれないけど、でもどうしても書きたくなってしまったことを書きます。
何年前でしたか、確かいじめ問題か何かを扱った討論番組みたいなもので、生放送の番組がありました。
2時間か、3時間ぐらいの。
で、そのナビゲーターか何かを嵐の5人がやったんだよね。
(記憶が曖昧なもので、「か何か」が頻発してすみません。ネットで調べればいろいろ正確に分かるはずだけど、そこまで正確さを必要とする内容じゃなかろうと思うので)

生放送だったので、もちろん生のニュース番組に慣れている櫻井くんは落ち着いたものでしたが、他の4人はやはりちょっと緊張していて、特ににのちゃんは、ただでさえ早口なのが、必要以上にものすごく早口になっていて、「にのちゃんにしてはずいぶん緊張してるなあ。にのちゃんでもやっぱり緊張するんだな」なんて思いながら観ていました。

それで、いろいろ議論がなされていく中で、不意に何の脈絡もなく、かなり唐突な感じで、にのちゃんが「それについてはどうなんですか、相葉さん」と、相葉くんに話を振ったのです。
そうすると、その番組は、観覧席にお客さんを入れているスタイルだったんだけど、お客さん(ほとんどが嵐ファンの女の子だったと思われる)が、そのにのちゃんの発言に、ドッと笑ったの。
いや、「ドッと」といっても、「ドーッと」というわけではなくて、ちょっと戸惑いも含んだような、「じわじわ……ドッ!」みたいな(分かりにくくてすいませんねぇ)。
私も、観ていて思わず笑ってしまったんだけど、にのちゃんに話を振られた相葉くんは、真顔で「え、みんな、なんで笑うの?」と、ひどく戸惑った様子でした。

確かに、それは笑ってしまうべき瞬間でした。
でも、「なんで笑うのか」と問われると、それに言葉や文字で答えるのは、なかなか難しい。

──ちなみに、なんでこんなどうでもよさげな話を、この夜中に、寝る間を惜しんでというか睡眠時間を削ってまで書いているかと言えば、単に、「さっき、ふと、この話を思い出して、どうしても書きたくなったから」です。
何となく、書くべき大切なことのような気がして。
(ま、「それは気のせい」という説も濃厚なわけだが)

にのちゃんの、その話の振り方が、あまりにも何の脈絡もなく、あまりにも唐突だったから。
「相葉さん」という呼び方は、彼(にのちゃん)が番組の中などで時々使う呼び方だけど、やっぱりどこか違和感があって、それが、このまじめな番組のまじめな場面で発されたことに、妙なおかしさがあったから。
その「どうなんですか、相葉さん」の言い方が、どこか、漫才師のような、コントのような響きを持っていたから。
たとえば、古い年代の人なら覚えているかもしれないが、ワイドショーのレポーターの「そうなんですよ、○○さん(「山本さん」だったかな?)」という台詞をマネして人気を呼んだ漫才師がいた。
あの「そうなんですよ、○○さん」にも似た響きを持っていて、それはそれだけで笑いを呼ぶようなノリというかテイストを含んでいたから。
あるいは、相葉くんのキャラが、いわば「ずっこけ系」であるのにもかかわらず、そのまじめな場面で、よりによってにのちゃんが(そう、時に相葉くんに対して「バーカ!」などの身も蓋もないツッコミを容赦なく入れる、あのにのちゃんが)、大まじめに相葉くんに意見を求める、という図式が面白かったから。

──などの説明が可能かもしれないと思う。

だがとにかく、一言で言ってしまうならば、これがいわゆる「笑いの神」が降りる、という現象なのだろう、と思う。
何とも、いわく言い難く、笑いを呼ぶ瞬間。
二宮和也(かずなり)が、「どうなんですか、相葉さん」と、相葉雅紀に話を振る。
言葉で聞けば、文字で読めば、それのどこが、ドッと笑ってしまうほど面白いのか、なかなか分かりにくい。
しかし、その場面を実際に目にしていれば、やはりそれはどうしても笑ってしまうべき場面であることが、肌で感じられる。
そんな瞬間。

あの絶妙な、にのちゃんの発言。
思わず笑いを禁じえなかった観客たち。
そして、相葉くんの、大まじめな戸惑い。
そのすべては、感動的に、ある種、完成されていて、ほんと、「笑いの神」の采配には恐れ入るものである。

何年たっても、それについて夜中に一人、熱く語らずにいられないくらいに。

──というようなことを、一心不乱に書き綴る、真夜中の45歳。
人生は、なかなかに、生きるべきものである。

↓いつもありがとうございます。何とぞクリックのほどよろしくお願い申し上げます。
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

theme :
genre : アイドル・芸能

嵐のニューシングル「Lotus【初回限定盤】」予約の件

そういえば、全国・全世界の嵐ファンのみなさま、こちらのご予約はお済みでしょうか?

Lotus【初回限定盤】(CD+DVD)Lotus【初回限定盤】(CD+DVD)
(2011/02/23)


商品詳細を見る


LotusLotus
(2011/02/23)


商品詳細を見る


私は今回、たまたま奇跡的に(と言いたくなります、もはや)、初回限定盤ともども、アマゾンにて予約することができました。
でも、見ていると、やはり、あっと言う間に、今のような「再入荷の見込みは立っていません」状態になってしまいました。

ファンとしては、できれば初回盤をGETしたくなるのが人情というものですが、みんな、ちゃんと申し込めたかな~?というのが、ひそかに心配です。

ネット上でも、「送料別」とか、支払方法は「代金引換のみ」で代引手数料がかかる、というようなものは、けっこう最後のほうまで入手可能だったりということもあるし、あるいは、「何日の何時から販売を開始します」なんて予告して売り出すようなネットショップもあるので、そういうのを狙うという手もあります(その場合、本当に数分で売り切れますので、その時刻ぴったりにPC前に陣取って、「あとはワンクリックするのみ」の状態でお待ちになることをオススメします)。

あるいは、リアルCDショップであれば、ネットで完売状態でも、まだ申し込める場合もあります。

私は以前、かなり出遅れてしまって、リアルCDショップに予約しに行ったら、「キャンセル待ちがすでに50人ぐらいいて、たぶん無理」と言われてしまったことがあります。
それでも、ダメモトで、そのキャンセル待ちの列の中に加えてもらったところ、しばらくしてお店から「再入荷が決まりました!」という連絡を受け、辛くも入手できた、なんていうこともありました。

何が言いたいかといえば、ネットでも、CDショップでも、まだその気になれば尽くせる手はあると思うので、どうしても欲しい方は、できるだけ頑張ってみてください、ということ。
なるべく、高いオークションなんかに手を出さないで、通常の手段でできることをやり尽くして、でも、それでダメなら、「まあ、無理せず、できる範囲内で応援していこう。何なら、テレビに出ている彼らを見ているだけだって、いいと言えばいいじゃないか」ぐらいの気持ちでもいいんじゃないかな、とも思います。
というか、私はそんな感じ。
応援はするけど、命までは懸けない(笑)、ということで。

あと、アマゾンでも、たまに、再入荷されたりして販売が再開されることもあるので、要チェックです。

まあ、「初回限定盤」なんていうものに踊らされるのも何だよなあ、ということは分かっているのですが、こればっかりは、何ともしょうがないですね。
因果ですな~☆

人気ブログランキングへ←よろしければクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ←もしよければこちらも♪♪
←さらにこちらも♪♪♪

theme :
genre : アイドル・芸能

嵐ファンの娘さんには「All the BEST! 1999-2009」を!

そういえば、お友達から「娘(松潤ファン)のお誕生日プレゼントに嵐のCDを、と思っているんだけど……」ということで、オススメを訊かれているのだった。

ここはやっぱり、これでしょうか。

All the BEST! 1999-2009(通常盤)(CD2枚組)All the BEST! 1999-2009(通常盤)(CD2枚組)
(2009/08/19)


商品詳細を見る


内容紹介
不安だらけの船出から10年。
まだ見ぬコ゛ールを目指し、今なお全速力で航海中の嵐から、これまで応援してくれたすべての人たちへ。
ありったけの感謝の気持ちを込めて贈るヘ゛ストアルハ゛ム、リリース決定!
今、最も多くの人々が待ち望んでいる嵐のヘ゛ストアルハ゛ムが遂に完成。
1999年のテ゛ヒ゛ュー曲「A・RA・SHI」から2009年の「Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ~」まで、これまで嵐が発表した全てのシンク゛ルの表題曲31曲(内、アルハ゛ム初収録曲は7曲)をコンハ゜イル。
収録曲中26曲がオリコンシンク゛ルランキンク゛で1位、4曲が2位、1曲が3位を獲得。
10年の間、嵐とファンが一体になって綴ったヒストリーを一望できる極上のク゛レイテストヒッツ!
さらに嵐がメンハ゛ー、仲間、そしてすべての嵐ファンへ感謝の気持ちを歌った心震える新曲「5×10」をラストトラックに収録。
2枚組(全32曲)で¥3,200(税込)のお得なメモリアル・フ゜ライス。
*なお7月1日発売のニューシンク゛ル「Everything」は本アルハ゛ムには収録されておりません。


これなら、曲目リスト(長々しいので「続き」部分に入れます)を見ても、まず外れなしと言って間違いあるまい。
松潤ファンだったら、たぶん「Love so sweet」「One Love」あたりは必須かもしれないしね(はい、ドラマ「花より男子」1&2の主題歌という意味で)。

しかも、見よ!!
なんと、いま現在、アマゾンで買うと578円(18%)OFFの¥2,622で買えてしまいますぞよ!!

これぞ超オススメですわ~。
よし、週明け早々には力一杯これを推すこととしよう。

人気ブログランキングへ←よろしければクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑もしよければこちらも♪♪
←さらにこちらも♪♪♪

続きを読む

theme :
genre : アイドル・芸能

「相葉雅紀が選ぶ絶対に忘れられないPVベスト3」

1月1日の深夜に放映されたのを見逃してガッカリしていたものを、YouTubeにて発見してしまった!!

相葉雅紀が選ぶ絶対に忘れられないPVベスト3


「アオゾラペダル」とか、さらに「時代」とか。
非常に懐かしいですねー。

「時代」は松潤主演ドラマ「金田一少年の事件簿」のエンディング曲だったと思います。
……まさに別の意味で時代というか、時の流れを感じますね(汗)。

相葉くん主演ドラマ「バーテンダー」は2月4日スタートだそうです。
楽しみですねー!!!!!!!

人気ブログランキングへ←よろしければクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑もしよければこちらも♪♪
←さらにこちらも♪♪♪

theme : 相葉雅紀
genre : アイドル・芸能

嵐のスゴイ替え歌

マイミクさんが日記にUPしてたの。
このクオリティーの高さー!!
ぜひご覧ください。

何となく私の観た順番でUPします。

【替え歌】七分な丈の相葉ード【相葉雅紀】


【替え歌】SA・KU・RA・I【櫻井翔】


【替え歌】いわくのち、MJ【松本潤】


【替え歌】Gamer【二宮和也】


【替え歌】Troubleleader【大野智】


特に、やっぱり翔ちゃんとにのちゃんのバージョンがすごい!ような気がする。
このクオリティー、どっから来てるんだろう???
すごい才能だ!!
本人たちも観ててくれたらいいな、この際。

人気ブログランキングへ←よろしければクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑もしよければこちらも♪♪
←さらにこちらも♪♪♪

theme :
genre : アイドル・芸能

MDAになってもなお、幸せそうだった、にのちゃん。

全国・全世界の嵐ファンのみなさま、そして嵐ファンでも何でもないみなさま、こんにちは♪

さて、7月15日(木)に放映された「VS嵐」ですけども(汗)。
いやー、よもや、にのちゃん(二宮和也〔かずなり〕くん)があれほどまでの馬鹿っぷりを発揮してくれるとは……!!

あのにのちゃんが。
いつも鋭利なツッコミがクールな、あのにのちゃんが。

この間も書いたとおり、彼が竹内結子ちゃんのファン、というのは、彼自身、前に日記(今はなき「ゲームニッキ」)でも書いていたことで。

でも、それって改めて考えてみると、けっこう異例なことだよね。
だってジャニーズの人の日記って、映画を観ても、音楽を聴いても、固有名詞って極力出さないじゃない?
ましてや、「好きな女優さんの名前」なんて。

そう、フルネームで明記されていたかは私も記憶が定かではないのだが、明らかに彼女と分かる書き方ではあった。
それも、一度ならず、何回か、(日記に)登場していたはず。

ほんとに、よほどファンだったんだね。

……しかし、だからといって、番組の中であそこまでやるとは(笑)。
体を動かす番組なのに、そんなことは一切度外視してドレスアップはするわ。
花束は贈るわ。
ゲームそっちのけで舞い上がってるのを隠そうとしないどころかがんがんアピールするわ。

ほんと……最高に可愛かった、にのちゃん☆

最初のフォーリングパイプでの、あり得ないミス。
あれを見て、即座に、「あ、今日負けたらMDA(Most Dame〔ダメ〕 Arashi)は間違いなくにのちゃんだな」と予感したわけだが、まさにそれが現実に。

なおかつ、MDAになってもなお、幸せそうだった、にのちゃん。

ほんと、よかったねー!!
なんか、観てて、こっちまで幸せな気持ちに。
やっぱり、幸せそうで、なおかつ、ちょっと馬鹿っぽい人(笑)を見るのって、ものすごく楽しいものですね。

人気ブログランキングへ←よろしければクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑もしよければこちらも♪♪
←さらにこちらも♪♪♪

theme : 二宮和也くん
genre : アイドル・芸能

嵐系を中心としたつぶやきたち

えーと、最近のツイッターでのつぶやきをまとめてUPしておこうかなと思います。

すみません、ブログがなかなか更新できません。参院選も近いので、そっち方面がいろいろと…で、力尽きる、みたいな。こっちでもやれることいろいろあるので、やらなきゃと思ってはいるんだが。お勧めブログの紹介などもしたい。なるべく頑張ります。
(7月5日)

ちなみに今日は久々の横浜アリーナ。私が初めて嵐のコンサートに行った時、会場はその横アリだったのですよ。今では信じられないよね。横アリだって小さくはないけど、今じゃ、国立競技場でも、かつファンクラブ枠でもなかなかチケットが手に入らないわけだから。そんなことも一人で思い出してた。
(同)

ブログにも書いたのですが、今年こそTOKMAにサマソニに出てほしい!ので、みなさん投票よろしくお願いします。PCの方⇒http://emeets.jp/pc/artist/3850.html携帯の方⇒http://emeets.jp/mobile/artist/3850.html
(同)

投票(サマソニ出演の)は、一日一人一票有効、13日まで。以下、メッセージ。「明るく激しく優しいサウンド&詞で皆さんを酔わし、桃源郷へとお連れ致します!是非、TOKMAを応援してください!当日はメイン会場に負けないエンターティメントをぶち込みますので・・・!よろしくお願いします!」
(同)

そういえば思い出したんだけど、ずーっと前に、にのちゃんが日記(今はなき「ゲームニッキ」)にて、竹内結子ちゃんのファン、と書いていたことがあったけど、今度の月9「夏の恋は虹色に輝く」では松潤と共演ですね。メンバーと恋愛ドラマで相手役って複雑かもだが、逆に(←何の?)チャンスかも!?
(7月6日)

頑張れ、にの!!あと、ほんとどうでもいいけど「東京島」という小説が映画化されたようで。読む気も観る気もないんだけど、設定は面白いよね。で、自分と嵐が無人島に流れ着いたら(爆)誰を夫にするかだが、う~ん…相葉くんと言いたいんだけど、その極限状況ではやはり櫻井翔が安心か。悩むなあ(笑
(同)

で、話(というか妄想)の続きなんだけど、櫻井翔は確かに頼もしく安心感があるが、それはあくまでも文明社会においでであり、それが無人島ということになれば、より野生的・動物的な直感や本能の長けた者が強いのでは。なんて思うとやっぱり相葉くんかな、とかね。…非常に微妙ですが、やはり…
(同)

打算を抜きに、結局、その人を夫とした結果、のたれ死ぬことになったとして、納得がいくのは、やはり相葉くんだ!!…ということで、自らの相葉愛を再確認するに至りました。相葉くんとなら死んでもいい!(爆)という結論でした(ホントかよ)。真剣に妄想してしまう44歳。婚活中ですが何か。
(同)

それはそうと、9月12日(日)に韓国語能力試験を受けようと思っている方々、願書提出の〆切は7月9日(金)(消印有効)ですので、お忘れなく!ネットでも申し込めるので楽ですね。詳細はコチラ⇒http://www.kref.or.jp/korea_kentei/
(7月8日)

(9月12日の韓国語能力試験の話の続き)東京の受験場所、4月18日は、どこかの高校だったんだけど(お世話になったのにもう学校名を思い出せなくてすみません。あ、「成城中高等学校」でした)、今回は「東京外国語大学」だそうです。外語大、行くの初めてだー♪ ちょっと楽しみ。
(同)

今、絶対に観たいと思っている映画があって…「彼とわたしの漂流日記」。韓国映画は総じて嫌いですが(この際言い切る)、これは絶対に面白い!観るべき!という妙な確信があります。「自殺しようとして漢江に飛び込み、無人島になっている中州に打ち上げられ、戻るに戻れない男」…!!み、観たい!!
(同)

7月7日(水)夜のBS11「INsideOUT」の動画がYouTubeにUPされています♪ -- 2-1 20100707InsideOUT幸福実現党 石川悦男党首 http://youtu.be/-B9eu-m08Po
(同)

7月7日(水)夜に放映されたBS11「INsideOUT」の動画がYouTubeにUPされています♪ (こちらは後半です)-- 2-2 20100707InsideOUT幸福実現党 石川悦男党首 http://youtu.be/ACKKDLzr3Ks
(同)

今、昨日の「ひみつの嵐ちゃん」(の録画)を少しずつ観ていますが、「マネキン5」のにのちゃんの、なんて素敵だったこと。杉本彩も言っていたけど最高にセクシー。長めのカーディガン、好きなのね。いつも着てて、すごい似合う。しかし衣装にかかわらず、セクシー度では常に嵐一。危険な男ですぜ。
(7月9日)

だから(という接続詞で合っているのか?)にのちゃんは私にとって「永遠の浮気相手」(爆)。でも決して「本気」にはならないの。なぜなら私には相葉くんというものがいるんですもの!! …はい、こんな私は日々婚活中ですが何か!?
(同)

しかも(と言うべきか)、にのちゃんって左利きなのよ!! …前に書いたっけ? 私、たぶん左利きフェチなのよね…。「あっ、この人、左利き!」って思うと、なぜかドキッと(笑)。
(同)

ついでに書くが、「VS嵐」でいちばん好きなのが、櫻井翔の叫ぶ「フォーリングパイプ~!」の「プ~!」のところ。これが、他のいかなる瞬間よりも大好物でならない。「プ」の音を、これほどまでに嬉しげに叫ぶ人って空前絶後でしょ!? 櫻井翔の魅力を集約したとも言える一瞬だ。
(同)


……こうしてみると、けっこう嵐系のつぶやきが多い今日この頃です。
やはり、にのちゃん(二宮和也〔かずなり〕)の危険性(笑)、および相葉雅紀くんへの愛♪(爆)が柱になっているようです。
翔ちゃんは、この感じだと完全にいわゆる「三枚目」の立場ですね……。

人気ブログランキングへ←よろしければクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑もしよければこちらも♪♪
←さらにこちらも♪♪♪

続きを読む

theme :
genre : アイドル・芸能

「松本潤、嵐初の月9主演!!」の件

今日はやっぱり、この話題。
Twitterのほうでも少しだけつぶやいたんだけど……なので、まずはそちらを転載。

ビッグニュ~ス!「松本潤、嵐初の月9主演!! 竹内結子演じる“訳あり年上美女”との恋物語」(オリコン) 嬉しい嬉しい♪
(5月28日)

松潤が嵐で一番に月9主演のニュース、とても嬉しい。やはり彼が一番活躍し、一番目立っている状態が落ち着く(個人的に、何となく)。
(同)


というわけで、こちら↓のニュース、本当に嬉しくてしかたありません。

松本潤が月9初主演!!竹内結子演じる“訳あり年上美女”との恋物語

なんでこんなに嬉しいのか、自分でも少し不思議なのですが。
あの「嵐」なんだから、あの「松潤」なんだから、今さら何をそんなに驚いたり喜んだりすることがあるのか、と思うのですが、やはり「月9主演」ですからねー!!
しかも、嵐の5人の中では松潤が初、というのもひどく嬉しい。
そう来なくっちゃ、と思うわけです。はい。

しかも相手役が竹内結子とくれば、これは、にのちゃん(確か彼女のファンだったはず……ずっと前の話かもしれないけど)としては、嬉しいのか、妬けちゃうのか、どうなのか!?というのも少し気になるというか、ズバッ!と聞いてみたい気がしますが。

(ちなみに彼女のことはウ・ソンミンも前に好きな女優さんの一人に挙げていたはず。いやー、すみませんねえ、またまたうちの松潤が、この前の「わが家の歴史」での長澤まさみちゃんに続いて共演を果たしてしまうとは。まさみちゃんとはキスシーンがあったけど、今回はどうなんでしょうか。いやー、それはあるでしょう、そのぐらいは。月9だし、あの松潤だし。すみませんねえ……。)

……しかも、よく考えてみると、今の月9がキムタクさんの「月の恋人~Moon Lovers~」だから、その次、ということで。
なかなかドキドキものですね、これは。
……なんか私まで緊張してきた(笑)。

しかし、あらすじを読むかぎりでは(「続き」の記事詳細を参照)、すごく松潤にはハマりそうな役ですね。
楽しみです。
とにかく、とにかく嬉しいです。

人気ブログランキングへ←よろしければクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑もしよければこちらも♪♪
←さらにこちらも♪♪♪

続きを読む

theme : 松本潤
genre : アイドル・芸能

検索フォーム

RSSリンクの表示

ちょいハピのオススメ


比較幸福学の基本論点 (OR books)比較幸福学の基本論点 (OR books)
(2014/09/30)
黒川 白雲

商品詳細を見る

知的幸福整理学 (OR books)知的幸福整理学 (OR books)
(2014/09/23)
黒川 白雲

商品詳細を見る

実戦英語仕事学 (OR books)実戦英語仕事学 (OR books)
(2014/08/30)
木村 智重

商品詳細を見る

新しき大学とミッション経営 (OR books)新しき大学とミッション経営 (OR books)
(2014/06/27)
九鬼 一

商品詳細を見る

幸福の科学大学の目指すもの―ザ・フロンティア・スピリット (OR books)幸福の科学大学の目指すもの―ザ・フロンティア・スピリット (OR books)
(2014/06)
九鬼 一

商品詳細を見る

大学教育における信仰の役割 (OR books)大学教育における信仰の役割 (OR books)
(2014/06/30)
九鬼 一

商品詳細を見る

20代で身につけたい仕事で自信を持つための6つの力20代で身につけたい仕事で自信を持つための6つの力
(2014/05/08)
不明

商品詳細を見る

本多静六の努力論―人はなぜ働くのか (新・教養の大陸BOOKS 2)本多静六の努力論―人はなぜ働くのか (新・教養の大陸BOOKS 2)
(2014/02/14)
本多 静六

商品詳細を見る

2020年の日本と世界2020年の日本と世界
(2014/01/30)
山崎 秀夫

商品詳細を見る

幸福実現党、かく戦えり 革命いまだ成らず幸福実現党、かく戦えり 革命いまだ成らず
(2013/11/29)
幸福の科学第五編集局

商品詳細を見る

逆境をはねかえす不屈の生き方逆境をはねかえす不屈の生き方
(2013/11/21)
HSエディターズ・グループ

商品詳細を見る

反日日本人は修学旅行でつくられる反日日本人は修学旅行でつくられる
(2013/09/28)
森 虎雄

商品詳細を見る

加瀬英明のイスラム・ノート―はじめての中東入門加瀬英明のイスラム・ノート―はじめての中東入門
(2013/08/31)
加瀬 英明

商品詳細を見る

尖閣・沖縄が日本の領土である動かぬ証拠 (HRPブックレットシリーズ)尖閣・沖縄が日本の領土である動かぬ証拠 (HRPブックレットシリーズ)
(2013/03/19)
不明

商品詳細を見る

大富豪の条件 (新・教養の大陸BOOKS 1)大富豪の条件 (新・教養の大陸BOOKS 1)
(2013/05/16)
アンドリュー・カーネギー

商品詳細を見る

ストーリーで学ぶ仕事で悩まないための3つの心がけストーリーで学ぶ仕事で悩まないための3つの心がけ
(2013/04)
HSエディターズグループ

商品詳細を見る

神国日本の精神―真の宗教立国をめざして (OR books)神国日本の精神―真の宗教立国をめざして (OR books)
(2013/03)
大川 咲也加

商品詳細を見る

機嫌のいい子に育つママの口ぐせ機嫌のいい子に育つママの口ぐせ
(2013/03/01)
上田 隆

商品詳細を見る

大富豪になる方法 (新・教養の大陸シリーズ)大富豪になる方法 (新・教養の大陸シリーズ)
(2013/02/14)
安田 善次郎

商品詳細を見る

対日戦争を仕掛ける男 習近平の野望対日戦争を仕掛ける男 習近平の野望
(2012/12)
相馬 勝

商品詳細を見る

日本の国益―野蛮・中国に勝つための10の論点日本の国益―野蛮・中国に勝つための10の論点
(2012/12)
潮 匡人、河添 恵子 他

商品詳細を見る

革命いまだ成功せず―孫文伝革命いまだ成功せず―孫文伝
(2012/12/07)
黒須 義宏、チームIJINDEN 他

商品詳細を見る

実践・私の中国分析―「毛沢東」と「核」で読み解く国家戦略実践・私の中国分析―「毛沢東」と「核」で読み解く国家戦略
(2012/12)
平松 茂雄

商品詳細を見る

世界経済の覇権史―辺境ゆえに日本の世紀がやってくる世界経済の覇権史―辺境ゆえに日本の世紀がやってくる
(2012/12)
増田 悦佐

商品詳細を見る

映画「神秘の法」完全ガイド (OR books)映画「神秘の法」完全ガイド (OR books)
(2012/10)
「神秘の法」シナリオプロジェクト

商品詳細を見る

映画「神秘の法」が明かす近未来シナリオ―公式ガイドブック〈1〉 (OR books)映画「神秘の法」が明かす近未来シナリオ―公式ガイドブック〈1〉 (OR books)
(2012/08/29)
不明

商品詳細を見る

幸福感の強い人、弱い人―最新ポジティブ心理学の信念の科学幸福感の強い人、弱い人―最新ポジティブ心理学の信念の科学
(2012/07/26)
千田 要一

商品詳細を見る

中国――崩壊と暴走、3つのシナリオ中国――崩壊と暴走、3つのシナリオ
(2012/05/29)
石平(せき へい)

商品詳細を見る

放射能・原発、これだけ知れば怖くない!放射能・原発、これだけ知れば怖くない!
(2012/05/29)
高田 純

商品詳細を見る

なぜ、その商品がほしくなるのかなぜ、その商品がほしくなるのか
(2012/05/29)
平林 千春(ひらばやし ちはる)

商品詳細を見る

映画ファイナル・ジャッジメントの秘密に迫る―企画から製作秘話まで (OR books)映画ファイナル・ジャッジメントの秘密に迫る―企画から製作秘話まで (OR books)
(2012/04)
大川 宏洋

商品詳細を見る

雨宮経理課長の憂鬱雨宮経理課長の憂鬱
(2012/02)
麦生 郁

商品詳細を見る

日本政治の常識破壊日本政治の常識破壊
(2012/05/18)
ついき 秀学

商品詳細を見る

迫りくる!中国の侵略から沖縄を守れ! (HRPブックレットシリーズ VOL. 3)迫りくる!中国の侵略から沖縄を守れ! (HRPブックレットシリーズ VOL. 3)
(2012/05/12)
幸福実現党出版局

商品詳細を見る

増税亡国論 (HRPブックレットシリーズ)増税亡国論 (HRPブックレットシリーズ)
(2012/03/09)
不明

商品詳細を見る

しっかりわかる!幕末・維新(別冊ザ・リバティ)しっかりわかる!幕末・維新(別冊ザ・リバティ)
(2011/12/02)
不明

商品詳細を見る

ざっくりわかる!三国志 超入門(別冊ザ・リバティ)ざっくりわかる!三国志 超入門(別冊ザ・リバティ)
(2011/11/21)
不明

商品詳細を見る

偉人たちの告白偉人たちの告白
(2011/11/17)
HSエディターズ・グループ

商品詳細を見る

伝道師―仏教、キリスト教はいかにして世界宗教になったか伝道師―仏教、キリスト教はいかにして世界宗教になったか
(2011/11/17)
HSエディターズ・グループ

商品詳細を見る

これが真実(ホント)の放射能の話―「風評」にまどわされないで! (HRPブックレットシリーズ)これが真実(ホント)の放射能の話―「風評」にまどわされないで! (HRPブックレットシリーズ)
(2011/11/10)
放射能問題研究会

商品詳細を見る

別冊ザ・リバティ 2011年 10月号 [雑誌]別冊ザ・リバティ 2011年 10月号 [雑誌]
(2011/09/06)
不明

商品詳細を見る

日本経済再建宣言―幸福実現党の「新・所得倍増計画」でGDP世界一を目指せ!日本経済再建宣言―幸福実現党の「新・所得倍増計画」でGDP世界一を目指せ!
(2011/07/11)
ついき 秀学、中野 雄太 他

商品詳細を見る

狙われたシリウス狙われたシリウス
(2011/06)
山田 典宗

商品詳細を見る

元気出せ!ニッポン〈第1集〉日本を復興させる12人元気出せ!ニッポン〈第1集〉日本を復興させる12人
(2011/05)
「元気出せ!ニッポン」制作部

商品詳細を見る

P0244.jpgあなたの願いがかなうハッピー開運BOOK (Odein Mook 88)
(2011/05/25)
不明

商品詳細を見る

マンガ本当にあった宇宙人のヒミツマンガ本当にあった宇宙人のヒミツ
(2011/04/21)
不明

商品詳細を見る

あなたにも起きる奇跡のヒミツ (Odein Mook 83)あなたにも起きる奇跡のヒミツ (Odein Mook 83)
(2011/03/24)
不明

商品詳細を見る

マンガ30分でわかるあの世のヒミツ (Odein Mook 84)マンガ30分でわかるあの世のヒミツ (Odein Mook 84)
(2011/03/02)
不明

商品詳細を見る

高貴なる義務を果たせ―幸福の科学学園の未来創造教育高貴なる義務を果たせ―幸福の科学学園の未来創造教育
(2011/03/01)
幸福の科学学園

商品詳細を見る

ニュー・フロンティア戦略―「宇宙」と「海洋」を拓けば日本は甦るニュー・フロンティア戦略―「宇宙」と「海洋」を拓けば日本は甦る
(2011/01)
杉山 徹宗

商品詳細を見る

ワールドゲイナートレーディングカードゲームワールドゲイナートレーディングカードゲーム
(2010/12)
不明

商品詳細を見る

日本人だけが知らない宇宙人とUFOの秘密 (Odein Mook 82)日本人だけが知らない宇宙人とUFOの秘密 (Odein Mook 82)
(2010/12/02)
不明

商品詳細を見る

史上最強の都市国家ニッポン 逆・日本列島改造論史上最強の都市国家ニッポン 逆・日本列島改造論
(2010/12/01)
増田 悦佐、三橋 貴明 他

商品詳細を見る

未来はこうなる!―日本発ビッグプロジェクト未来はこうなる!―日本発ビッグプロジェクト
(2010/11/10)
山本 俊政

商品詳細を見る

がんの幸せな受け入れ方がんの幸せな受け入れ方
(2010/09/03)
朝日 俊彦

商品詳細を見る

クリエイティブパワークリエイティブパワー
(2010/06/07)
ドクター 中松

商品詳細を見る

国難に備えよ―日本の安全保障を問う!国難に備えよ―日本の安全保障を問う!
(2010/05/27)
矢内 筆勝饗庭 直道

商品詳細を見る

政治のしくみ超・入門政治のしくみ超・入門
(2010/04)
幸福実現党日本の未来について本気で考える

商品詳細を見る

君がそばにいても僕は君が恋しい君がそばにいても僕は君が恋しい
(2006/10)
リュ シファ

商品詳細を見る

スナフキンの午睡スナフキンの午睡
(2009/12)
麦生 郁

商品詳細を見る

フレンドリー・スノー―心に舞い降りた雪の物語フレンドリー・スノー―心に舞い降りた雪の物語
(2008/11/27)
M・スコット・ペック

商品詳細を見る

ちいさな木ちいさな木
(2006/10/28)
Towaシミズ ヒロ

商品詳細を見る

LINK(リンク) ―きずなLINK(リンク) ―きずな
(2006/11/17)
平田 芳久

商品詳細を見る

ボディ・ジャックボディ・ジャック
(2006/05)
光岡 史朗

商品詳細を見る

時のエリュシオン時のエリュシオン
(1997/03)
景山 民夫

商品詳細を見る

最善主義が道を拓く最善主義が道を拓く
(2009/11/18)
タル・ヘ゛ン・シャハー

商品詳細を見る

HAPPIER―幸福も成功も手にするシークレット・メソッド ハーバード大学人気No.1講義HAPPIER―幸福も成功も手にするシークレット・メソッド ハーバード大学人気No.1講義
(2007/12)
Tal Ben‐Shahar、

商品詳細を見る

いじめ栄えて国亡ぶ―教育再生の鍵はゼロトレランスにありいじめ栄えて国亡ぶ―教育再生の鍵はゼロトレランスにあり
(2009/12/08)
加藤 十八

商品詳細を見る

エマソンの「偉人伝」―天才たちの感化力で、人生が輝く。 (教養の大陸BOOKS)エマソンの「偉人伝」―天才たちの感化力で、人生が輝く。 (教養の大陸BOOKS)
(2009/10)
R.W.エマソン

商品詳細を見る

代表的日本人―日本の品格を高めた人たち (教養の大陸BOOKS)代表的日本人―日本の品格を高めた人たち (教養の大陸BOOKS)
(2009/10)
内村 鑑三

商品詳細を見る

自助論 西国立志編 上―努力は必ず報われる (教養の大陸BOOKS)自助論 西国立志編 上―努力は必ず報われる (教養の大陸BOOKS)
(2009/10/05)
サミュエル・スマイルズ/中村 正直

商品詳細を見る

自助論 西国立志編 下―努力は必ず報われる (教養の大陸BOOKS)自助論 西国立志編 下―努力は必ず報われる (教養の大陸BOOKS)
(2009/10/05)
サミュエル・スマイルズ/中村 正直

商品詳細を見る

学問のすすめ 他一篇―真の独立人になるために (教養の大陸BOOKS)学問のすすめ 他一篇―真の独立人になるために (教養の大陸BOOKS)
(2009/10)
福沢 諭吉

商品詳細を見る

「ありがとう」と言えてよかった。―介護と看取りの心を見つめて「ありがとう」と言えてよかった。―介護と看取りの心を見つめて
(2008/02)
荻田 千榮

商品詳細を見る

あなたがいてくれてよかった。―愛する人を看取るときあなたがいてくれてよかった。―愛する人を看取るとき
(2006/06)
荻田 千榮

商品詳細を見る

あなたの心を守りたい ―女性医師が現場でつかんだ心の危機管理術あなたの心を守りたい ―女性医師が現場でつかんだ心の危機管理術
(2006/10/28)
舘 有紀

商品詳細を見る

でも、生きていく。―「自殺」から立ち直った人たちでも、生きていく。―「自殺」から立ち直った人たち
(2006/05)
「ザリバティ」編集部

商品詳細を見る

未来を創るエジソン発想法未来を創るエジソン発想法
(2009/05/19)
浜田 和幸

商品詳細を見る

シークレットアドバイス-世界トップの企業家&CEOが明かした「私の働き方」シークレットアドバイス-世界トップの企業家&CEOが明かした「私の働き方」
(2008/09/03)
「フォーチュン」編集部

商品詳細を見る

伝説の再建人――倒産か再建か―瀕死の企業に挑むCEO のリーダーシップ伝説の再建人――倒産か再建か―瀕死の企業に挑むCEO のリーダーシップ
(2008/12/08)
スティーブ・ミラー

商品詳細を見る

荘子の心―自由に生きるヒント荘子の心―自由に生きるヒント
(2008/06/06)
于 丹

商品詳細を見る

ブログランキング

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2Blog Ranking

リンク

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご挨拶

※このブログは、2005年12月からhttp://choi-happy.jugem.jp/にて書いてきたものを、2009年4月初旬にこちらへ移植したものです。そのため、以前の記事は行間が広すぎるなど、見苦しい点もありますが、何とぞご了承ください。

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブックマーク

FC2カウンター

プロフィール

ちょいハピ

Author:ちょいハピ
【2010年12月30日更新】

久々にプロフィールを更新してみます。

ツイッターを始めてから、すっかり「自動まとめ記事」ばかりが中心になってしまいつつあるこのブログ。
それでも、本や映画の感想などをきちんと書きたい時などにはどうしても不可欠の、私にとって大切な場でもあります。

以下、簡単に自己紹介というか自らの特徴を述べてみます。

まず、人生最大の娯楽は「書店で本を眺める」ことと「映画館で映画を観る」こと。
また、連ドラフリークでもあります。

嵐ファン歴は、約6年半。
(つまり、こんなにブレイクする何年も前からファンだったのだ!ということをここで強調したいわけだったりして)

趣味は散歩、そして不審な挙動(汗)。

そのほか、語学も好きで、特に文字が大好き。
文字に対する愛情というか愛着というか偏愛?は、我ながらかなり強い。

とりあえずはこんな感じです。
ぼちぼちお付き合いいただけましたらたいへん幸いです。


【以下、旧バージョン(1)】

2008年12月18日現在、少し古くなっていたこのプロフィールを、久々に書き直してみます。

このブログを始めたのは、40歳になって間もないころでした。
人生80年時代とはいいつつ、40歳を過ぎると、いろいろな病気などで、けっこう突然な感じで亡くなる方も、少なくありません。
ですから、自分も40代に入った時、「これで少し落ち着けるかな」という安堵の気持ちと同時に、「いつ死んでも悔いのないようにしておこう」という覚悟みたいなものも持ちました。
そこで、「いつ死ぬか分からない中、たとえば今、急に死んだとして、何か自分に言い残したことはないだろうか?」と考えた時に、それを自分なりに探りながら書いてみたい、という思いが湧き、そんな動機から、このブログを始めてみたのです。

最初の記事の日付が2005年12月5日ですから、いつの間にか、もう3年も経っています。
相変わらず、大した内容は書けていないし、この3年でそんなに成長したという実感も、あまりないというのが正直なところ。
しかし、これはこれなりに、何らか意味のあるものでありたいし、そのために、何を書いていくべきなのか、日々、模索し続けています。
不惑を越えながらも、いまだ発展途上──。
このブログには、たぶんそんな私の等身大の姿が、浮き彫りにされているのかもしれません(と、ひとまず言い方だけはかっこよくキメてみましたが、その浮き彫りにされた等身大の姿が全然かっこよくないところが悲喜こもごも)。

ブログタイトルは、文字通り、「小さなことの中に喜びを見いだしていこう。与えられていないものに対して不満を抱くことよりも、与えられているものに対して感謝を抱いて生きていこう」といった意味合いが込められています。
実際に、そういった内容になっているかは何とも言いかねますが、少なくとも当初の志としては、書いている自分も、読んでくれた人も、少しだけ、よりハッピーになれたらいいな、という願いが根本にあります。

これからも、引き続きご愛読いただき、「ちょっぴりハッピー」な気持ちになっていただけたら幸いです。


【以下、旧バージョン(2)】
人生80年と言われる時代ですが、私も、一応80歳を目標にしています。
42歳の今、残り半分を切り、これからの後半生を、一日一日、大切に生きたいと願っています。
人生において、いちばん大切なことは何なのか。
その実現のために、今、そしてこれから、何をしなくてはならないのか。
それを模索しながら、少しずつでもいいから前進し続けたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。